スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリークス

「フリークス」を観た。  ※ネタバレ有り
5e5b0cac0.jpg

オルガ・バクラノヴァ演じる邪心のある空中ブランコ乗りの女性が、財産を目当てにサーカスの見世物である小人と結婚する。だがそれが、同じように「変わった」姿をしたサーカスの仲間たちに知られ、復讐される。

「映画史上、最もショッキングな作品」として長年封印されてきたといういわくつきカルト映画。アメリカではショックで劇場を逃げ出すものが続出し、観たショックで流産したという馬鹿女が製作元を訴えたというエピソードまである。イギリスでは実に30年間にわたって上映禁止になっていたというから、そのタブーっぷりは半端じゃありません。ちなみに監督であるトッド・ブラウニングはこの映画が元で映画界を追放されました(笑)


→続きを読む

9songs ナイン・ソングス

「9songs ナイン・ソングス」を観た。
img10612015204.jpg

雪に閉ざされた南極の地で、マット(キーラン・オブライエン)はロンドンで出会ったアメリカ人学生のリサ(マーゴット・スティリー)のことを想っていた。ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブのライブで出会った2人は恋に落ち、何度も身体を重ね合わせていた。

ちょっとモザイク消し機買いに行って来る。

と鑑賞中に思わず一時停止して出かけたくなる映画。




この先はアダルティーな内容を含みます。
貴方は18歳以上ですか?


NO→TOPへ戻る
YES→続きを読む


→続きを読む

マーダー・ライド・ショー

「マーダー・ライド・ショー」を観た。
movie_mrshow.jpg

ハロウィン前夜。全米各地のユニークな場所を取材するため旅を続けていた4人の若者が、とある田舎町へとやって来る。途中で美人のヒッチハイカーを拾うが、その後車は立ち往生してしまう。困った4人は、ヒッチハイカーの家に避難させてもらうのだったが…。

ロック界のホラーマニア、ロブ・ゾンビの監督作品。どうみてもロッキー・ホラー・ショーのパロディのようなジャケットからほとんどネタのB級ホラーかなと思いながらも、そこはB級ホラーと聞いては黙っていられない私。なんとなく良作の予感を感じたのでどんなものかと鑑賞してみた。

で、どうだったかというと・・・



→続きを読む

バンカー・パレス・ホテル

「バンカー・パレス・ホテル」を観た。
bunker.jpg

空から容赦なく降り注ぐ、白い核酸性雨。地上では革命の嵐。地下では秘密のシェルター「バンカー・パレス・ホテル」で、腐った政府高官たちが生きのびたいと必死だ。そこへ反乱軍の女スパイが潜入してきて…。

エンキ・ビラルの初監督作品であり、1989年の公開当時、フランスの観客動員記録を塗り替えた話題作です。おそらくフランスでは有名な作品だと思われるのですが、日本では当然のように廃盤ですからね。漫画では哲学的な要素も絡ませたなんちゃって奥深さがウリのSFコミックは今の日本でも人気がありますが、映画となるとそういうわけにはいかないようです。

まぁ廃盤と言えどDVDになってるのが救いかな、などと思いながら鑑賞してみた。



→続きを読む

エドワードII

「エドワードII」を観た。
edward2.jpg

イングランド王として新しく即位したエドワード二世は,ピアーズ・ガヴェストンに身分不相応の爵位を与えるなどの寵愛を注ぎ,享楽的な生活に耽っていた。妻を無視し王としての責任を果たそうとしないエドワードと,ガヴェストンの二人は次第に孤立していく。

14世紀初頭のイングランド王の悲劇を描いた有名な戯曲をデレク・ジャーマンが斬新な手法で映像化した作品。この王様ってのがゲイ疑惑があった人なんですね。ゲイと聞いて黙っていられないのがこのデレク・ジャーマンというお方。エイズで亡くなってもう10年以上たちますが、独自のアートセンスと独自のゲイっぷりを融合させた世界観が未だに多くの信奉者を集めている監督さんです。

ゲイゲイゲイゲイうるさく前面に押し出すのは好きじゃないので今まで避けてきた監督さんでしたが、たまたまDISCUSで目に留まったので思いつきでレンタル。どんなものかと鑑賞してみた。


→続きを読む

パッション

「パッション」を観たような観てないような・・・
passion.jpg

“光”と“音”を自在に操り、ユニークな映像美で魅せたゴダールの映画界復帰第2弾。主演にイザベル・ユペールを迎えて、スイスの小村を舞台にビデオ映画のクルーや女工たちの姿を魅力的に描く。

今までずっと避けてきた監督作品に、ついにチャレンジしてみた。

映画が好きという人間なら誰もが知ってる、観たこともないくせに名前だけは何故か知ってるあの超巨匠です。ジャン・ポール・ゴルチェでもジャン・ピエール・ポルナレフでもありません。

ジャン・リュック・ゴダールです。

やったるで~、とよくわからない気合と共に、鼻息を荒くして鑑賞開始。



→続きを読む

アレックス

「アレックス」を観た。
20060925000906.jpg

パーティ帰りに暴行を受けたアレックス。身も心もスタズタにされた彼女の復しゅうのために、恋人マルキュスは犯人を探し出そうと躍起になる…。

レンタル開始当初から気になってたんだが、ありえないくらいの胸ポチ写真のパッケージをレジに持っていくのが恥ずかしくて今の今までスルーしてた作品。こういう恥ずかしい作品でもクリック一つで人目に触れることなく借りれるのがオンラインレンタルの良いところである。

というわけでどんなものかと鑑賞。



→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

血を吸う宇宙

「血を吸う宇宙」を観た。
tiosuu.jpg

娘が誘拐されたと警察に駆け込む倉橋里美。だが刑事たちが待機しているところに帰ってきた夫の清彦は、この家に娘などいないと告げる。そこへ乱入してきた女霊媒師・間宮悦子は、使い魔である“首なし女子高生”を飛ばし、里美は一軒の家にたどり着く。

一部の人には傑作カルト映画「発狂する唇」の続編ということでレンタル。私個人としても発狂する唇はちょびっとだけ傑作のような気がしないでも無いです。あの作品にはとんでもないインパクトと馬鹿馬鹿しさがありました。

そんなわけで密かな期待を胸に秘めつつ鑑賞してみた。


→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

大脳分裂

「大脳分裂」を観た。
dainoubunretsu1.jpg

理性を司る左脳が完全に破壊され、直感力と想像力を司る右脳だけで生きる男は、まさに人間の凶悪性を象徴する存在となる。理性の抑制が無くなったことで、心の奥に潜んでいた妄想だけが自我となってしまう。

いつもお世話になっている39☆SMASHのマイコさん(ロマンチッカー★)が猛プッシュされるので、どんなロマンチックな作品なんだろうと期待に胸をときめかせながら鑑賞してみた。→ranking



【注意】この先はエログロ画像・エログロ表現を含みます。観る時は自己責任でお願いします。【注意】

→続きを読む

発狂する唇

「発狂する唇」を観た。
hakkyou.jpg

女子中学生の首が切り落とされる連続事件が発生。しかし容疑者の倉橋美智夫は行方をくらましていた。美智夫の無実を願う妹・里美は兄の捜索と真犯人探しを霊能者の間宮悦子に依頼する。

う~ん、カルト。

なんだこりゃ?

って言ってしまうくらい、誰がどう見てもカルト。

だが、それがいい。

→ranking

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。