スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ・エフェクト

予備知識も無しにジャケットだけで何となくレンタルした映画。

バタフライ・エフェクト
B000AM6R00.01.LZZZZZZZ.jpg

「君を救うため、僕は何度でも過去に戻る」
幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その瞬間も彼の記憶は空白だった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。

いやー良かった!久々のヒットです。
ここんとこ悲惨なほどハズレが続いてたので、こういう良い映画にあたるとすげーラッキーな気持ちになりますね。まぁ「地球で最後の男」のような、史上稀に見るクソ映画と誉れ高い作品にヒットしたことは、映画ファンとしてある種ラッキーでしたが。(ちなみにこの作品、amazonのカスタマーレビューでオール☆1つという快挙を成し遂げています)




「バタフライ・エフェクト」とは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生む理論だそうです。

「あぁ、あの時あのコに告っていれば今頃は・・ウホッ」
「あぁ、あの時となりの台にすわっていれば今頃は・・ウホッ」
「あぁ、あの時直前で消した5-15を買ってれば今頃は・・ウホッ」

なんて妄想は誰もがするものですが、この映画の主人公がそんな低俗なコトを考えるハズもなく、その能力を使って愛する幼馴染を救う為に何度も過去へ意識をとばします。そして、意識が現在にもどってきたら彼の周囲もその行為によって大幅に変化してるんですが、この変化の仕方が面白い。誰かの不幸を避ければ別の誰かが不幸になってたり、皆が幸せになるような行動をして戻ってくると、自分が不幸のどん底にいたり。
よく「人の一生の運の量は決まっている」なんて言うけど、これを見てると人間同士の幸せの総量も決まってるのかなぁ、なんて世界情勢に思いを馳せながら考えてみたりするわけです。

物語の前半はこの映画の基礎となる、主人公(アシュトン・カッチャー)の幼少期を描いてるんだけど、この前半部分ですげー惹きつけられた!要所要所で記憶が飛ぶシーンや不可解なシーンがはいったり、後半への布石が上手いこと散りばめられてて、それが鑑賞者の想像を掻き立てるんです。
20051202010844.jpg


後半は青年となったアシュトンが、悲しい現在を修正するために過去へ戻って・・・っていう流れなんだけど、この一連の「修正した結果こうなった」ってストーリーが5パターン怒涛の勢いで流れます。
02bata.jpg


ラストの5パターン目は、公開当時のキャッチコピーである「最も切なハッピーエンド」につながっていくんだけど、もうお兄さん胸がキリキリと痛みましたよ。
オアシスの曲がその切なさに一層の拍車をかけます。
なんだろう、落ちつくべきとこに落ち着いた、ってカンジのエンディングなんだけど、もうね、胸がキリキリと・・・・タバコの吸いすぎかしら。
m050329a.jpg

しんみりしながら鑑賞終ry・・・













まだだ!まだおわっちゃいねぇ!!

ここでDVDならではの特典が!
「もう一つのエンディング」がこのDVDにも収録されてるんです!(正確には2パターン収録されてます)

なんともやりきれない、キリキリと胸の痛む正規のエンディングとは一転!

ハッピーエンディングバージョンが!!

イヤッホー( ゚∀゚)
なんでしょう、このスッキリ感は。ハッピーバージョンは、この映画のストーリーからは絶対やっちゃいけないと思われる、シリアスな映画がいきなりハッピーヤッピーハリウッド映画になって脚本台無しwwという禁じ手的な(実際はそこまで能天気じゃないけどw)エンディングなんだけど、これを見て一気に楽になれました。

観客はこういう結末を望んでる!というエンディングが、控えめかつ、痒いところに手が届く的な、なんだかスッキリ!(・∀・)な演出で収録されてます。

本編だけでも十分良質な作品なんだけど、個人的には邪道かもしれないけど、「もう一つのエンディング」を見てから、合わせ技1本!ふ~スッキリ( ´ー`)y-~~って感想でした。


「バタフライ・エフェクト」
★★★★★☆


これはおすすめ。


クリックしてもらえると嬉しい→Brogランキング


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

ばおたん、映画見まくりですね!
借りてくるコツってやっぱあらすじやらを読んでその場で決めるの?
それともめぼしいものあらかじめ決めておくとか(・ω・)?

普段コメディばっかやってる人が
急にシリアス演技するとグッと来るね

アシュトンカコイイ

TBありがとうございました★
鈴もこの映画はお気に入りです!
ハッピーエンドでスッキリですか?(笑)確かにハリウッド的ですがやっぱり監督の言う通りありえない話になってしまいますよね。やっぱり映画かぁみたいな・・。

でもエンディング切なすぎましたね。

>さお氏
9割はその場だねー。
最近は映画雑誌とかも買わなくなったので、メジャー作品以外の知識がないのよ。

「ジャケ買い」的なノリ?なので悲惨なほどにハズレが続くことも・・w

>ぐー
アシュトンカコイイね。デミムーアの旦那だっけ。
てか、この人のコメディを見たこと無いので先入観みたいなのは無かったなぁ。

>鈴さん
切なすぎる通常のエンディングを見て、胸をキリキリさせた直後にあのハッピーエンドバージョンを見ると、なんか癒されたカンジがしてw
まぁあのエンディングをメインにもってきたら主人公がやってきたことが全部ブチこわしになってしまいますからね。

それにしても良い映画でしたヽ( *´ー`*)丿

baohさん こんばんは
この映画 面白いですよね~
アマゾンのレビュー見て (゚Д゚)ハァ?
って感じでしたけど、映画感想って人それぞれなんですね。
僕的には,2パターン目が勿体無かったと殺さずにいれば一番
ハッピーだったのに浅いですかね(笑)
ちょっと前に戻って3連単しこたま買いたいです。

>hiroさん
良かったですよね!これはかなりのヒットでした。エンディングが切なすぎて・・・ありえないけど、個人的にはラストのハッピーエンディングバージョンで救われた気持ちになりました(笑)

あ、リンク先のamazonは「地球で最後の男」というスーパークソ映画のカスタマーレビューですよw

baohさん こんばんは
すいません 勘違いしてました。
アマゾンで何故にあそこまで叩かれてるのか
不思議でした。それにしても「地球で最後の男」
ってよっぽどの糞なんですね(笑)
僕の最近の糞は,「10億分の1の男」です。

>hiroさん
いえいえ。
この作品はあそこまで叩かれる作品じゃないですね~。紹介の仕方がちょっとわかりにくかったですね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「バタフライ・エフェクト」

 バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション「バタフライ・エフェクト」 ★★★★The Butterfly Effect(2004年アメリカ)監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー

『バタフライ・エフェクト』

『バタフライ・エフェクト』 ★★★☆(2004年 アメリカ 114分)監督:エリック・ブレス、J/マッキー・グラバーキャスト:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィ

バタフライ・エフェクト/アシュトン・カッチャー

バタフライ・エフェクトは、今まであまり感じたことのないドキドキ感を味わえる映画でした。過去の瞬間を変えることができる主人公エヴァンは、現在の自分の不幸や愛すべき人の不幸を変えるため、過去を操作するが、なかなか思い通りに行かず次々と不幸が降りかかります。主

『バタフライ・エフェクト』

259.バタフライ・エフェクト製作年度 2004年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 114分 監督 エリック・ブレス 製作総指揮 ケイル・ボイター 原作 - 脚本 エリック・ブレス 音楽 マイケル・サビー 出演 アシュトン・カッチャー お勧め度幼...

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクトとは、「ある場所で料が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」 初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、というカオス理論を詩的に表現したもので、有名学者の講演のタイトルに由来する。 このように書くと難しいそうだ...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。