スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーワールド ビギンズ

「アンダーワールド ビギンズ」を観た。
uwbg1.jpg
今より1000年以上の昔。長老ビクターらが率いるヴァンパイア族は狼男族から生まれた新たな種族・ライカンを奴隷とし、厳しく支配していた。そんな中ライカンの始祖であるルシアンはビクターの娘・ソーニャと禁断の恋に落ちる。

あ、あれ、ケイト・ベッキンセールのおされで華麗なアクションは・・?


漆黒のレザースーツに身を包んだケイトが狼男たちを相手に繰り広げる華麗なアクションだと思ってたんですけど全然違いました。いや、まぁアクションはアクションなんですけど活躍するのはケイトじゃなくてもっさい男ばかりじゃないですか。これは残念すぎる。半裸のゴツくて汚らしい野郎どもが暴れるだけって、なんだかこのシリーズの魅力が半減しちゃってるような気がします。モードなかっちょいい衣装を纏った美しいヴァンパイアと野蛮な狼男が、ゴシック調な雰囲気を醸し出す背景をバックに戦う映像こそがこのシリーズの最大の魅力だと思ってたんですけどね。

もっさ!
underworld-rise-of-the-lycans-20090107065629342_640w.jpg
90分の上映時間の中で、ケイトが剣をもって戦うシーンなんてほとんどありません。それも別に強くもなんともないから、前2作のような彼女の活躍に期待して鑑賞したひとはガッカリすること受け合いです。1作目と2作目のケイトはヴァンパイアとライカンのハーフということだったので異常に強いだけで、実際のヴァンパイア(今作のケイト、1,2作目のケイトの母親という設定)はあんまり強くないという設定なんでしょうか。ライカンにポコポコ殺されてたのでそうなのかもしれません。そのライカンも一撃でヴァンパイアをブっとばしたかと思うと手裏剣1発で死んだりと強いのか弱いのかよくわかりませんね。

画面暗すぎ!みえないみえにくい!
underworld-rise-of-the-lycans-20090501034914260_640w.jpg
他にもなんでルシアンは人間のまま戦って瀕死になってから変身するんだよとか、雑魚ヴァンパイアは太陽浴びて砂になったのにソーニャは黒コゲなんだねとか、黒コゲの中で胎児育って生まれたの?とかもうつっこみだしたらキリがないんですけど、そんなことはこの映画はどうだっていいんです。そんなことよりも何よりも、ゴシックな世界を舞台に美しい女ヴァンパイアの八面六臂の活躍が観たい、それがあったからこその前2作のヒットだったと思うんですが、それを無くしてしまってはシリーズの意味が無いと思うんです。ゴシックな雰囲気の中のゴツい男のどつきあいとか別に観たくないんですよね。シリーズのキャッチコピーだった「ゴシックサイバーアクション」を連想させるようなシーンが無くなってしまった残念な作品でした。


「アンダーワールド ビギンズ」
★★☆☆☆☆
記事が気に入りましたらクリックお願いします!
br_decobanner_20100209113847.gif


uwbg2.jpg

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【アンダーワールド ビ】

「アンダーワールド ビギンズ」を観た。今より1000年以上の昔。長老ビクターらが率いるヴァンパイア族は狼
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。