スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サスペリア・テルザ 最後の魔女

「サスペリア・テルザ 最後の魔女」を観た。
spt1.jpg
ローマの古代美術博物館で考古学の研究をするサラは、副館長のジゼルと共に、館長で恋人のマイケルの元に届いた遺品入れを開けてしまう。そこには邪悪な魔女“涙の母”を復活させる法衣が納められていた。呪縛を解かれた魔女はジゼルを惨殺し、ローマ中に呪いを放つ。

「もうダメだ!ダリオは終わった!」

などと何度も絶望を味わってきたダリオファン、しかし時が過ぎ、新作の情報が流れてくるたびに「それでも・・それでもダリオならきっと何とかしてくれる!」とか「諦めたらそこで試合終了ですよ」とかうわごとにようにつぶやきながら、最終的には「先生・・ダリオが観たいです・・・」などと言いながら麻薬中毒者のごとくダリオ作品に吸い寄せられていくダリオ患者たち。何を隠そう私もその一人です。そしてその淡い期待は大方の予想通り、木っ端微塵に打ち砕かれるのでした。まるで成長していない・・・


というわけで「サスペリア・テルザ」です。「サスペリア」「インフェルノ」に続く魔女三部作の完結編と銘打たれたこの作品、サスペリアを世紀の怪作、インフェルノを性器のチン作と位置づけるならば、この「サスペリア・テルザ」は世紀の駄作と言っていいのではないでしょうか。ファンのかすかな期待を完膚なきまでに叩き壊してくれたという意味で。
photo174259.jpg
この作品、サスペリアのような極彩色の狂ったセンスもなければ、インフェルノのホットドック屋の親父のとった行動のようなあり得なさ過ぎて爆笑してしまうような演出もありません。個人的に上記ニ作品は間違いなく映画史に残る怪作・珍作だと思うのですが、この三作目は箸にも棒にもかからないというか、特筆すべきポイントが何一つありませんでした。これは悲しい。

なにこれふざけてるの?
stp4.jpg
なんというか、ダリオさんが自分の過去作品を懐かしみながら焼きなおしたような、でも当時の鬼気迫る迫力は全く感じられず、おまけに目新しさもない、引退した往年のスポーツ選手が番組の企画で数十年ぶりに限定復帰してプレーする試合みたいな印象といえば伝わるでしょうか。随所にダリオらしさは感じさせてくれるのですが、明らかに劣化してるんですね。フェノミナの蛆虫プールの再現シーンとか、年老いたスポーツ選手が現役時の得意技を披露してるみたいで痛々しい。
spt5.jpg
娘のアーシアも最後の親孝行くらいの気持ちで出演したのではじゃないでしょうか。どう見ても駄作だけど「パパってやっぱりすごーい★」とかリップサービスしてダリオさんが「はははコイツめ。パパもまだまだやれるだろ?」などと言いながらニコニコしてるとこを想像したら何だか泣けてきました。「魔女三部作のラスト」という前提だったので、鑑賞前の期待値のハードルを高く設定しすぎたというのもあるかもしれません。これがサスペリアという冠のない、ただのダリオの新作、という扱いだったら「またまたダリオさんったら・・お遊びがすぎますぞ!」といつもどおりの感想で終わるところなんですけどね。


そんなダリオさんももう今年で70歳です。あのガイコツみたいな風貌をみてたらそろそろ危ないんじゃないかと心配してしまいますが、良く考えたら凶悪な顔は昔からでした。今作の自己オマージュみたいな雰囲気から「ひょっとして引退?」なんて思いが脳裏をよぎってしまいますが、まだまだ現役を続けていただきたい。「そろそろ本気だしてくれ!」とエールを送りたくなる残念映画でした。


「サスペリア・テルザ 最後の魔女」
★☆☆☆☆☆
記事が気に入りましたらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ


娘とデレデレしてないでもう一花咲かせてください。
stp3.jpg


【当ブログでのダリオ・アルジェント監督作品レビュー】
サスペリア
サスペリア2
サスペリア・テルザ 最後の魔女
シャドー
フェノミナ
スリープレス
デス・サイト
Do You Like Hitchcock?
愛しのジェニファー

スポンサーサイト

Comment

こんばんは!
ダリオファンのbaohさんでも★1つですか~
確かに完結編にしては、
ラストの締めが、凄い事になってました!
サスペリアのラストも崩れオチだったような?
ダリオ節なのかな。
フェノミナを観たいんですが、置いてないです。

baohさん

わー、☆1つ!酷い(笑)

>「もうダメだ!ダリオは終わった!」

そんな事言わないで~!!

これ一応、ファンの間では評判なかなかだったんだよー☆
連日狭い劇場は満席で。

>なにこれふざけてるの?

ふざけてたよね~(笑!)

わたしは普通に楽しめたけどネ。
ダリオらしさ満点で。
満席の劇場でファンたち皆で観るのと、
家でDVDで観るのとではぜんぜん雰囲気違うからなぁ~。
わたしも家で観てたらもう少し下がったかもだけど。

ほんと骸骨な風貌心配になってくるけど
三部作より新しい怖いの、生み出してほしいな~♪

>>hiroさん
★1つはものすごーく期待してたのでその反動です!サスペリア1が個人的にNo1ホラーなので、どうしても期待しちゃうんですよね。爆破炎上ラストはお約束ですね(笑)フェノミナ、オススメですよ!TSUTAYA DISCUSならありますよ~。月額会員にならなくても、登録だけすれば1本500円で借りれるのでマイナー映画さがすのに便利ですよ~。今まで会員登録したことないなら、1ヶ月無料でお試しもできますし。お試し期間前に解約すればタダ!

>migさん
連日満席ですか!公開劇場が少ないですしね~。大阪でも公開してたんですけど、ものすごいマイナー映画館1館のレイトのみでした(笑)

ダリオらしさは随所にありましたね。最近は推理モノばかりだったので、今回のような初期のオカルトチックな作風なのはよかったです。

★1つはダリオへの愛ゆえです!(笑)次は頼むよ!という願望も込めて。

baohさん、こんばんは~♪
ふふふ・・・私の気持ちを、分かってくれたかのようにこの作品で来ましたか!!!!
私ね、ばおたんのプロフ写真が変わって、思わずこの作品のこと、コメント欄に書こうかな、って思ったんですよ。
でもその後、考え直したの。
ばおたんは、これ素直にケナしちゃうだろうな、って(爆)
ま、それが正しい反応ではあるんですが、なんだかもういいや、って。
もういいや、って諦めきれる自分て、大人じゃん、って。
「大人になれよ」って良く言う言葉ですが、昔は私、「成長して世の理不尽さを受け入れろ」という意味だと思ってたんですね。
でも、違った。
こんな大人のなりかたがあるんだな、って。
そう思ったら、ボクさ・・・
大人になってやってもいいかなあ、って!!

>>とらねこさん
何だかよくわからないコメントありがとうございます(笑)

素直にけなしてしまいました!ダリオらしい要素はいっぱいあったんですけど、どれもダリオさんが自ら「らしさ」を狙って演出してるような、あざとさを感じてしまったんですよね~。「ほらほらダリオ節だよ?これを待ってたんでしょ?」って自分で言ってるかのような(笑)想定の範囲内だったんです。もっとこう、凡人には考え付かないようなあり得ないトンデモ演出を期待していたので。
ハードル上げ過ぎですね(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サスペリア・テルザ 最後の魔女 /LA TERZA MADRE MOTHER OF TEARS

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click イタリアン・ホラーの帝王、ダリオアルジェントが帰ってきた{/m_0005/} ダリオ・アルジェントが手掛けた『サスペリア』、『インフェルノ』に続く、“魔女”三

サスペリア・テルザ 最後の魔女(トークショーつき) ▲66

’07年、イタリア原題:La Terza Madre 監督・原作:ダリオ・アルジェント脚本:ダリオ・アルジェント、ジェイス・アンダーソン、アダム・ギーラッシュ製作総指揮:クラウディオ・アルジェント、キルク・ダミーコ、ジュリア・マルレッタプロデューサー:ダリオ・ア...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。