スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースタン・プロミス

「イースタン・プロミス」を観た。
3f0bfdc8.jpg
イギリス、ロンドンにある病院に身元不明のロシア人少女が運び込まれる。少女は子どもを身ごもっており、出産ののちに息を引き取ってしまった。手術に立ち会った助産師のアンナは少女が遺した日記を頼りに、彼女の身元を割り出そうと動き始める。手掛かりをたどるうち、アンナはロシアン・マフィアの運転手を務めるニコライと出会う。

ギャング映画ってあまり観ないジャンルです。普段ならまず手に取らない雰囲気の作品ですが、監督:デヴィッド・クローネンバーグ、出演:ナオミ・ワッツの名前に惹かれてレンタル。ナオミ・ワッツの出演作って良作多いんですよね。彼女の作品選びが微妙にツボだったり。あ、もう一人の主役、この作品で2008年のアカデミー主演男優賞にノミネートされたというヴィゴ・モーテンセンのことは全く知りませんでした。LOTRのアルゴラン役?で名声を得た俳優さんらしいです。


というわけでこの作品、ナオミ・ワッツ演じる助産婦が出産後すぐに死んでしまった少女の身元を探るために彼女の日記を盗むところから物語は動き出します。いきなりから「いやいや、いくらなんでも赤の他人の死体から日記ぬすまねーだろ」と思わずにいられない超強引なストーリー導入にビックリしますね。一応、過去の流産経験のトラウマからの行動と動機付けてはいますが、あまりにも無茶です。そして日記を開けば「私の名前は○○。ロシア出身よ」なんて書いてある。どこの世界に自分の日記で自己紹介書く奴がいるんだよと、冒頭からつっこみ2連発ですからね。これはハズレ引いたかな~と若干不安になりつつ鑑賞続行です。
f8935cad.jpg
しかし、ストーリーが佳境に入る頃には引き込まれました。その原因はなんといっても寡黙な男を演じるヴィゴ・モーテンセンの渋すぎる演技!カッコイイ男ってこういうのだろ、ていうイメージをそのまま絵にしたような渋さ。台詞は少なめなんですが、微妙な表情の変化や立居振舞、髪型はもちろんオールバック、全てが完璧、渋すぎます。ハードボイルドです。パートナー役のヴァンサン・カッセルがアル中で情緒不安定なダメ男をこれでもかと演じきっているので尚更彼の渋さが際立っていますね。
epm1.jpg
ロンドンのロシアンマフィアのハナシなんですが、劇中はバイオレンスというよりもミステリータッチで物語は進行します。しかしながら唯一のバイオレンスシーンがすごいんです。なんと全裸ですからね。この激渋男が鍛え上げられた肉体を生まれたままの姿で惜しげもなく披露してくれるから世の淑女の皆さんには是非オススメしたい。男からみても羨ましい肉体ですよ、上半身も下半身も。この作品、18禁だったんですが、その意味がこのシーンで理解できました。モザイクなしでナニを振り乱しながらの大乱闘ですからね。そういえばパートナー役のヴァンサン・カッセルもアレックスという作品でブラブラさせてましたけど、この作品では彼ではなくヴィゴ・モーテンセンです。とにかく迫力あるシーンです、色んな意味で。
epm3.jpg
というわけでこの作品、ストーリー自体は特に目新しいものもなく、際立った演出があるわけでもなく、いたって普通の作品といった印象でした。イースタン・プロミスという言葉はマフィアの間では人身売買を表わす言葉らしく、そのへんの闇を描いた作品となっています。注射痕だらけの妊娠した少女が股から血を流しながら助けを求めてきたら、私なら彼女より先にショック死してしまいそうですが、人身売買や少女売春といったこの手のハナシは、映画の中だけでなく日本も含め世界中であることですからね。そういう意味では身近な問題といえるかもしれません。


「イースタン・プロミス」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ


eastern-promises-04.jpg

スポンサーサイト

Comment

うわっ!
辛口ですね~
全裸での、素手VSナイフ、
熱かったように思えますけど、
まぁ見えなくても良かったかなと(笑)
デヴィッド・クローネンバーグ監督では
同じくヴィゴ主演の
ヒストリー・オブ・バイオレンスと同じくらい
個人的に普通に観やすいです!

baohさん、TB、コメントありがとうございました。
ヴィゴ・モーテンセンがホント渋いですよねぇ。
お話何があるってわけでもなく普通でしたね。
やはり・・・すっぽんぽんでの大乱闘が目玉ですかね(笑)

>>hiroさん
辛口ですか?一応★3つなのでそれなりに楽しめましたよ~。あのバトルは確かに熱かったですね。実は私、クローネンバーグの作品って、ザ・フライしか観たことありませんでした!

>>yukarinさん
こんばんは。
劇中はフツーでした(笑)やっぱりヴィゴの渋い演技が見所なんですかね~。大乱闘は静かな作品のいいスパイスになってました(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イースタン・プロミス

【EASTERN PROMISES】R-182008/06/14公開製作国:イギリス/カナダ/アメリカ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック

イースタン・プロミス

なかなかの良作でした。脚本そこそこ、役者のハマリ度二重丸。これはクローネンバーグ作だったんだね。「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の次作だったようで、ヴィゴとのコンビも同じですね。
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。