スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーターズ

「マーターズ」を観た。
マーターズ
1970年初頭のフランス。少女リュシーが、傷だらけの衰弱しきった姿で路上を彷徨っているところを発見される。何者かの手で廃墟に監禁され、長時間拷問と虐待を受けた彼女は激しいショック状態にあり、自力で脱出したこと以外は一切、事件の詳細を語ろうとしない。リュシーに性虐待の痕跡はなく、犯人の正体も動機も不明。一体、誰が?なぜ惨い仕打ちを・・・

お、おれ、なんでこんな映画観てんだろ・・・・

と、鑑賞中は自分を問い詰めたくなってしまった作品。

これは久々の鬱映画。2年近く放置していたブログを思わず更新してしまったくらいの衝撃度だ。この鬱度合いは女子高生コンクリ事件や名古屋アベック事件の詳細をまとめサイトで熟読してしまった時くらいの後味の悪さといえば伝わるでしょうか。ここまでやっちゃったらもうホラー映画じゃないよこれ。
マーターズ3
この作品、首がスポーンって飛んで血がドバーってでるようなスプラッターでもなければ、人体解体ショーのようなグロ映画でもない。特に最近のホラー映画の流行といえばソウやホステルのような「どれだけ残虐に殺人シーンを演出するか」がウリのような傾向になってきているのですが、この映画はちょっと違う。まず、拉致、これ。次に拷問、ここまではよくあるハナシ。普通のホラーならここでいたぶりつつ殺すのですが、この映画では殺さないんですね。殴る蹴るの拷問のあとにはちゃんとメシも食わせるし、体も洗ってくれる。起床→拷問→昼食→拷問→夕食→拷問→風呂→就寝、みたいな規則正しい拷問ライフが繰り広げられるわけです。これは辛い。
マーターズ1
何故殺さないといえば「痛みを超えた先に新たな世界があるカモ」なんてわけのわからない宗教理論の検証だそうで、普通は「苦行の末に悟りを開く」ものですが、この犯人たちは「他人に苦行を無理強いして悟りを開くかどうか観察する」んですね。悟りを開いたら神として崇めるつもりなのか、はたまた狂信者の只の実験なのかよくわかりません。


それにしてもホラー映画もここまできたかという印象です。理不尽に監禁され延々と続く暴力、光明の欠片すら見えない展開はひたすら観客に絶望感を植え付けます。特殊技術の発展でスプラッター描写も限界に達した昨今、更なる恐怖を描くには「理不尽な暴力と徹底した絶望」これしかないのかもしれません。ファニーゲームの理不尽さとアレックスの暴力描写をミックスしたような、鑑賞後は最低な気分にさせてくれる作品でした。


「マーターズ」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ

マーターズ2

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Comment

こんばんは~

baohさん 
物凄くお久しぶりでした!
昨日、見たとき、この記事に気づきませんでしたよ。
復帰初戦に、マーターズは厳しいチョイスですね!
笑えんホラーですよね。テキサス・チェンソーなんかだと笑えるんですけど。
欲望のない拷問は、ファニーゲームに似てるかも
知れませんが、歳月をかけない分、やつらの方がマシにも
思えます。
久々に、途中で辞めようかと考えた映画でした!

また、宜しくお願いします。

>>horoさん
どうも~ご無沙汰してます。
この映画だからこそ、ブログに記録残したいと思って再開したというのもあるかも?

笑えないホラー、同感ですねー。理不尽な暴力ってのはほんとに精神的に参ります。じゃあ何で観てんだよ、ってハナシですが(笑)

こちらこそまたお願いします!

baohさん的にはこれフツウ?!

わたしはこういう衝撃作は相変わらず好きヨ☆
ベスト10にも入れちゃったしまた観たいって
私はいったいどんな精神してるんでしょう。
らしいでしょう?
 笑

でもただのスプラッターとか化けもの映画ではないところが面白かった~☆
シャッフルは反対にダメでした~。

>>migさん
なななんと、ベスト10入りですか・・さすがです!(笑)かなりの衝撃でしたね~、久々のマジ鬱映画でした。

ずっとリュシーのハナシで引っ張るのかと思ったら、リュシーが死んでからが本番でしたね。本質はホラーというよりスリラーに近かった気がします。そういう目で観るとフツウかな?って感じたので★3つです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>**さん
あ、驚いたのは結構キワモノ的な鬱映画だったので、ベストにチョイスされてるのが意外だっただけでヘンな意味はありません!そういえば以前-lessもベスト入りさせてましたね(笑)

あと、他の方もベスト入りされてたし評価は高いみたいですね~。私の去年のベストは・・・本数観てない上にしょうもない映画ばかりみてたので、ベストはありません!っていうか、記録もとってないし何観たのかホトンド思い出せない・・・ドラゴンボールが酷すぎて笑ったくらいしか・・(笑)

どーもー!
どーも、どーもです
本当に復活してくれて嬉しいー!
もーね、ばおたんアナタ、FFやってたでしょ?そのまま失踪してしまったでしょ。で、また始めてたんでしょ、新しいやつ。
それ終わったのね。そして、ようやく復活でしょ!そういう筋書きなのはバレてまっせー!
とりあえず復活おめでとうございます。
今後も、何とぞ、よろしくお願いします。
また一緒にしゃべりましょうね~♪
ぐふふふふ、まだアーシアの顔なんですね。

これは私はかなり面白かったんだけど、確かにウツになるっちゃーなるかな。
でも、ここまですごいなら私は逆に評価しちゃいます。
migさんも私も評価高いのよ。

>>とらねこさん
どもども!お久しぶりです!
そしてとらねこさん、2年ぶりなのにいきなり私の空白の2年間の行動をズバリ言い当てるのはやめてください(笑)あなたはエスパーですか!

この作品、migさんもとらねこさんもベストに入れてましたね~。2年のブランク明けのなまった体にはヘビーすぎる一本でした(笑)こちらこそまた宜しくお願いします!

追伸:写真変えてみました。今度は親子で(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マーターズ / MARTYRS

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click いや~、何か知らないけどすごい強烈な映画だった{/m_0154/} 『フロンティア』『ハイテンション』『屋敷女』... 近年フレンチホラーの勢いが凄いなんて言われ

マーターズ ▲128

'07年、フランス・カナダ原題:Martyrs監督:パスカル・ロジエエグゼクティブプロデューサー:フレデリック・ドニギアン、マルセル・ジループロデューサー:リシャール・グランピエール、シモン・トロティエ撮影:ステファヌ・マルタン、ナタリー・モリアブコ=ビゾツキー...

「マーターズ」

もう、なんつったらいいのか…。すっげぇ~! ひっでぇ~!

マーターズ

MARTYRS 2007年:フランス・カナダ 監督:パスカル・ロジェ 出演:モルジャーナ・アラウィ、カトリーヌ・ベジャン、イザベル・シャス、エミリー・ミスクジャン、ミレーヌ・ジャンパノイ 1970年初頭のフランス。監禁・拷問・虐待で心身ともにボロボロにされた少女リ

【マーターズ】 最終解脱

[parts:eNozsDJkhAMmJmMjAyYjU3NGJgszSyPTNEsLSyc3Yz/DQuPEjEi1jBzbrMR4rwC1tGJbQzUmODA0AhIWROmBms/EhKYbZAAAsAMX6A==] ↑ かなりショッキング!ホラーに免疫のない人は閲覧注意!! 最近とっても威勢がいいフレンチホラー。その中でも昨年上映され特に話題となった一...

【映画】マーターズ

<マーターズ を観ました> 原題:Martyrs 製作:2007年フランス・カナダ合作 ←クリックしてね♪ランキング参加中 つい最近までツタヤには置いてなかったみたい…。 ずーっと探していたんだけど見当たらなくて(面倒なので店員さんには聞いていない)、やっと発
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。