スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレステージ

「プレステージ」を観た。
prs1.jpg

2人の天才マジシャン、アンジャーとボーデンはライバルとしてしのぎを削りあう2人だったが、ある舞台でのマジック中、アンジャーが水槽からの脱出に失敗し、ボーデンの目の前で溺死する。翌日、ボーデンは殺人の罪で逮捕され、死刑を宣告される。ボーデンはそこに恐るべきトリックの存在を感じる。これはアンジャーが仕掛けた史上最大のイリュージョンではないのか-。やがて明らかになる驚愕の真実とは?

オチを許せるか許せないかで大きく評価が変わってきそうな作品。

で、私はどうだったかというと・・・

許せねぇ


以下、超ネタバレ
この作品、最後の最後に脱力しちゃった人は多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。「マジシャン対決!」とブチあげつつ「130分全てを疑え」なんてキャッチコピーのこの作品、やっぱり観客としては最後に「や、やられた~( ´∀`)」という心地よいドンデン返しを期待してしまうのが人情ってもんでしょう。

この作品、確かに二人の天才マジシャンの騙しあいという部分以外にも、新たなマジックを生み出す苦労とか最先端の科学を駆使してマジックのネタにするとか、見所はたくさんあるんです。二人の天才がお互いを意識しまくって「あいつの新ネタはどーなってんだ!?」なんていいながら必死でタネを見つけようとするところなんて面白いですね。「わかったー!」と余裕綽々で見てたかとと思ったら、一方では「わからねー!」と頭を抱えてたりするところなんて笑えます。現実のマジシャンも実際そうなんだろうな、なんて思ってしまいますね。
prs2.jpg

でもそのへんの要素はあくまで物語に深みを持たせる為の演出の一環であって、やっぱりこの手の映画の一番の期待ポイントといえば「ドンデン返し」、これに尽きるでしょう。この映画に登場するマジックの中で最大の謎であり、一人の天才マジシャンを狂わせたネタ、「瞬間移動」。劇中で「どうなる?どうなる?」と散々観客の期待を膨らませておいて、最後の最後に


実はボクちん双子でした♪


って、おぉーーい!


これはヒドい、ヒドすぎる。それって夢オチと同じくらいやっちゃいけないオチじゃないんですか。そもそも赤ちゃんの双子じゃあるまいし、いい年こいたオッサンになってまで誰一人として見分けのつかない双子なんてありえねーだろ!と思わずにいられません。そもそも瞬間移動ネタするまで双子の片割れはどこにいたんだよ、なんてつっこみだすとキリがありませんね。

このオチはホントにもったいない。ニコラ・テスラまで出して超非現実的な物体複製装置まで使い出すのはアリだと思うんですよ。これが劇中に名前だけ登場したエジソンなら駄目なんですよね。奇才ニコラ・テスラだから許せるんです。しかしながらこれを許せても最後の双子オチだけは許せない。科学でもなくマジックでもない、観客をバカにしたオチとしか感じられません。このラスト1分で脱力感一杯なんですが、最後の3秒に複製されたもう一人が映りこむシーンはもう完全にアウトでしょう。やりすぎもいいとこです。
prs3.jpg

129分かけて作り上げてきたミステリがラスト1分で完全にブチ壊しですからね。もうここまできたら何でもアリ、ミステリでもマジックでもなんでもない、ただのメチャクチャ映画に成り下がってしまっています。秀作になりうる作品がラスト1分で全て台無しという、ある意味貴重な作品かもしれません。この感覚、どこかで感じたことあるな、と記憶の糸を手繰ってみると「宇宙戦争」で「宇宙人は地球の大気が合わなくて死んだ」という悲惨なラストを観たときに感じた感覚と似通ったものがあります。個人的には「絶対無し」のオチだったのですが、オチまでは面白いだけにそれを許せる心の広い方には秀作になりうる作品でしょう。


「プレステージ」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキング

prs4.jpg




スポンサーサイト

Comment

こんにちは~
この映画,映像など派手だしプリンセス天功なみに奇想天外な部分もあって面白いのですが,双子とかそっくりさんは,マジックじゃないから・・・

最後の水槽落ちは,オリジナルは死んでるって事ですよね~
それは,まずいでしょう

競馬,お互い頑張りましょう!
次は,3連単も視野にいれようかな~

>hiroさん
そうそう、劇中こそ見所も多くて楽しめたんですけど、双子オチがどうにも・・・水槽落ち、あの時点でもうオリジナルという概念は無くなってるんじゃないですかね?「次死ぬのはどっちかいつもドキドキしてる」みたいな台詞がありましたし。完全コピーなので「全員オリジナル」ってことで(笑)

競馬、爆死しましたv-12
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全ては,喝采の為に プレステージ 2008 003

プレステージReview 奇術師を目指し精進するアンジャーとボーデンの因縁の決着を巡って人生そのものとプライドを賭けての激しい攻防戦が熱いです!彼らの得意技のマジックと同じく,奇抜な手でどちらかが登り詰め

プレステージ / THE PRESTIGE

本格的なマジシャンが主演の映画ってありそうでなかったんじゃないかなー?世の映画ファンの間では海賊映画で盛り上がってる中、、、、試写で観てきました★『インソムニア』はわたしはダメダメだったけど、『メメント』『バットマンビギンズ』どちらも好きだったので楽しみ
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。