スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日どこかで

「ある日どこかで」を観た。
aruhi1.jpg

1972年。劇作家を志すミルフォード大学の学生リチャード(クリストファー・リーヴ)の処女作が初演され大成功をおさめた後のパーティで、彼は見知らぬ老婦人から声をかけられた。彼女はリチャードに美しい金時計を渡し「私のところへ戻って来て」と告げるとその場を去り、大学から近いグランド・ホテルに帰って行った。

今は亡きクリストファー・リーブ主演の1980年の作品。今まで知らなかった作品だったのですが、タイムトラベル恋愛モノの名作という噂を聞きつけてダッシュでレンタルしてみた。バタフライ・エフェクト、ジャケット、イルマーレ・・・私、この手のお話が大好物のようです。


(´;ω;`)ウッ…

せ、切ない・・・

このパッケージにこのタイトル、どことなく切ない系オーラが漂ってはいたのですが、やっぱり切なかった。タイムトラベル恋愛モノって最後は切ないモノですね。そういう意味ではイルマーレはご都合主義すぎだったのかもしれません。時空を超えた恋愛は映画といえどもそう簡単には成就しないものです。

映画によってタイムトラベルの方法は様々ですが、この作品では「強力な自己暗示」によって過去へ戻ります。昔の格好してベッドに寝転がり、「今は1912年、今は1912年・・・」って暗唱しながら目を閉じたらタイムスリップしちゃいましたーなんて、今の映画だったら「んなアホな」ってなもんですがこれは30年近く前の作品、そのあたりは華麗にスルーです。倉庫で見つけた絶世の美女の写真に惚れこんだからって、そんな方法で過去へ戻ろうという設定自体に相当な無理があっても、気付かないフリでストーリーへ入り込みましょう。
aruhi4.jpg

タイムトラベルものというだけあって、過去へ戻る前の意味ありげなシーンが伏線となって後からジワジワ効いてくるあたり、心憎い演出ですね。謎の老婆がクリストファー・リーブの前に現れて金時計を渡し、「帰ってきてね・・・」といってグランドホテルに戻って行くシーンなんて、映画の終盤あたりに差し掛かると頭の中でフラッシュバックしまくって涙腺を刺激してくれます。60年間も想い続けてきてやっとの再会だったのにたったの一言、そしてあの安らぎに満ちた表情、思い出しただけで目頭が熱く・・・
aruhi5.jpg

ただこの作品、見方によっては浅はかな男の暴走によって人生を狂わされた女の悲恋の物語という捉え方も出来るかもしれません。男にとってはたった数日の出来事でも、女のほうは実に60年に渡っての想いですからね。男との出会いの後、彼女の60年間の人生がほとんど語られなかったのは少々残念ではありましたが、あの安らぎに満ちた表情を思い出しながらのラストシーンはそんな細かい不満を全てを帳消しにしてくれるだけの心に染み入るものがあります。公開から30年近くたっても未だに根強いファンが世界中にいる、というのも頷ける作品でした。オススメです。



「ある日どこかで」
★★★★☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキング

aruhi3.jpg

こういう「気品のある美しさ」をもった女優さんって、今じゃ全然見かけないなぁ。こんな写真見つけたら私でもタイムスリップしたくなるかも。
aruhi6.jpg

スポンサーサイト

Comment

これはいいよ~~~

私も好きな映画。
タイムスリップものは無茶な設定はつきものなので
(そもそもありえへんし)
そこは全くスルーです。はい。
ジェーン・シーモアもきれーやけど
クリストファー・リーブの青い目も印象的。
そして、はち切れんばかりの胸板も(笑)

ジェーン・シーモアといえば
「ドクタークイン 大西部の女医物語」。
昔TVでやってて、よく見てた。

>yupuさん
>はち切れんばかりの胸板
どこみてんの(笑)やっぱそういうとこ目いくのかー。俺は「ジェーン・シーモア、キレイだけど胸は無いな・・・」って思いながら観てたよv-12

ドクタークインって知らないや。 微妙に時代を感じまs

>はち切れんばかりの胸板
私はけっこう筋肉フェチなんで(笑)
シュワちゃんみたいなのはダメですが。
ブラピくらいがちょうどいいです。
ブラピが好きなわけではなく、筋肉につきかたがいい。
「snatch」の賭けボクシングの時なんかサイコー!

ドクタークインはNHKでやってたTVシリーズ。
時代が、とか言うな~~!!
調べてみたら、1993~2000年まで放送されてたみたいよ。
今でも根強いファンがいるみたい。

>yupuさん
筋肉フェチなのか!まぁシュワちゃんはボディビルあがりだからね。ムキムキじゃなくてムッチリ系がお好みなようでv-218

あ、2000年までやってたの?なら最近か(7年前で最近って思う時点で俺も危ない)。てことはその時のジェーン・シーモアは立派なオバさまなのね(笑)・・・って、調べてみたら今でもキレイだね~。惚れ直しました。

ダンス番組に出てました

こんにちは Baohさん。

ジェーン・シーモアは ハリー・ベリーと並び ボンドガールになってなお成功した という珍しい女優さんなんだそうです。ボンドガールって勲章じゃないんですね・・・。

先日エンタテインメントトゥディなるゴシップ番組を見ていたら ジェーン・シーモアがダンス番組に出演!だそうで もう50歳過ぎてるのにまだまだキレイでした。見習わなくては・・・。

>プリシラさん
ボンドガールって、出演時は騒がれるけどその後あんまりですよね。昔は無名の女優さんばっかり使ってましたし。寅さんのマドンナ役とは違うようで。

50過ぎの女優を見習う・・・ますます年齢不詳なプリシラさん(笑)
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。