スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rain

「Rain」を観た。
vim1.jpg

チェーホフの短編を映画化した群像劇。廃墟のようなビルが建ち並ぶ漠々とした街となったクリーブランドで暮らす6組の人々の運命が、ある事件を切っ掛けに大きな転機を迎える。


おや?ヴィム・ヴェンダースの新作?こんな映画撮ってたっけ?ちょっと観てみるか・・・



この作品の正式タイトル
「ヴィム・ヴェンダースpresents Rain」



プレゼンツ、ぷれぜんつ・・・



わーい騙されたー\(^o^)/


プレゼンツって製作総指揮の事だったんですね。すっかり監督作品だと勘違いしちゃいました。ちなみに本当の監督さんはマイケル・メレディスという方で、ランド・オブ・プレンティの脚本を書いた人だそうです。これが初監督作品なんですって。あらすじ見てもロードムービーじゃなくて群像劇みたいだし、おかしいと思ったんだよな~。


って、こら!


ヴィム・ヴェンダースの名前をデカデカと出すのはいいけど、せめて監督の名前くらい彼の名前と併記せんかい!そりゃ無名だろうけど、パッケージの表から抹消するのは酷すぎ!もしかしたら横に並んでる虫眼鏡で見なきゃ見えないような文字の中に入ってるのかもしれませんけど、そんなもんあってないようなもんですからね。しかも英語だし。このタイトルとパッケージ作った人、そんなにマイケル・メレディスさんの名前を出すのがイヤだったんかい、と思わずにはいられませんね。魅力的なパッケージなんだから安易にヴェンダースの名前にたよらなくても、もっと売り方あったでしょうに。この安易さが何かムカつきます。何よりこの日本版パッケージを監督さんがみたら泣きますよ。「俺の名前がねぇ!」って。


そんな売られ方されてるこの作品、内容は地味ながらも劇中はなかなか見応えがあって・・・といいたいところですが、ほんとに地味で退屈でした。雨の日の3日間に起こった6組の人々の出来事を同時進行で描く群像劇なのですが、これがまたホームレス状態のダメ親父だったり素寒貧で家賃滞納中のタイル職人だったり、子供を取り上げられたヤク中女だったりと、どいつもこいつも特殊な状況下の人間ばかりなので感情移入なんてこれっぽっちも出来ません。唯一ちょっとだけ良かったのは超現実主義な妻を持つ、最近善行に目覚めた男のエピソードなのですが、これもそれほど良かったかと言われればそうでもない。
wim2.jpg

そんな微妙な人たちを淡々と描き続けるので劇中はかなり退屈なんですが、雨が上がって雲の切れ間から光が差し込むラストはジワっときますね。すったもんだの3日間を過ごした彼らも、一つ苦難を乗り越えてまた新しい日を迎える朝日のシーンはジンワリと心に染みるものがあります。

群象劇ですが全てのエピソードが収束するわけでもなく、最後まで独立したエピソードを混ぜたような作品です。それぞれのエピソードにテーマがあるような印象でしょうか。どことなくキェシロフスキの「デカローグ」に通じるものがあるような気がします。観終えた後にそう思ってみると「あれ、実は結構良かったかも?」なんて思いなおしてしまいそうになりますけど、劇中はどう考えても退屈だったのでやっぱりそこまではいかない、薄味の群像劇でした。



「Rain」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキング


スポンサーサイト

Comment

ピ?

\(^o^)/
わ~いわ~い
珍しくbaohタンが絵文字使ってる!

baohさん こんばんは!
この映画,最近観ましたが,レビュー書きにくいです。
起伏がない映画でしたし,感情移入とか共感できる人物は,僕もいなかったですね,運命の72時間と,ヴィム・ヴェンダースは有名だったよなって感じで借りたら,監督じゃなかったんですね(笑)
あのホームレスにチョコレートムースを,あげるあげないで喧嘩になった老夫婦が,君には優しさがないとかこぼしてましたが,それって
今更気付く問題なのかなと思ってしまいました。長年連れ添ったのかどうかは,定かではないですけど。消化不良の映画だったかな~

>とらねこさん
ピはどうやら無関係ですヽ(´ー`)ノ
コメントでは結構絵文字使ってるんですけどね~。記事中ではあんまり使ってませんでした。

>hiroさん
確かにあの夫婦、そんなこと今頃気付くなよってカンジでしたね(笑)そしてタイル職人の結末に笑いました。そういえばあの赤ちゃんはどうなったんだろう・・・全体的にちょっと薄めの印象でしたね。それにしてもヴェンダースの名前でかすぎ(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

72時間の雨(感想・レビュー)Rain(2007年126発目)

RainReview 72時間後に起きる運命の転機を,6つの哀しみのオムニバスで語ってますが、ジャケット写真から癒しのオーラを感じたので,哀しみの中にも暖かさを期待したのですが,どちらも特筆すべき点もなければ,共
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。