スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー・ウェディング

「フォー・ウェディング」を観た。
fwd1.jpg

32歳の青年チャールズは、独身貴族暮らしにもうんざりした様子だが、なかなかお相手を見つけることが出来ない。変わり者の友人達が続々と片づいていくのを、多少の焦りを感じつつ眺めていた。

パッケージだけ見るとまず手に取らない作品だが、お友達のyupuさんのオススメとあってどんなものかと鑑賞してみた。


劇中の台詞

「人の結婚式にでるばかりで僕は結婚できない


ドキッ

「君がだらしないのさ」


グサッ

「相手にめぐり合ってないのかも」


そうだと信じたいけど・・

「そんなことないさ。理想の女性には毎度会ってる。問題は僕さ」

はぁ~~~・・・・


今週また友達の結婚式です


映画自体は13年も前の作品なんですけど、個人的に超タイムリーな作品でした。

三十路前の今日この頃、結婚ラッシュ第ニ波の真っ最中です。第一波は大学卒業してちょっとした頃でしたが、30になる直前に皆さんしめし合わせたかのように結婚しまくりというからまいります。何なんでしょうこれは。あまりのビッグウェーブに私の財布まで押し流されてしまいそうになります。この1年で何と5人ですよ5人、内訳としては女3人男2人で、女の方は3人中2人が妊娠中というからオジサンびっくらこいてしまいました。

やっぱ30歳って節目なんですかね?三十路前の滑り込みなのかなんなのか知りませんけど、知り合いレベルの女友達までいれるとその数は一気に膨らみますからね。そういえばウチの姉貴も30前に結婚したっけ。姉貴なんてそれまで男とっかえひっかえしてたくせに、見計らったかのように30前に結婚しやがりましたからね。元ヤンのくせに社会人になってから付き合う男は全員高学歴というのが生々しかったです。ちなみに今の旦那は姉貴がヤンキーだったことを未だに知りません。ビーバップハイスクールみたいな連中とウ○コ座りしてた写真は全部封印したそうです。グレる姉の将来を案じて当時住んでた家を売り払い、今の家にわざわざ引っ越すという一大決心をした両親も一安心で、最近生まれた孫を溺愛してますからね。

私、現在そんな両親と同居してるんですが、事あるごとに

「あんた、結婚はまだ?」
「いや、相手おらんし・・」
「ほんまに?よく帰ってこーへん時あるやん。」
「友達と飲んだりしてそのまま泊まったりしてるだけやって」
「ふ~~~ん。別に隠さんでええのに・・・」

「隠してへんって!!!」

「そうなん?それなら別にいいねんけど(ニヤニヤ)」


なんて会話を繰り広げています。ホントにいないのにウソついてると思われるという、非常に困った事態になってますからね。何なんでしょうこのプレッシャーは。何を勘違いしてるのか、会話の節々に結婚の匂いを絡ませてくるから非常に居心地が悪い。最近姉に子供が生まれて両親の興味の対象がそれてるのが救いです。

それにしてもこの年になると、「次付き合う相手と結婚?」なんて考えがどうしてもよぎってしまうんですよね。そんなこと考えずに気軽にお付き合いすればいいんでしょうけど、どうしても考えてしまいます。そうなったら学生の時みたいに気軽に・・・って訳にはいかなくなるんですよね。でもそんなこと考えてたら何にもできない、わかってるけど頭がグルグルして結局決定的なアクションおこさず中途半端にフェードアウト、という最低な結末というから泣けてきます。はぁ情け無い。でも時の流れは年とともに異常に早くなってくるし、回りはポンポンポーンと3分クッキングのように次々と出来上がっちゃうから「ちょっ、オマエも?マジかー!」みたいになってしまうわけです。

別に焦ってるわけじゃないんですけど、このままじゃ絶対結婚できないよなーなんて思う自分がいます。結婚願望あんまり無いけど・・・でも外で仲睦まじそうな老夫婦なんか見ると羨ましいというか、「いいな、俺もこんな風になりたいな」なんて思うんですよね。逆に場外馬券売場でどうみても独身の、ハズレ馬券握り締めてブツブツ言ってる小汚い馬券オヤジを見ると「こうはなりたくない」とも思うんです。

う~~ん、自分の将来が不安だ。ブロークン・フラワーズのビル・マーレイのようになってしまうじゃなかろうか・・・・なんて思いつつ、今度の土曜日、また人の結婚式へ行ってきます。






また映画のこと何にも書いてなかった。



もういいや(・∀・)


「フォー・ウェディング」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキング

fwd3.jpg




スポンサーサイト

Comment

まさか息子がネットカフェで一夜を明かしていようとは・・夢にも・・

うぇっうぇっ


二次会ガンバレ

あははは☆おもしろいお母さんですね。
でも男の人は40過ぎてから若いお譲さんと結婚できる可能性もありますよ~♪
そうなったらきっとお友達に犯罪者扱いされると思いますがxxx(笑)

>ぐー
>ネカフェ
人をワーキングプアのネットカフェ難民みたいに言うなwそれは仕事で帰れなかった時やね。最近は大人らしく、ビジネスホテルを利用するようになりました(・∀・)

二次会・・・あの雰囲気、あんまり好きじゃないんだよな~。まぁ行くんだけどw

>ズズさん
40過ぎてから若いコと・・・実は私、年上好きなんですよね~(笑)姉さん女房が欲しいところなんですけど、その年で年上はそうとうに危険(笑)

えぇーーー

>映画の事なにも書いてない

まさかこのパターン、二連続でくるとは。
途中で読めたけど。。。

確かにこのジャケは、、、
私もヒュー様が出てなかったら手に取らないね。
勧めた本人としては感想が気になるんですが!!

>yupuさん
またこんな記事になってしもた・・・

映画の方は・・・ごめん、微妙!(笑)ヒュー様があのアメリカ女のどこに惹かれたのかサッパリわかんなかったし、ラストの結婚式ブチ壊しはヒドすぎ(笑)なにげにミスタービーンがでてたのがウけた。脇役が良かったけど、主役二人がイマイチだったかな。ちょっと時代を感じるストーリーだね。現代に観るにはちょっと厳しいかも(笑)

確かに。

なんでこの人が相手役??とは確かに思った。
(SEXと嘘とビデオテープの人やね。)

結末がどうだったか、、、実はもうじぇんじぇん覚えてない(笑)
でも「9ヶ月」とか「ブリジット~」とかの
ドタバタハリウッドコメディに比べれば
やっぱイギリスらしいというか。
アメリカ映画にない雰囲気があるというだけで
当時は好印象だったのかもしれへんなー

>yupuさん
ハリウッドのドタバタラブコメとは違うね。イギリスの映画ってちょっと古臭い雰囲気?みたいなのないかな。ヨーロッパだけど英語圏だしハリウッド映画に雰囲気は近いんだけど微妙に違うというか。国によって雰囲気かわるのって面白いよね。

ダイジョーブ!

知り合い殆ど男女を問わず 結婚してません。
それはそれで幸せそーです。
女性も30を過ぎると焦りが取れるせいか めんどくさい男と暮らすより 一人のほうがラクチンという気持ちになるようです。

ブロークン・フラワーズのように 年取ってわか~い女の子とつきあうって言う手もありますよ。
知ってる人は20歳のとき 47歳の男性とつきあっておりました。

ただ 20歳の彼女 「やっぱおとーさんに 結婚します!って 紹介できない男性はヤ」と 4年付き合った挙句 振ってしまいましたが・・・。

すいません 救いになってませんでした。

>プリシラさん
そ、それはダイジョーブ!なのでしょうか?(笑)

いや~若いうちはシングルでも楽しいと思うんですけど、やっぱり年取ったら孤独なんじゃないですかね?中年にさしかかったあたりから勝手気ままに暮らしてきたことを激しく後悔しそうな予感がします(笑)

それにしても47歳と20歳って・・・・下手すりゃ親子じゃないですか。そのお友達がよっぽど成熟してたのか、そのオジサンがよっぽど子供なのか(苦笑)

映画の感想がいつ来る?いつ来る?と思って
笑いながら読み進めて行ったら・・・とうとうなかった(爆)
私もあまりにも昔に観たのでちょっと忘れていて
TBしようとして自分の記事見て・・・それでもよく思い出せませんでした(;^◇^;)ゝ

うちは結婚が早かったので主人なんて30歳の時には小学校の入学式出てたし
結婚まだ?などと言われた試しもないんですけど年齢的に男も女も
そういう結婚時期のピークってありますよね。
それでね、結婚したらしたで、子供はまだ?とか世間はいちいちうるさいの。
でも結婚ってタイミングだから、今のままじゃできないだろうなって
思っていても半年後にはしていたってこともあり得るでしょ。
baohさんに幸あれ~~~

>ジュンさん
あ、チャット状態だ(笑)

すいません、映画見て思ったことかいてたら内容については全く触れてませんでした(笑)

>子供はまだ?
あ~それ、言いますね。それ言われると色んな事情があるでしょうし、女性はかなりイヤな気持ちになる可能性を多分にはらんでいるので、既婚女性と話す時は向こうから振ってくるまで絶対子供のハナシはしないようにしてます(笑)

結婚はタイミングですか。そのタイミングを見逃さないように注意深く生活します!v-218

お久しぶりです。

これ、私も友達に薦められているのですが、未だに見る気が起きません。

ところでbaohさんは30歳超えてないんですね。
親から色々言われることにげんなりする気持ち、すっごくわかります。
好きにさせてくれ、という感じです。

>もやしさん
お久しぶりです!
まだ30になってません!もう目前ですけど。もやしさんも近いのかな?親の気持ちもわかるし、安心させてあげたいって気持ちはあるんですけどね~・・・こればっかりは相手がいないことには(笑)

この映画、たぶんもやしさんはイマイチだと思います。私の勝手な想像ですが(笑)

私は来月で20代半ばです。
祝ってください。

というのは冗談で。
相手は重要です。

パンズラビリンスは私の好みでした。
スペイン内戦時代の話なのですが、
まぁbaohさんには意味の無い警告かもしれませんが、
拷問シーンがちょっと…という感じでした。
それでも私のお気に入りの作品の一つにはなりましたね。

>もやしさん
ちょっと早めのはっぴばーすでぃ♪(笑)

拷問シーン・・・並大抵の映像じゃ動じない自分が恥ずかしいです。観にいきたいところですけど、結局はDVD待ちになりそうな予感ですね。長いこと映画館行ってないなぁ。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フォー・ウェディング

【Four Weddings and A Funeral】1994年/イギリス 監督:マイク・ニューウェル  出演:ヒュー・グラント、アンディ・マクドウェル、クリスティン・スコット・トーマスヒュー・グラント...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。