スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11:14

「11:14」を観た。
11141.jpg

ジャックは深夜国道を車を運転中、突然車に衝撃を受ける。おそるおそる車を降り確認すると、そこには顔が潰れた男性の死体があった。急いでトランクへ死体を隠したものの、丁度通りかかった中年女性によって警察へ通報されてしまう。慌てて逃げるジャックだったが…。


ジュウイチジ14フン・・・


ってネタに瞬時に反応する人は重度の映画マニア。



パッケージからシリアスな時間軸交錯系スリラーかと思ってレンタル、いざ鑑賞してみるとコメディちっくな時間軸交錯系サスペンスでした。全体的にかる~いカンジですね。ちょっと捻ったティーンムービーって印象でしょうか。以前に観た「go」と同じ匂いを感じます。あれも時間軸交錯系で軽いノリのサスペンスでした。

でもこの作品、出演者が中途半端に豪華なんですよね。最近絶好調のヒラリー・スワンクをはじめとして、ここ数年行方不明だったパトリック・スウェイジ(←消えすぎ)、売れそうで売れないレイチェル・リー・クックなどなど。そんな出演者にこのパッケージ、内容を確認すると時間軸交錯系スリラーの匂い・・・これは隠れた秀作か!?なんて思うなというほうが無理がありますね。
11143.jpg

物語といえば、11:14を起点とした5つの事件が順番に進行して進みます。断片的に見せるのじゃなく、順番に見せてくれるからとってもわかり易い。これがアレハンドロ・ゴンザレス・イニ(略)あたりなら意味もなくとりあえず5つの事件をぶった切ってグチャグチャに並べ替えたがるんでしょうけど、この映画はそういうことはしませんのでIQに自信の無い私のような人間でも安心して観ることが出来ます。なかなかの親切設計ですね。
11144.jpg

というわけでとってもわかりやすくて有難いのはいいんですけど、もうワンパンチ足りないといった印象でしょうか。5つの事件が結局全部つながってましたーというだけで、それ以上のサプライズが無いんですよね。事件がつながってるなんてのは、順番に見せるというこの作品の構成上、2つ目以降のエピソードで誰でもわかるんだから最後にもう一捻り欲しかったところです。

この手の映画ってオチでどれだけ観客にカタルシスを与えることが出来るか、というのが最大のポイントだと思うんですけど、この映画ではそんなものは一切ありませんでしたからね。オチなんて皆無です。5つの事件のつながりを描ききってジ・エンド・・・あれ、オチは?ってカンジでしょうか。そこまで期待する私が間違ってるのかもしれませんが、なんだか物足りないモニョモニョ感が残されたままのエンドロールとなってしまいました。

というわけでパッケージから受ける大きな期待を満たすほどの満足感を得るには少々物足りない内容となっています。といっても決してつまらないわけではなく、期待せずに観たら思わぬ掘り出し物になるくらいのレベルにはある作品でしょう。個人的には同じようなノリの「go」の方が好みでした。



「11:14」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

はじめまして、セシルと言います。“ジョニーからの伝言”さんからオジャマしました。
私も、この映画観ました。最初、あらすじ見てワクワクして、実際観てもおもしろかったです。でも、けっこう前につくられて今レンタルなんて、きっとマニアックな映画だったのでしょうね。
確かに、出演者が密かに豪華!でも、ヒラリー・スワンクは、男役だったり、ボクシングしてるほうが合うのではないかと思ってしまいました。
『GO』という映画、観てみます、あと勝手にリンクさせていただきます。よろしく。

>セシルさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいました!
2003年の制作ですよね、キャストもそれなりだし、脚本も良く出来てるし、なんでこれが未公開なんでしょうね?DVDですらここまで遅れてるし・・・配給会社は何をやってるのでしょう(笑)

「go」はこの作品以上にカル~い内容なのであまり期待せずに鑑賞することをオススメします(笑)

リンクありがとうございました、今後ともよろしくお願いします!

2007年の記事だったのですね。
しかも2003年製作の映画だったのですか。
大沢有昌の新作小説ユーラシアホワイトは雑誌連載終了から10年経ってから書籍として発売されましたが、それを思い出し・・・いやいや関係ないですね(笑)

>>ふるさん
どもどもお久しぶりです。
そうです、2003年の映画の感想を2007年に書いて2010年にTBしました。映画は時空を超える!
DVDスルーの作品ですが意外な掘り足モノでしたね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『11:14』

夜11時14分に起こった出来事を別の人物から描いてゆくコメディ+サスペンス 車を走らせる男。携帯で誰かと話していると、上から何かが窓ガラスに落ちてくる。どうやら人間らしい。酒も飲んでいたしこのまま捕まってはいけないので遺体を隠そうとしていると、人の好いお...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。