スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない

「それでもボクはやってない」を観た。
soredemo2.jpg

フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった。 (シネマトゥデイ)

今日帰宅途中に、駅のホームでなにやら言い争いをしている男女がいた。サラリーマン風のオヤジ一人とガングロギャル2人、よく聞こえなかったが、もしかしたら痴漢だったのかもしれない。痴漢だったとしたら2人組だと気付かずに触ったのか・・・とにかく女のほうがやたら怒っている様子だった。まぁ男の心理からすればあんな有料のところで勤務してそうな女に痴漢なんてありえないんですけどね。痴漢なんてリスク犯すくらいならしかるべき対価払って店に行くわい、ってハナシです(失言)たぶん別のことで揉めてたんでしょう。




というわけでこの作品、満員電車で通勤・通学する男なら他人事じゃない内容となっています。「痴漢冤罪」、怖いですね~恐ろしいですね~。身に覚えがなくても女が「犯人はオマエだm9(゚Д゚)」って言ったら99.9%有罪、性犯罪者の烙印を押されて一生日陰モノとして生きていかなきゃならないんだよーというオハナシです。
soredemo4.jpg

その被害者女性が今日私が見かけたような「それ、隠れてるところより見えてるところのほうが多くね?」という露出狂ファッションに身を包んだ、アメリカの首都をニューヨークと素で答えそうなガングロギャルなら裁判官も「てゆーかちょっとくらい触られてもよくね?」なんて言ってくれるかもしれませんが(言わない)、相手が純粋そうな女子中学生だった時点で男の有罪は確定したようなモンです。

痴漢なんて「やってない」って証拠なんて無いんですよね。誰も周りの人の挙動なんて観て無いし、私も朝の満員電車は音楽聴きながら立ったまま爆睡してますもん。そんな中で「この人に痴漢されました」なんて言われたら人生ゲームセットです。いや、すぐに認めて金払えば釈放されるし周囲にもバレないんでしょうけど、それにしたって前科一犯と「性犯罪者」という烙印は一生残るわけです。アメリカなんかだと州によっては「実録・コイツが性犯罪者だ!!」なんてインターネットで個人情報(氏名・顔写真・住所まで!)を全世界に向けて発信されるくらいですからね。冤罪でここまでされたら自殺モンです。(例えばこんなカンジ→ジョージア州コロンビア群の性犯罪者さん達
soredemo3.jpg

「コイツが犯人」という大前提の元に審理は進むわけです。この映画の面白いところは、裁判の裏側ををわかり易く描いてくれているところ。裁判官は公務員、被告を逮捕・起訴して「有罪」としようとするのは警察・検察、つまり国家権力なんですね。そして被害者はただの一般ピーポーです。一般人を無罪にしてわざわざ一公務員が国家権力にドロを塗るなんてことはなかなか出来ないわけです。当たり前ですがよほど決定的な証拠がないことには裁判官は無罪とは言ってくれないんですね。証拠なくても純粋少女が泣きながら「この人が犯人ですぅ」と言ったら「有罪」にはなるんですが。
soredemo1.jpg

警察のずさんな捜査や裁判の裏側は実に興味深いのですが、まぁだからといって解決策など無いんですけどね。実際に痴漢や性犯罪を起こす人間が多いのは事実、司法側から言わせれば「99.9%は本当に有罪なんだよ!」ってなところかもしれません。残り0.1%を見分けることが出来るのか・・・難しいでしょう。

結局は我々男性は「疑わしき行為はしない」これしかありません。この問題に関しては女性の言い分がほぼ100%通るんです。満員電車に乗るときは出来るだけ女性と離れたところに乗るか、偶然にも密着してしまった時は「ラッキ~♪」なんて思いはグっとこらえて、手は下へ行かないように気をつけましょう。なんでそんなに気使わなきゃいけないんだと思ってしまいますが、現実がそうなので仕方ない。出来れば女性専用車両をもっと増やして女性はみんなそっちに乗ってもらいたいです。寂しいですけど。



「それでもボクはやってない」
★★★★☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

baohさん☆

うんうん、そうですね~。
ほんと紛らわしい挙動不審男がいると睨みつけちゃうもん、触るなよって(脅し?笑)
その前に男性側から手は当たらないようにしてますよね最近は。
この映画で、あの向きで乗っちゃったのはバカだなぁとも思うケド
あの女の子にすごくむかついちゃった(笑)
カセくんが可哀想、、、、ってそっちに感情移入しちゃいました~。
ほんと、分かりやすかったし、良く出来た映画です♪
baohさんも気をつけてね☆^^


>migさん
は~い、気をつけます!(笑)

これ、女性と男性とでは感じ方違うでしょうね。マジで怖かったですもん。毎日のことだし、こっちは気使って避けてるのにノーガードでやたら密着してくる女性とかたまにいるんですよ。こんなので「痴漢です!」なんていわれたらたまんねーって思ってます。まぁ正直言うとちょびっとだけ嬉しいんですけどねv-12
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでもボクはやってない

最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。ってこの頃感じてた。車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるしそういう痴漢行為の卑劣

それでもボクはやってない

ー電車の中では、結界を張るしかないねーby良守・『結界師』田辺イエロウ。センター試験の日は、いつも寒っ!ですが、電車が止まる程の雪じゃなくて良かったですね。お正月明け、やっと、観たい映画がずらり並びまし

「それでもボクはやってない」

法廷ものっていうのは、ただでさえ極上のエンタテインメントなのですが、いつ何時自分に降りかかってくるかもしれない話の上に、送り込まれる世界がとことん不条理であるということで、上映時間中片時も目を離さずに観続けました。不条理の極みは冒頭に集約されています。..

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション名作「Shallweダンス?」以来、11年ぶりに周防正行監督が選んだテーマは「裁判」。通勤電車で痴漢に間違えられた青年の裁判を描く。あなたの知らない”ニッポンの裁判”・・・その、おそるべき現実が明らかに!   ...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。