スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームガールズ

「ドリームガールズ」を観た。
dg1.jpg

1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディションなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティスという男が目を付けた。やがて、デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリーのバックコーラスを務めることに。そんな3人はカーティスをプロデューサーに、ドリームガールとしてデビューを飾る。次々にヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たすが…。

いまいちハマれなかった「シカゴ」の脚本家の監督作品ということであまり興味なかったのですが、話題作で音楽映画ということでとりあえずレンタル、鑑賞してみた。



エディ・マーフィ老けましたね・・・
dg4.jpg

彼の作品ってむか~し幾度と無くゴールデン洋画劇場で放映されてた「ビバリーヒルズコップ」しか観てないような気がします。なので私の中でエディ・マーフィといえばビバリーヒルズコップなんですよね。当時のまま彼のイメージが止まってたので、この作品で老けた彼を観たときはちょっとショックでした。

映画といえばそれなりに楽しめるけど人物描写がちょっと甘いかなぁ、とう印象ですね。というのもこの映画、エフィー(ジェニファー・ハドソン)ばっかりなんですよね。彼女のキャラ&エピソードが強烈すぎるのかなんなのか、ビヨンセすら霞んでます。おそらくビヨンセがメインの作品のはずなんですけど、完全に食っちゃってますね。3人組のハナシのはずなのに、もうひとりのメンバーなんてほとんど空気ですよ。名前すら思い出せません。エディ・マーフィの愛人のような役回りだったんですけど、全くといっていいほど印象に残りません。

「何か文句ある?」
dg5.jpg

脚本上、ジェニファー・ハドソンとビヨンセのエピソードは同じくらいの時間が割かれてたはずなんですけど、ジェニファー・ハドソンが何から何まで超濃い口なので他がどうにも薄味に感じてしまうんですね。ビヨンセが刺身だとすると三人目のメンバーは刺身のツマ、ジェニファー・ハドソンだけカツ丼ってカンジです。どう見ても目立ちすぎなんですね。ルックス、キャラクターは言わずもがな、その歌といったらもうとんでもなく濃いんです。カツ丼食ってたらステーキとうな重とハンバーグが同時にでてきたってくらい濃い。しかも彼女の歌シーンだけやたら長い&多い。迫力あるのはわかりますが、これほど立て続けに聞かされると胸焼けしちゃいます。

まるで歌のうまいジャイアン
dg3.jpg

というわけで彼女ばっかり目立ってしまった作品となってします。3人組なんだからもっとバランスよくエピソード組み立ててくれればもっと違った印象になったと思うんですけどね。エディ・マーフィは+アルファの要素として良いポジションだっただけに残念です。

ジェニファー・ハドソンとデキてたはずのカーテイスがいつのまにやらビヨンセとくっついてたり、後からでてきた彼との子供が後のエピソードにほとんど生かされてなかったりと、全体的に消化不良な部分も残りますね。ゴージャスな雰囲気と畳み掛けるような歌&ショーの勢いで最後まで無理矢理見せきられたという印象でしょうか。心に訴えかけてくるようなモノは何一つとしてありませんが、話題性とキャスト、ゴージャスな雰囲気を味わうエンタメ映画としてはそれなりに楽しめる作品でしょう。
dg2.jpg

それにしてもこのジェニファー・ハドソン、アメリカン・アイドルから出てきて初めて出演したこの映画でアカデミー助演女優賞というからすごいです。まさにアメリカン・ドリームですね。鼻水たらしながら歌うシーンは確かに鬼気迫るモノがありました。確かにすごい迫力ではありましたが、他の並居る女優を差し置いてオスカー獲るほどなの・・・?という疑問は拭えません。まだまだ新人、幅の広い演技ができるタイプでもなさそうだし、オスカーの看板は彼女にとってかなりの重荷になるのではないでしょうか、なんて心配までしたくなってしまいます。この受賞を含め、作品賞がリメイクの「ディパーテッド」だったりと、何だか最近のオスカーって微妙ですね。


「ドリームガールズ」
★★★☆☆☆


記事が気に入りましたらクリックお願いします!→ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

この映画って三人が中心の物語なのかなと思ってました。違うのかー。あんまり期待しないで見てみることにします(笑)
確かに最近のオスカーはね・・・。「ディパーテット」の受賞はマーティン・スコセッシにオスカーを取らせるためなんじゃ、とか思ってしまったし。作品を見てないのでなんとも言えませんが。
ところで月の土地ってステキですね。「プラテネス」を思い出しました。ぜひ買ってみてくださいww

すみません。上のコメントで名前を間違えました(汗)

baohさん★

あれー?これいまいち普通??
わたしはDVD欲しいなーっと思ってるくらいけっこう好き♪
サントラも最高~☆
歌のうまいジャイアン、頑張ってたね~(笑)
すごい声量でした!

>momoさん改めkuroさん(笑)

一応3人娘の物語ですよ~。ただ、そのバランスに問題があったような気がします・・・オスカーはまぁお祭りですしね。受賞=素晴らしい作品、という図式は成り立たないと思います。まぁ個人の好みもありますけどw

プラテナス、そういえば途中まで読んでとまってました。そのうち続き読んでみます。そして月の土地は・・・そのうちw

>migさん
すいません、普通でした(笑)でもこれ、劇場でみてたら感想かわりそうですね。スクリーン+大音響で見ると圧倒されるかもしれません。私は残念ながら家のショボいTVで観たのでだったので冷静な観方でした(笑)

歌は良かったんですけど、ストーリーに新鮮味が無かったのが物足りなかったです。そしてジェニファー・ハドソン、頑張りすぎです(笑)

本当本当~!

ジャイアン、味濃すぎでしたヨ~!でもカツ丼だってひゃはは♪
この作品は、ビヨンセの才能を、みんなが軽く見るので、もう許せませ~ん!v-359
本当、アっタマ来ちゃう!
ジャイ子め、きいい~っ!!

>とらねこさん
ビヨンセ霞んでましたね(笑)ってか、ジャイ子が濃すぎるんですよねhttp://blog15.fc2.com/image/icon/i/F9AC.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">三人娘の描き方のバランスがイマイチでした。ビヨンセファンには納得できなかったのかもしれませんね(笑)

勉強になります。

はじめまして。クラムと申します。

migさんの「インランドエンパイア」の記事からリンチ祭りを経由してここにたどりつきました。
リンチ祭りもそうですが、映画関連のブログでここまで爆笑したのは初めてです。
カツ丼、歌のうまいジャイアン・・・。他の批評で絶賛の嵐だったJ.ハドソンをここまで言い切れるなんて尊敬します。ぼくも似たような印象を持っていましたが、的確な言い回しを見つけられなかったし、正直触れる勇気がありませんでした。

これからちょくちょく寄らせていただこうと思いますので、よろしくお願いします。

>クラムさん
こんばんは、はじめまして。ようこそいらっしゃいました!華やかなmigさんのところからこんな辺鄙なトコロにまで来ていただいて恐縮です(笑)

この映画は・・・正直微妙でしたね~。劇場のスクリーンと大音響で見てれば感想も変わったのかもしれませんけど、いかんせん家の19型オンボロブラウン管で観たので・・・ものすごく冷静な目で観てしまいました。

皆さん高評価だったんですか?う~ん、やっぱり合う合わないってありますもんね。自分の感想文なので自分の感じたことを書いてればいいんじゃないでしょうか。あんまりメチャクチャ書いてるとたまに「ふざけんな!」って怒りのコメントも寄せられますけど(笑)

こちらこそ今後ともよろしくお願いします!

歌のうまいジャイアン、カツ丼...あはは。
私はカツ丼好きなんですが、他の2人とのバランスが大切ですよね。
これ、映画館で観ると迫力で、歌とダンスだけでも私は好きでした。

『ブルーベルベット』が好きなんで『インランド・エンパイア』観ようか、迷っていましたが、ここのレビューを読んで止めました(笑)
正直レビュー、ありがとうございました。

>あんさん
これ、劇場で見たら楽しめたでしょうね~。
私もカツ丼は大好きなんですけど、毎日カツ丼は辛いです・・・やっぱりバランスが大切ですよね(笑)

インランド・エンパイア、迷ってるなら是非ご覧になってください!私は★1コですけど・・・★1コの意味は「制作者でてこい」です。決して「つまらない」という意味じゃありませんよ!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドリームガールズ/DREAMGIRLS

2/25に発表になるアカデミー賞で、最多8部門でノミネート!予め、サントラ先に購入して映画観る前に聴いておくという"予習"をたまにやるんだけど、これは大正解{/good/}まずは音楽を楽しむってことが大前提!! ドリームガールズ サントラ{/fuki_osusume/}最初の

ドリームガールズ

栄光と挫折を凝縮させた出色のミュージカル♪

#50.ドリームガールズ

1962年、デトロイト。プロの歌手としてのデビューを目論む、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人から成る、女性歌手トリオ・ドリーメッツ。彼女たちに目をつけた、敏腕マネージャーのカーティス(

「ドリームガールズ」

ミュージカルは結構好きです。ただ、はじめは独特のすっ飛ばし感に付いていけず、「HEAVY HEAVY」という歌が出てきて「なんだ、この直接的な歌詞は」と思った時点で、ようやく「そういやこれミュージカルだっけ」と気付きました。一旦割り切れば、心理描写などディテール...

『ドリームガール』夢をかなえたその後は...

1962年のデトロイト。最初の公開新人オーディションの場面から、歌とパフォーマンスの洪水です。ぐーと引き込まれます!こうなれば、ただもう、何も考えずに音楽に身を浸せばいい...それで私は満足ってぇもんですが

ドリームガールズ

 『夢は永遠に生き続ける』 コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ アカデミー賞最多ノミネート(6部...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。