スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・レジェント・オブ・ルーシー・キーズ

「ザ・レジェント・オブ・ルーシー・キーズ」を観た。
lolk1.jpg

風力発電施設建設の為、ニューイングランドの片田舎へ引っ越してきたクーリー一家。町の人々と馴染もうと努力するも、父親のガイが発電施設の説明会を開催すると老婆キャズウェルから「マーサの森を荒らすと危険が訪れる」と不吉な予言をされる。さらに隣人のドッドからも常軌を逸したいやがらせを受けるように。

ジュリー・デルピーを観たいが為だけにレンタル。

「これは実話に基づく物語・・・」

冒頭にこんなテロップが出る時点で駄作臭がプンプンしたのですがとりあえず鑑賞してみた。



ジュリー・デルピー、なんでこんな映画でてんの・・・

と鑑賞後に思わずにいられない作品。「実話に基づく・・・」なんてのはエンドロールの時に入れてこそ効果的なのに、最初っから出しちゃうのはいただけませんね。「基づくってなんだよ基づくって、それってほとんど嘘だけどちょっとだけ実話入ってるから怖がってねって言ってるよーなもんだろ」なんて捻くれた見方をしてしまう私としてはいきなりから興ざめです。
lolk2.jpg

風力発電所の建設の為に田舎町に越してきたデルピー一家。夜な夜な聞こえてくる女の声と何かを隠している風な地元民たち、そんな中デルピーは250年前にこの土地であった少女失踪事件のことをつきとめ・・・なんていうストーリーがなんの捻りも無く展開されます。劇中はオカルトの匂いをさえつつ、実はミステリのようでもありサスペンスのようでもあり・・・とどんなサプライズが用意されているのかとそれなりに真剣にみていたのですが、モロに幽霊がでてきた瞬間に一気に冷めてしまいました。
lolk4.jpg

一応映画的にはサプライズ?なオチも用意されてはいるのですが、ミエミエすぎてかなりどーでもいい展開に「アッソ( ´_ゝ`)」というくらいの感想しかなく・・・結局は伝説を基にしたオカルトサスペンスのような作品なんでしょうけど、やることなすこと中途半端&ありきたり展開、おまけにオカルトはチープと、作品としての個性が全く無い実に味気ない作品になってしまっています。

なんでジュリー・デルピーがこの作品に出演したのかサッパリわかりません。彼女ってB級にもたまに出演してますけど(「ファングルフ 狼男アメリカンinパリ」は超B級だけどオモロイ」)どの作品も個性的で面白みのある作品を選ぶ女優さんだと思ってたんですけどね。金に困ってたんでしょうか。 寝て起きたらキレイサッパリ記憶から消え去りそうな作品でした。


「ザ・レジェント・オブ・ルーシー・キーズ」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ

lolk3.jpg

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。