スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクール・ミュージカル

「ハイ・スクールミュージカル」を観た。
hsmd.jpg

イースト高校バスケ部のキャプテンで学校の人気者のトロイと、数学界の天才で優等生のガブリエラ。二人は偶然にも大晦日に訪れた家族旅行先で出会う。

■2006年1月にアメリカで放送され、その後、計16回の放送で全米視聴者数約4260万人!(2006年1~11月)
■2006年末までに世界100か国で放映され、約1億40万人が見た超人気作品!
■単純明快なストーリーと心に残る歌と楽しいダンスで、全米で社会現象に!
■サウンドトラックは全米で370万枚、2006年売上げNo.1!世界でも650万枚を記録!ビルボードチャートで7週連続1位を獲得し、プラチナレコードとして認定される大ヒット!
■主役を務めるヴァネッサ・アン・ハジェンスはソロ・デビューし全米・日本でもで大ブレイク!アルバム「V」が大好評!
■2007年夏に米国ディズニー・チャンネルにて続編を放送予定、2008年には劇場公開作品も登場予定! (amazon.comより抜粋)



ものすごい宣伝文句です。なんてったって全米で社会現象・サントラの売り上げ枚数は年間NO1のプラチナレコードですからね。一体どれほどまでに面白いミュージカル映画なんだろうと超期待して観た。



ふっつぅ~

う~む、これは期待しすぎ云々以前の問題のようが気がします。めっちゃ普通やん・・・なんでこれが社会現象にまで?サントラがプラチナレコード?音楽なんて全然印象に残らなかったんですけど・・・

この映画、とにかくひたすら王道、いや、王道どころかもう恥ずかしいくらいに最初から最後まで売れ筋要素のみで構成されたような作品ですね。1曲全部サビみたいな映画です。ひねりもなければ個性もない、ベタなハリウッドエンタメ映画でもどこか一つくらいは力の入った見所があるし、その作品特有のセールスポイントのような個性があるものですが、この映画にはそれがありません。

主役の男はバスケのヒーローで女は数学の天才。元からスーパーな二人がちょっと歌ってみたら実はプロ並の歌唱力だったといういきなりの出だしから全く感情移入できません。でも歌は自分のイメージと違うから皆の前で歌うには殻を破らなきゃいけないなぁ、なんてどーでもいい悩みを軽~く描きつつストーリーは進みます。初めて歌うはずなのに、まるで自分の持ち歌のようにノリノリかつソラで歌うってどーゆーこっちゃってカンジですよ。
highschoolmusicaldd.jpg

思春期の子供達が主人公なのに、この年代特有の精神的な葛藤や成長なんかは軽~く浅~くしか描かれません。このへんをもうちょっと掘り下げて描いてくれれば随分違った印象になったと思うんですけどね。そして驚いたことにこの映画、「本来のバスケをとるか、歌をとるか」についての葛藤の結果が何と「両方とる」ですからね。そしてその両方で最高の結果を得てハッピーエンド☆って、なんじゃそりゃーってカンジですよ。二兎を追うものダブルゲットとでも言いたいのでしょうか。
hsmguysdd.jpg

どんだけお気楽展開やねんと思ってしまうのですが、これが全米で社会現象ですからね。わけがわかりません。単純明快を好むアメリカならではなのでしょうか。中学生くらいまでなら楽しめるのかもしれませんが、それ以上だと少々厳しい作品でしょう。ミュージカル部分のテンポもイマイチだし、そこだけに特化して楽しむにも無理がある。どの要素も中途半端で底も浅く、売れ筋要素だけで塗り固めたようなまるで量産型Jポップのような作品でした。


「ハイスクール・ミュージカル」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ


hsm1.jpg



スポンサーサイト

Comment

これスカパーで一時しつこいほど宣伝してたんだけど、
CM見る限り一種の古臭さ満開で???な感じだったんだよね
最近分かったんだけど、アメリカって日本みたいにジャリタレが音楽シーンのメインストリームにいなくてきっちり区別されてるから、これはあくまで子供向けとしてヒットしたんだろうと
ディズニーチャンネルだし
男子の髪型からして時代は80ずですか( ゚Д゚)

こんにちは★

私もこれ観ました。
お正月にどっかのチャンネルで放送されてたんですよね。

寝る前に睡眠薬代わりに・・・と思ってみてたんですけど、結局最後まで見ちゃいましたよ。

面白くないわけではないんですけど、あまりにもベタすぎというか(笑)

ってか、baohさんの許容範囲の広さに脱帽!!
こんな映画も観るんですねぇ。
(私もこっそり観てるんだけど・・・笑)

>ぐー
あー、言われてみれば確かに80ずな匂いが・・・設定は現代なんだけど、何から何まで古くさいベタさ加減だった。完全に子供向けだねぇ。社会現象でプラチナレコードなんていうから勘違いして借りちゃうおっさんお兄さんの身にもなってほしいよホント。

>マイコさん
TVでやってたんですかー。TV映画だしそりゃそうか。衛星放送あたりでやってそうですね。

許容範囲、メチャ広いっすよ!食わず嫌いはかなり克服しつつあります(笑)

baohさん☆

これ、マリエのCMよく見る~。
やっぱり普通ーなのね(笑)
キャストにも惹かれないからパスしようっと。

今日はバトンを持ってきました♪
ちょっと面倒というか、難しいかも。
でも楽しみにしてるのでお願いしまーす♪
いつでもいいので♪

ちなみにもうひとつまわってきてるのでそちらも
今月か来月にはいきますので!(笑)

この年代特有の精神的な葛藤や成長なんかはアメリカの高校生にはないんじゃないっすか?

と、ひねくれてみる。
何と言うか、配給会社の宣伝文句に見事引っかかっているのが微笑ましいです。
ディズニーの実写映画が嫌いな人の気持ちがわかりそうですね、これ。

>migさん
普通でした!って、★の数は普通以下なんですけどね(笑)向こうでは大ヒットみたいだし、とりあえず見ても損はないかも?

バトン了解です!覗きにいきまーす。

>もやしさん
思いっきりひっかかりました(笑)何か新しいサントラほしいな~って思ってたんですよ。そしたらこの宣伝文句が目に飛び込んできて・・・「これは!」ってカンジだったんですけどね。どんな曲かかってたのかサッパリ思い出せません(笑)

精神的な葛藤・・・ま、無いことは無いでしょうけどwでも向こうのティーンエイジャーって老けてるけど中身は子供っぽいイメージですよね。まぁ偏見ですが(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイスクール・ミュージカル

オススメ度 ★★★★☆(3・5)ちょっと前に、全米音楽チャート、ビルボードのランキングでハイスクール・ミュージカルなる少年少女が垂れ幕の前で笑顔で飛び跳ねているパッケージのサウンドトラックが高ランクに位置し、これは一体?という感じだったのですが、謎が解け
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。