スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥモロー・ワールド

「トゥモロー・ワールド」を観た。
tomrw1.jpg

西暦2027年、人類に子どもが誕生しなくなり、世界は荒れ果てていた。英国のエネルギー省官僚のセオはある武装集団に拉致されるが、リーダーは元妻のジュリアン。彼女は1万ポンドと引き換えに検問を通過できる通行証がほしいと言う。

「制作費120億かけたSF大作」なんてコピーに「インディペンデンスデイ」やら「アルマゲドン」なんかの期待感を持って劇場へ出かけた人はさぞかしガックリきたことでしょう。これ、こんな大金投じて作っちゃってよかったの?と鑑賞後は心配になってしまう映画だった。興行収入はどうだったんでしょうか。


というのもこの映画、かなりヘビーなんです。スカっと爽快感動娯楽大作では決してありませんね。見終わったあとは軽くブルーになる類の作品ではないでしょうか。

ストーリーといえば20年後の未来、子供が生まれなくなった世界は各地で紛争が勃発、イギリス以外の国家は崩壊し、無法状態になっているという設定のもとで展開されます。核戦争で人類滅亡ではなく、「子供が生まれなくて人類滅亡」というのはなんだか妙なリアリティがありますね。そういえば先進国の成人男性の精子が軒並み減少傾向にあるというニュースを観たことがあります。まぁこの映画ではあくまで「原因不明の不妊」ということになっているのですが。
childrenofmen1.jpg

この映画、とにかく細かい設定やら説明なんかがこれっぽっちもありません。観客はいきなり「子供がいない近い将来」という世界へ投げ込まれます。政府の対応・ゲリラは何故戦っているのか・ヒューマンプロジェクトとは、あらゆる要素に対して何の説明も無く全ては既成事実の如くストーリーは突き進むもんだから、最初は軽くとまどいますね。しかしその圧倒的な世界観と多用されるワンカットの超長回し映像のおかげか、不思議と細かい部分はあまり気にならずに物語りへ引き込まれます。
bfchildren22.jpg

全てはこの終末観溢れる混沌とした世界観と、その中でさまよう主人公達をワンカットで追い続けるカメラワークのなせる業でしょう。細かいことつっこみだしたらキリがない設定ですが、そんなことフっとぶくらいの圧倒的な迫力がこの映像にはあります。グレーの無機質なコンクリートの建物に青みがかった映像、どことなくエンキ・ビラルの世界観を感じさせますね(誰もしらんか・・・)。
children_of_men_trailer.jpg

その迫力の映像に有無を言わさず納得させられた印象ですが、捻くれものの私としてはやっぱり言いたい。キーがいきなりどこの馬の骨ともわからん主人公に「ここにいたら殺される!逃げよう!」といわれてアッサリついてくるのは無茶すぎるし、クライマックスの市街戦で都合良過ぎるタイミングでゲリラ達と遭遇するのも無茶すぎる。何より、「人類が妊娠しなくなった」なんて壮大な設定を見せ付けられた次の瞬間、ヒョッコリ「妊娠しちゃいますた!」なんて女がでてきたら説得力もクソもないような気がするんですが・・・どんな偶然やねん、と。

というわけで、相当無茶で強引な設定を重厚感溢れる映像でムリヤリ納得させられたような印象の作品でした。



「トゥモロー・ワールド」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

タハッ!(^^)v
見ましたね。私も120億円かかってるのは大半はあのゲリラとの戦闘のシーンだったんですねぇ。
あのワンカットは見事な演出だったですよね。

確かにいきなりポーンと投げられた感じですよね。
ただ予想外に良かったんで私は残念でした(笑)

baohさんが『バンカー・パレス・ホテル』のレビューを書いた時、胸騒ぎを感じたのですが、来ましたか!?(笑)エンキ・ビラル
この世界観は、嫌いじゃないはず。

この作品、お母様方には受けがいいようよ。
baoh氏の身にくれぐれもリアルで「妊娠しちゃいますた!」がないように(笑)
近未来はまだまだ先なのだから・・・・・(ぉぃぉぃ

baohさん☆

朝、時間なくってとりあえず先にTBしちゃった★
わたしもこの映画フツウだったなー、
なんだかラストのあの展開にもわざとらしさ感じちゃって、、、
悪くはなかったんだけど、という感じです。

>KAZUさん
ワンカットの長回しはすごかったです。最後の最後で誰かNG出したら悲惨だろうな・・・なんて。爆破シーンの後にズっこけりしたら最悪ですよね(爆)あと車の中でグルグルカメラが回るシーンもよくわからなかったです。セットの車で天井に穴あいてるのかな?外の風景は合成で・・・とかいろいろ想像して観てました(笑)

>tadonさん
まさかエンキ・ビラルに反応があるとは・・・さすがtadonさん(笑)エンキ・ビラルはかなり好きですよ!一番のお気に入りはティコ・ムーンです。でもこの映画の映像はバンカー・パレス・ホテルに近いですよね。

>リアルで「妊娠しちゃいますた!」がないように
そんなヘマしません!!(笑)「明るい家族計画」をモットーに・・・慎重派です(何の話だ)

>migさん
悪くは無いんだけど・・・ですね。同感です。世界観とカメラワークは良かったんですけど、いまいちストーリーに入り込めませんでした。

あんな世界なら赤ちゃん観た瞬間、もっと大騒ぎになりそうなもんですけどね(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トゥモロー・ワールド/Children of Men

"子供のいなくなった未来"を観てきました~{/kaminari/}ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。そこでは、イギリス以外の国はほぼ壊滅していて、、、、。凄まじい銃撃シーン。爆発シーンのリアルさには

トゥモロー・ワールド 07078

トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナムう~ん、、、...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。