スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホステル

「ホステル」を観た。
hostel1.jpg

アメリカ人大学生のジョッシュとパクストンは、バックパックを背負ってヨーロッパを旅していた。スロバキアのブラティスラバには男が求める快楽を満たしてくれる夢のようなホステルがあると聞いた彼らは、早速途中で仲間になったオリーとホステルのある町に向かうが……。

脳が鉛のように重い・・・


う~む、大抵のグロ映画は見慣れているつもりだったがこれは久々にキました。いや、何が辛いって顔を潰されるシーンがこんなにキツいとは思わなかった。顔面損壊って言葉にしただけでもおぞましくないですか?手を切られたり足切られたり、首がスポーンってとんで血がドバーってなったり、そういうのは今更なにも感じないんですけど(それもどうかと思うが)、顔に損傷を加えられるシーンだけはダメというのが今回初めてわかりました。それも女性(何故か日本人)ですからね。

「アレックス」でもモニカ・ベルッチのボコボコの顔を見てグッタリなりましたが、これはそれ以上です。女性が顔を傷つけられるシーンというのはかなりの精神的苦痛ですね。映画みてて目を背けたくなったのは久しぶりです。「蝋人形の館」でパリスが脳天串刺しになるシーンなんて何とも思わなかったのに・・・(ぉぃ)折角脱出したのに、自分の顔を見てしまったあの女性の末路なんてもうね・・・悪趣味というか何と言うか。ホラーでもこの描写は禁じ手にしていただきたいです。どんなスプラッタでも顔つぶすシーンというのは滅多にないのである意味既にタブーなのかもしれませんけど。


ストーリーといえばヨーロッパ周遊・性なる楽園ツアーでウホウホ言ってる馬鹿男たちの悲惨物語です。スロバキアに最高のウホウホスポットがあると聞きつけて意気揚々と乗り込むとあらビックリ、そこはウホウホどころか地獄の拷問スポットだったという特に目新しさのないお話です。
hostel2.jpg

最初の30分くらいは彼らのキャラ紹介を兼ねつつ、この世の天国が描かれています。はっきり言っておっぱいがいっぱいです。「ちょっとスパでも行かない?」なんて言われて行ってみると、そこにはスッポンポンの美女たちがいるもんだから男たちは大興奮ですよ。あんなスパ、一度でいいから行ってみたいです。それにしてもあんな状況でハダカの女性を直視しながら会話できるなんてスゴいですね。私だったらずっと前かがみの体勢を維持してないと大変なことになってしまいそうで、とても会話どころじゃありませんよ。「起立!」って言われても下半身トラブルでなかなか立てない男子中学生みたいになってしまいます。

そんなわけでスプラッタ映画ということなどスッカリ忘れて楽しく鑑賞していたのですが、中盤あたりから一転、拷問残虐映画になってしまうもんだからせっかくのいい気分がブチこわしです。なんだよと思いながら眺めているとあの顔面損壊シーンですからね。あれで前半のハッピーな気分が一気にドン底へ叩き落されました。もう気分悪いです。
Hostel-16.jpg

後半のかなりムチャクチャな脱出劇もよくわかりません。てっきり後一歩のところでとっつかまってバッドエンド・・・というのを想像してたんですけどね。逃げ出した主人公が拷問関係者を殺しまくるというトンデモ展開あたり、製作総指揮のタランティーノが好みそうな展開です。後半の展開にカルトな匂いを感じるB級スプラッタでした。


「ホステル」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

baohさん★
観たのですねー。
マンガチックな展開で意外とストーリーがあったのでわたし好みの映画でしたよ♪

ただのスプラッターとはちょっと違う感じが良かったナ。

この間ハネケの新作ひとつみたんだけど、
ふたつまとめてとかのレビューにするかも、、、
いまいちだったしなんか感想浮かばなくって、、、(笑)
ハネケのは退屈なのはほんと退屈なんですよねー☆
でも制覇しますよ♪ガンバル☆

評判悪かったですよ これ

残虐すぎる!って・・・。

しかし baohさんの 途中まで天国だったのに は 本当に残念!
残虐映画じゃなくって なんかもっと違うタイプにしてくれて 最後まで おっぱいいっぱい だったら よかったですよね~。
それなら 私も観たい!

>migさん
観ました!

ラストのムチャクチャっぷりがタラ好みってカンジですよね。脚本にはタッチしてないんでしょうけど、そのムチャクチャさに「フロム・ダスク・ティル・ドーン」に通じるものを感じましたw

ハネケ観られましたか。私はあぁいうわけわからん系のほうが感想書きやすいです。逆に書きにくいのはエンタメ作品かな。私もそのうち他のハネケ作品に着手します!

>プリシラさん
残虐すぎて公開時、嘔吐バックキャンペーンなるものをやってました(笑)途中で気分悪くなって退出したらキャッシュバックとか。

>なんかもっと違うタイプにしてくれて 最後まで おっぱいいっぱい
それは是非観たいところですが、アレなビデオになってしまいそうな予感・・・・!

流石っすね!

これも気になってたんで一気に見たくなりましたよ(笑)
おっぱい天国ってのも実にエロそうで…。

そこから地獄から更にまた地獄化って!
サスペンスならほほぅ!と思うけど、グロの二転三転だとまた二倍味わえるサービスってのが…興味深い(笑)

また借りて見るかなw

>KAZUさん
おっぱい天国・・・KAZUさん、最近本性だしてきましたね!(ニヤニヤ)

グロ度はかなり高めでしたよ。といってもエログロじゃなくて、エロとグロが完全にわかれてるというところがポイントです(笑)

こんばんは~♪

おおっ、baohさんのレビュは楽しかったです!
>中盤あたりから一転、拷問残虐映画になってしまうもんだからせっかくのいい気分がブチこわしです
このブチ壊し加減が、後から思い出すと最高なんですよね。
バカのエロ根性が、天国から地獄に落とされるってのはいいもんです♪
でもでも、これ確かに、なかなかよく出来たホラーでしたね。
最後、みんなを殺しまくるの際に、バッタリ遭遇するのは、ちょっと都合がいい感じはしちゃいましたけど。

見たい!
というか、俺には見る義務さえあるような・・・w

baohさん こんばんは~
天国と地獄みたいなストーリー展開なんですね~
自分は,無難にソウ3を選択したのですが,こっちも
前半が長すぎるなんて話は,良く聞きますがウハウハも
捨てがたいかと。。。後半の拷問関係者を殺しまくるのも
それはそれでホラー好きには楽しそうですね(笑)

>とらねこさん
こんばんは~。
最初、一体いつホラー映画になるんだろうと思ってしまうくらい三馬鹿トリオのエピソードが長いですよね。で、ホラーになったと思ったら・・・二人の末路は一瞬だし(笑)エロ→拷問→脱出復讐の3部構成みたいでしたね~。

タラの名前が無かったらほんと、マニアックなカルト映画になってそうな印象でしたw

>すしパーさん
すしパーさんはたぶん、いやかなりの高確率で気に入ると思いますよ!エログロよりもエロとグロ、わけて観たいタイプでしょ?(爆)

>hiroさん
グロかったですけど、たぶんhiroさんなら大丈夫と思います。結構ホラー好きですよね~。前半・中盤・後半で展開が全然違うのでかなりムチャクチャなんですけど、それが楽しめるひとには堪らないのかもしれません(笑)

見たんですけど、この中でチョイ役で三池崇史が出てなかったですか?後から思い出して、ゆっくりキャストを見ておくんだったと後悔しました。

>すしパーさん
観られましたか!

三池監督でてましたね。「有り金全部いかれるぞ」とか言ってた人ですね。ものすごい違和感ありましたけど(笑)

こんにちは★

グロかったですね!!
しかしながらグロ系作品を観すぎてたせいか、目が慣れてしまったようです(汗)
けっこう平気でした。

メンズの頭ん中はエロスのことばっかりなんですね!!

パート2はどんな作品に仕上がってるんでしょうね??
きっとDVDでしか観ないとは思うけど、今から楽しみです。

トラバさせてもらいました。

>マイコさん
こんばんは☆

そうそう、私もグロいのには耐性ついてるんですけど、顔面損壊シーンだけはかなりキツいです・・・「アレックス」でラストにオッサンの顔面を消火器で殴りまくるシーン覚えてます?あれでも相当頭が痛くなりましたもん。ましてやこれは女性、見るに耐えませんでした。

エロス「ばっかり」とは失礼な!でも異国の地にいくとエッチなスポットに興味がわくのは否定できませんv-12
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホステル/HOSTEL

わたしと同じ、タランティーノ好きの父がある時電話で言った。「今度 タランティーノの映画がくるだろう?」あ、やっぱり騙されてる。。。。タランティーノ☆プレゼンツ!とか鬼才タランンティーノが贈る!なんてデカデカと広告に使われてるからムリもないのか、、、な。クエ

115.ホステル

怖かった・・・ぶっちゃけ、ちょっと泣きそうになった。いや、上手くできてるな、とは思うんだけど・・・やっぱりちょっと怖すぎた。しかも、混んでて座れなくて、友達と見るには最前で見るしかなくて、最前で見てしまいましたよ・・・ううッ(泣)タランティーノが製作総指

見ました『HOSTEL』

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版ジェイ・ヘルナンデス (2007/03/16)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント この商品の詳細を見る雑記のーとver2の記事で紹介されてたんですが、レビューを読んだとた

映画「ホステル」

2007年初の劇場鑑賞です。「キャビン・フィーバー」のイーライ・ロス監督作品。淫らな欲望を満たそうとヨーロッパを旅する若者たちが、やがて想像を絶する恐怖に直面する。壮絶な残酷描写が話題でしたが、残酷描写はカットされたのか言うほどではありませんでした。前半と..

ホステル

『ホステル』あらすじ『刺激を求めバックパッカーをしながらヨーロッパを旅するアメリカ人大学生ジョッシュとパクストン。途中、旅先で意気投合したアイスランド人オリーも加わり、3人は各地の快楽街に入り浸る旅を続けていた。そんなとき、東欧の田舎町にあ...

ホステル

『ホステル』++ あらすじ ++『刺激を求めバックパッカーをしながらヨーロッパを旅するアメリカ人大学生ジョッシュとパクストン。途中、旅先で意気投合したアイスランド人オリーも加わり、3人は各地

ホステル Hostel

「ホステル」(Hostel)は2005年に制作されたアメリカ映画。イーライ・ロス監督作品のホラー映画。プロデューサーのうちの一人はクエンティン・タランティーノ。 アメリカからやってきた大学生のパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)とジョシュ(デレク・リチャードソン…
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。