スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショー・ミー・ラヴ

「ショー・ミー・ラヴ」を観た。
showmelove1.jpg

オシャレでかわいいエリンはデートの相手にも困らない人気者。だが変わりばえのしない田舎町の毎日と自分にうんざりしている。一方アグネスは周囲の人と合わせるのが苦手で学校ではダサくて浮いた存在。アグネスはそんな自分に自己嫌悪を感じ、そして実はひそかにエリンに憧れていた。

公開当時、本国スウェーデンでタイタニックの観客動員数を超えて大ヒットしたという触れ込みの作品。どんなものかと期待して観た。


まず、この作品がスウェーデンで、当時飛ぶ鳥を落とす勢いで世界各国でヒットしまくっていたタイタニックの観客動員数を抜いてヒットしたというのが驚きです。ハリウッド資本を注入されまくったエンタメ超大作とは全くの対極にある作品ですね。とっても地味、でも爽やか。もちろん低予算です。タイタニックの100分の1の予算も使ってないんじゃないかというくらい金かかってません。こういう作品が娯楽大作を抜いてヒットする、という国民性にちょっと憧れてしまいますね。日本だとひっそりと単館公開して一部の映画好きが「良かったよね」なんてネット上で語り合うくらいしか話題に登らないような「隠れた秀作」だと思います。

物語といえば思春期の女のコ同士の恋を描いた青春映画ですね。オシャレで人気者のエリンと地味でいじめられ気味のアグネス、二人の関係をベースに全く正反対の二人の思春期の悩みが描かれています。全てがつまらなくって一刻も早くこんな田舎町から脱出したいと日々鬱屈を募らせるエリン、一方エリンに想いを寄せながらも越してきた街で友達も出来ず、内に篭もり気味のアグネス、この二人の思春期の悩みや苛立ちの描写が実に秀逸で見応えがあります。劇中は大した事件もおこらず、起伏のない淡々とした日常が描かれているのですが全く退屈することなく見入ってしまいました。
showmeellin.jpg

showmeagnes.jpg

脇を固めるキャラクターの使い方も非常に上手い。アグネスのことを理解できない完璧(と思われる)人生を送っている母親と、娘に思いやりを見せるもどこか的外れな父親はアグネスの孤独感を一層強く感じさせてくれる。一方、なんとなく惰性で男と付き合っているエリンの姉や、その場しのぎで付き合った友達に流されるだけの中身の無い彼氏、そして意地悪なクラスメート、全ての登場人物が思春期特有の雰囲気を演出していて見応えがあります。「あ~こういうヤツいたいた」なんて思わず頷いてしまいそうになりますね。淡々としたストーリーの中の脇役達全てが、アグネスとエリンという思春期の二人から観た世界を表現しているんです。

というわけで、なかなかの青春映画の佳作ではないでしょうか。同じ女のコ同士の恋を描いた佳作「翼をください」の破滅的な恋愛ではなく、この作品は前向きなのも好印象ですね。主演二人の女のコもとってもチャーミングでいいかんじです。なかなかの胸キュン(?)映画ですよ。オススメです。


「ショー・ミー・ラヴ」
★★★★☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ


fucking_amal.jpg

「ショー・ミー・ラヴ」なんて言うからロビンの「Show me love」がテーマ曲なのかな?なんて思いながら見てたんですが、なかなか流れない。関係ないのか~と思って油断していると・・・やっぱり流れました、エンドロールで(笑)昨日ダンボールにぶっこんであるCDをひっかきまわしてたらこのCDが丁度でてきたんですよね。買ったことすら忘れてたし・・・すごい偶然だ。というわけで「今日の懐メロ」に登録しておこうw

Robyn 「Show Me Love」

スポンサーサイト

Comment

baohさん☆

胸キュン、ツボ♪

これみたなぁーと思いながら、どんな話か忘れちゃってたけどなかなか良かったような、、、、
baohさん記事で何となく思い出しましたー。
女の子があんまりかわいくなかったんだよね、、、、
(って男の子みたいな苦情言ってみる 笑)
Show me loveどんな曲だっけなぁ???

あれ、、、もう痴呆症、、、、??(泣)

>migさん
ちょっぴり胸キュンでした(笑)二人が惹かれあっていくトコとか特に!

女のこ、オシャレという設定のはずのエリンもなんかダサかったり、その辺はお国柄なのかな?なんて。それよりもアグネスの鼻から下がクリスチャン・スレーターみたいで、劇中はずっと彼の顔が頭に浮かんでしまいました(爆)

「show me love」、記事中に貼り付けので良かったら聴いてみてください。もう10年近く前の曲ですが・・・懐かしいでしょ(笑)

baohさん

ありがとうー、わたしのmacからみられないのー(シクシク)
YOUTUBEにはつながるけど画面でないの、
今年こそ、リニューアルしたらamc買うゾっと。

クリスチャンスレーター、、、(笑)
そういえば、『ボビー』にbaohさんごひいき?の
シャロン姐さんもでてるしクリスチャンも出てますよん。
あ、あのときのクリスチャンのサインどうしよう(笑)

>migさん
ありゃ、見れませんでしたか。最近YouTubeの動画貼ってるサイト増えてるから辛いですね(笑)

>ボビー
シャロン姐さんは贔屓ですけど、クリスチャンスレーターは全然贔屓じゃありませんから!(笑)サイン・・・12,3年くらい前なら価値あったかもw

baohさん。。。。

笑った~っっ。
スレイターいいじゃないっ!(笑)

あ、シャロンの氷の微笑2もうすぐレンタル、、、
ラジー賞の発表ももうすぐ♪シャロンとれますように。。。。!

>migさん
クリスチャン・スレイターって有名なわりに代表作が思い浮かばない・・・一時期人気あったんですけどね~。今となってはなんで人気だったのかもよくわかりませんけど(笑)

シャロン姐さんのラジー賞、主演女優賞は固いでしょう!作品賞はレディ・イン・ザ・ウォーターが優勢の予感ですね。
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。