スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアン・シューター

「エイリアン・シューター」を観た。
4527907261052.jpg

近未来を舞台に、全宇宙に生息するエイリアンとハンターたちの究極のデスバトルを描くSFアクション。残虐の限りを尽くし、何よりも血を好むエイリアンたちを退治するために集められたハンターたち。生き残りを懸けた彼らの戦いと運命を描く。

何故かこういう映画を定期的に観たくなる私。いつだったかDVDの新作案内で観てからずっと気になってたんですよね。しかし近所のツタヤには入荷していない。当然DISCUSにも無い。う~ん置いてないな~、なんて思いながら何気なくぽすれんで検索してみると・・・あった!何気にこのぽすれんはB~C級ホラーが充実してたりします。アルジェント作品もDISCUSよりも圧倒的に多いし。しかしながらどこかの物好きがずっとレンタルしていてなかなか観れなかったんですよね。発見から2ヶ月経過してようやくレンタルすることができました。

で、どうだったかというと・・・



う~ん、かなり微妙(笑)

まぁわかってて観てるんですけどね。それでも「もしかしたら隠れた秀作かも!?」なんて微かな期待を胸に抱いてしまうんですよ、リモコンの再生ボタンを押すまでは。

「宇宙人は全員ヴァンパイア」なんてSFの常識を覆す規格外の設定からスタートするこの物語、ある意味斬新です。でも見た目は地球人というのがミソです。彼らはみんな地球人の皮をかぶって変装してるんですね。何故そんなことをするのかサッパリわかりませんが、とにかくそういうことです。特殊メイクの予算が無いとかそんな無粋なつっこみはいいっこ無しです。「そういうこと」なんだから仕方が無い。一見するとスキンヘッドで皮ジャン羽織ってパンキッシュなカッコしてる普通の兄ちゃんなんですが、センサーで見れば中身はヴァンパイアということなのでそれで万事オッケーです。
Bloodsuckers1.jpg

さらに斬新なポイントといえば、主要メンバーの女兵士がアジア系というところも触れておかなければならないでしょう。台詞が棒読みなのが少々気になるところですが、この手のSF映画の主要メンバーにアジア系の人間がキャスティングされるというのも非常に珍しい。気になって調べてみると、彼女の名前は「レーン・アダチ」・・・アダチ?日系人か!これは快挙じゃないでしょうか。海外のSFアクション映画で日系人が準主役だなんて!!!しかしながらマニアックすぎて詳細は見つけることができませんでした・・・

そしてこの手の映画ではお約束のすぐに惨死する黒人マッチョが出てこないというのも新しいですね。カナダのTV映画なのでそのあたりもハリウッドとは一味違うのかもしれません。

そんな斬新なポイントの中でも最も新しいポイント、それは・・・

C級ホラーなのに誰も脱がないこと!!

いや、別に脱がないことが斬新なんじゃないんです。B級でもC級でもそういうシーンの無い映画はたくさんありますからね。しかしこの作品は一味違う。仲間の美しい女ヴァンパイアがお疲れ気味の艦長に擦り寄っていって「私が癒してア・ゲ・ル」なんて言うから「これはいよいよか!?」なんてドキドキしているとこの女ヴァンパイア、「ヴァンパイアは精神でセックスするの」なんて言い出すんです。そしてスっと手を艦長の頭にかざすと目を閉じた彼は突然「あぁすごい、すごいよ!最高だ!!」なんて叫び出すもんだから、こっちはわけがわからずオロオロしてしまうんですがどうやら艦長は自分の妄想の中でセックスしてるみたいです。当然その妄想の内容シーンなんて皆無ですからね。う~む、これは斬新です。何にも見せてくれませんでした。
Bloodsuckers3.jpg

というわけでなかなかの斬新SFアクションです。ストーリーには全く触れていないような気もしますが、別に触れなくてもいいでしょう。今までに無い斬新なSFアクション、それ以上言うことはありません。それで十分な作品ではないでしょうか。


「エイリアン・シューター」
★☆☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

忠誠、裏切り、クルーの衝突、そしてチームとして成熟してゆく過程が、予想に反してしっかりと描かれてましたよね?
神取忍風の隊員がいい感じだったりします。

ええ、あんまし面白くない作品であることは言うまでもないですが・・・。

こんにちは★

大爆笑なレビューでした(笑)
どこかの物好きが・・・って、baohさんもじゃん!!

こういう系の作品って個人的には全く興味ないんですけど、baohさんのレビューを読むと不思議と観てもいいかなぁと思っちゃうんですよね。

>。「そういうこと」なんだから仕方が無い。

笑いました

>C級ホラーなのに誰も脱がないこと!!

爆笑しました
もはやC級を飛び越えて、D級でしょうか?(笑)

>すしバーさん
「しっかりと」かどうかは微妙なところですが「予想に反して」は大いに同意したいと思います(笑)一応あのあたりの崩壊と再生の人間模様がストーリーの核なんですかね?殺った殺たれたのアクションスプラッタ一辺倒じゃなかったのも新鮮でした。

誰かに似てると思ったら・・・神取忍!似てる(笑)

>マイコさん
こんばんは★

>どこかの物好き
ドキッ
いやぁ、こういうの好んで観る人って意外と多いんですよね~。まぁ騙されて借りる人も少なくないと思いますけど・・・

観た後に何にも残らない潔さがいいんですよ。マイコさんもたまにはどうぞ!責任は持ちませんが(笑)

>ふるさん
「そういうこと」というのは魔法の言葉ですからね!変に理屈っぽく説明入れられるよりも潔くて素直に入り込めたりするんです(笑)

それにしてもお約束のサービスシーンかと思いきや、全部妄想で直接的な描写は一切無しというのも驚きでした。このやり方は新かったです。

この作品、ギリギリC級ってところでした(笑)

ほんまにこーゆーの好きやね(笑)

私は気になったら突っ込まずにはいられない性格なので
こーゆーのは忙しくてダメですな(笑)

>「ヴァンパイアは精神でセックスするの」
懐かしい。「バーバレラ」でも似たようなネタあったな。

baohさん こんにちは
そうですか。語らずとも製作者でてこいレベルですものね(笑)
1番下の写真を見ると女優は、可愛いんじゃないですか!
妄想は、いかがなものですけど。お色気で釣らないとこは、
見ものかも。昨日隠れた秀作を見つけました。baohさんの注目
の人が主演してます。暇なときでも見てください。では

>yupuさん
なんなんでしょうね、これ。やめられないとまらない何かがあるんです、この手の作品には(笑)90分くらいでサクっと見れて脳みそ一切使わなくて済む映画っていうか(笑)

「バーバレラ」見てないなァ・・・要チェックや!

>hiroさん
ヴァンパイアの女優さんはキレイでしたよ。女兵士は神取忍でしたけどw
そしてhiroさんのとこ、拝見しました。エディっすか!しかもB級、いやC級?ホラーwこれは見なければなりませんね。近日中に観ます!!観たらお邪魔しますね。
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。