スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

54 フィフティー★フォー

「54 フィフティー★フォー」を観た。
img21e69891go1kwg.jpg

1979年、ニューヨーク対岸のニュージャージーに住むシェーン。彼はガソリン・スタンドで働く単調な毎日に嫌気が差していた。彼はセレブレティたちが集まりスキャンダラスな話題を振りまくディスコ〈スタジオ54〉に憧れ、いつか自分もそこに仲間入りすることを夢見ていた。

1970年代後半~80年代にかけてニューヨークに実在したディスコ「STUDIO 54」を舞台にした青春映画。公開当時わざわざ劇場まで観にいった作品なんですが、突然もう一度観たくなってレンタルしてみた。



この作品と同時期に「ベルベット・ゴールドマイン」も公開されててどっちを観にいくか非常に悩んだ記憶があります。両方行きゃいージャン、なんて今にすれば思うんですが何故か当時は「どっちかにしなきゃ!」なんてよくわからない思い込みがあったんです。映画代くらいはもってたはずなんですけどね。

結局こちらを選んだわけですが何故選んだかというのも今でもハッキリ覚えていて、当時バイトしていたカラオケ店の先輩にウンチク語りたがりのなんちゃって音楽マニアがいたんです。こいつは聞いてもいないのに、新しく仕入れてきたウンチクをバイト中に延々しゃべりつづけるという超ウザ男でして、先に「ベルベット・ゴールドマイン」を観てきやがったんですね。観終わってバイトに来るなり「ベルベット・ゴールドマイン最高やったわ!これは観とかなあかんで!!!」なんて興奮気味に語り出したと思ったら、それにあわせてどこかから仕入れてきたグラムロックのウンチクまで得意気に披露しだすからその時の私のイラつき度もMAXですよ。「オマエ昨日まで「ミスチル最高!」ってゆーとったやろが!!なにがグラムロックやねん!!!」とつっこみたくてウズウズだったんですが、一応先輩ということでグっと堪えてたんです。

そんなことがあった後に「ベルベット~」を観にいこうもんなら、こいつは絶対に「俺のオススメよかったやろ?」なんて言ってくることは目に見えていたので結局「フィフティー・フォー」にしたんです。そんなわけで、あれからもう9年もたちますが未だに「ベルベット~」は観てませんからね。レンタル屋でこのパッケージを観るたびにその先輩の顔を思い出してイラっときてしまいます。


随分前置きが長くなってしまいましたがこの作品、ディスコを舞台にした映画なんですが「ダンスミュージックでノリノリイェイ♪(死語)」なんていう作品ではありません。当時のヒットチューンは当然流れるんですが、内容といえば一人の青年を通して描かれる「STUDIO54」の隆盛から没落までの物語です。この青年にライアン・フィリップ、STUDIO54のオーナーにマイク・マイヤーズ。このマイク・マイヤーズがいつもの寒いパフォーマンスを完全封印してシリアスな演技を見せてくれます。
3d3d8a1ace1fe.jpg

VIPの集まる華やかなSTUDIO54に憧れて田舎からでてきた青年の成り上がりがベースになっているのですが、そこで同じように働く若者達や店を切り盛りするオーナー、そしてそこに集まる客達、彼らの夢と現実、光と影が描かれています。まるでバブルのように異様な隆盛を誇り、そして消えていったSTUDIO54。その輝きに様々な夢や欲望を抱いて集まった人間達、彼らの人生の一部分が何とも味わい深い余韻を残す作品でした。


「54 フィフティー★フォー」
★★★★☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ


3d3d8a2ed273b.jpg

3d3d8a12396e4.jpg

3122293978.jpg

スポンサーサイト

Comment

これ見てないんよねー

私はそのウザイ先輩が勧めていた
「ヴェルヴェットゴールドマイン」を見ました(笑)

ジョナサン・リース=マイヤーズが男前だったってだけで
なんの印象も残ってないけど。

ライアン・フィリップもなかなかの男前。
この頃はギリシャ彫刻みたいっすね。
今では嫁さんの方が知名度上がっちゃったけど。

今度見てみることにします。

>yupuさん
ベルベットゴールドマイン・・・いつの日か俺も観る日がくるのでしょうか?もう9年間もいつか観ようと思いながらスルーしつづけてるし(笑)

ライアン・フィリップ男前だったよ。
>この頃はギリシャ彫刻みたいっすね。
まさにその台詞がでてきた。「顔は絵画、肉体は彫刻のようね」なんて台詞。ほんとカッコイイ。特に裸体が(爆)

俺もそのうちベルベット~見てみます!

ワタシ両方とも観てますw

でも 残念ながら 両方ともあんまり記憶に残っていません・・・ゴメンナサイ。記憶に残ってるのは ユアン・マクレガーの 脱ぎっぷりです!あんなに ヤンチャだった彼も 今では ジェダイ(涙)。年月がたつのって 早いですね。

マイク・マイヤーズ どうしてるんでしょうね?

>プリシラさん
ユアン・マクレガー、若い頃は地味ながらも秀作にでてましたよね。ビッグになってからジェダイとかアイランドとか、一体どーしちゃったんだと思わせる出演作だったんですけど、こないだの「ステイ」はなかなか良かったですよ。

マイク・マイヤーズは・・・むこうでTVにでもでてるんじゃないですかね?(笑)
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。