スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2

「ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2」を観た。
russian_dolls.jpg

『スパニッシュ・アパートメント』のメンバーが再結集し、7人の学生たちの5年後を描いた青春群像劇。学生生活から5年、30歳になり小説家への足掛かりを掴んだグザヴィエは、ある日、かつてのルームメイトたちと再会することに…。

前作「スパニッシュ・アパートメント」の続編。スペインに留学中、多国籍アパートで共同生活を送っていたグザヴィエ達の5年後を描いた作品。前作では学生らしく全体的に青臭さの漂う青春映画だったのですが、今作はその5年後、30歳になった彼らが描かれています。年齢的にも自分に近いので、興味深く鑑賞してみた。



これ、女性が見たら激怒しそうな内容ですね(汗)

悩める青年だったグザヴィエも30歳、「本当の愛とはなんぞや」なんてもっともらしい悩みを抱えるフリをしながら、ちょっと女性と親密になるとすぐに下半身が暴走しちゃうという困ったチャンに成長しているというから驚きです。前作でも人妻に手を出したりと、その気配はありましたがまさかこんなヤリチン男に変化してるとは、人って変わるもんですね。

とはいっても所謂ナンパ野郎というわけではないんですね。彼なりに言うと「本当の愛を探す旅」の途中なんです。眉間にしわを寄せながら小難しい理屈をこねくりまわして自分の悩みに酔ってるんですが、やってることはタンポポ野郎ですからね。節操無く種飛ばしすぎ!ってヤツです。お世辞にもカッコイイとは言えないルックスの持ち主なんですが、女性に迫る時は妙に知的かつ情熱的なもんだから、迫られたほうもコロっとイっちゃうんですね。このへんは私も今後の参考にしようと思います。
russiandolls_01_320x180.jpg

あっちこっちとツバつけまくって「あぁ神様、本当の愛はどこにあるの?」なんてのたまうこの男を見ていると、どうにも情けなくて涙がでそうになってくるんですが、よくよく考えてみるとなかなかリアリティのある悩みだったりするんですね。

30歳になっても仕事が安定せず決まった恋人もいない、この映画の主人公ほど極端ではないにしても、どことなく共感できる部分ってあると思うんです。まぁ現在の仕事に何の疑問も無く打ち込めていて、おまけにカワイイ彼女がいるような羨ましい男からすれば「なんだこの馬鹿男は!」くらいの感想しかでないんでしょうけど( ´_ゝ`)・・・
russian-dolls-poupees-russes-6.jpg

しかしながらこのワタクシ、この主人公にちょっぴり共感してしまいました。大人になりきれない症候群っていうんでしょうか。言ってて自分でも情けないですが確かにこういう部分ってあります。割り切れないというか踏み切れないというか、どこかモヤモヤした部分があるんですね(何にだよw)。誰しもがそういう部分ってあると思うんです。そこに見切りをつけて突き進むか、曖昧なまま騙し騙し続けていって必殺なし崩しの状態までもっていくかのどちらかだと思うんですが、なかなかそこまで進めないという悩み、でも月日の流れは待ってくれない、変な焦り、そんな何とも言えない微妙な悩みが30歳という年齢にはあります(笑)

これが40歳になり、50歳になったら「ブロークン・フラワーズ」のビル・マーレイのようになるんでしょうけど、それだけは避けたい。枯れた花は辛すぎます。というわけであまり触れられたくないところをツンツンとつっついてくるような作品でした。こういう状況を打破するには、とにかく行動あるのみ!ということで、今年の私のテーマは「行動」です(爆)アクティブに生きてれば道は開けるはず!ということで年末あたりから色々動いてます。動けば身辺にそれなりの変化が起こってくるもので、最近ちょっと楽しいです(笑)


「ロシアン・ドールズ」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ


t800012.jpg

スポンサーサイト

Comment

「スパニッシュ・アパートメント面白かったですね。

>やってることはタンポポ野郎ですからね。

うまい!そんな表現はじめて見ました!

>このへんは私も今後の参考にしようと思います。

しちゃうんですか(笑)

40、50になっても「大人になれないシンドローム」「枯れない男」もたくさんいますから、それを目指すのもまたありかと。
パート2出てたの知らなかったので、情報ありがとうございました。

あ、そうだ、ふるち子による「いい男バトン」TB送らせていただきました。

>ふるさん
>40、50になっても「大人になれないシンドローム」「枯れない男」もたくさんいますから、それを目指すのもまたありかと。

できれば目指したくないと思っているのですがこのままいくと危なそうな予感がします。今年は生活に変化をつけたいな~、なんて(笑)

この作品、1作目とは趣きが少々変わってますけど私としてはこちらのほうが楽しめました。


こちらにもー★

こんばんは、baohさん♪こちらにもコメント&TB、させていただきますね★
私も、このグザビエ君は、情けないながら、ものすっごくリアリティあるキャラクターだったと思います。ま、女性にはあんまり評判はよろしくない奴なんですが。
この先に、『ブロークン・フラワーズ』を見て、危機感を持ってるbaohさんなので、許してあげま~すv-207ちゅっ。
あ、いらないか・・・(爆)

v-207⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡ズサー

ふ~、ばっちりキャッチしました。家宝にします。

グザヴィエくん、情けないったらありゃしないんですけど、どことなく共感できる部分があったんですよね。これくらいの年齢だと男女関係なく感じる部分はあるんじゃないかな~、なんて思うんですけど・・・女性には評判悪いですね(笑)

彼、このままいけば確実に枯れた花のビル・マーレイですね(笑)

いいと思うんですが

ビル・マーレイ あの役。
最後まで もう煮え切らなくて 最高ですね!
男性なんて 多分 いくつになっても そーゆーとこ あるんじゃないでしょうか?

>プリシラさん
こーゆーとこ、ありますね~確実に・・・この映画のグザヴィエ(30)、ハイ・フィデリティのジョン・キューザック(40くらい)、そしてブロークン・フラワーズのビル・マーレイ(50くらい)で、「ダメ男三部作
」と自分のなかで決定しました(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

39.ロシアン・ドールズ

前作、『スパニッシュ・アパートメント』(’01年)の続編に当たる作品。前作ではバルセロナに留学し、国籍がそれぞれ異なる7人と、共同生活を送る、という青春映画だった、『スパニッシュ・アパートメント』。セザール賞ノミネートその他、フランス本国でも大ヒットを飛

映画『ロシアン・ドールズ』

原題:Les Poupees RussesYou are perfect Guy!・・あなたは愚かだから・・不完全なるものを愛するのが私、だからパーフェクト、スパニッシュ・アパートメントから5年の月日で得たもの・・・ マトリョーシカ(ロシアン・ドールズ)、それは幾重にも重なった人形、いくつもの

ロシアン・ドールズ

 『25歳のあのときから、君の人生はどうなってる? 20代のスペインでの出会いから5年、ヨーロッパの若者たちの恋、仕事、そして人生を描いた物語。』 コチラの「ロシアン・ドールズ」は、「スパニッシュ・アパートメント」の続編となるR-15指定の青春群像劇です。 ...

『ロシアン・ドールズ』

フランス映画祭で2005年、2006年と続けて上映され、待ちに待った公開ヽ( ´¬`)ノ{/onpu/}『スパニッシュ・アパートメント』の続編『ロシアン・ドールズ』を観に行きました♪東京では、『ダ・ヴィンチ・コード』と同じ5/20に公開。(ダ・ヴィンチのおかけで影が薄れたか・
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。