スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ミス・サンシャイン

「リトル・ミス・サンシャイン」をシネ・リーブル梅田にて鑑賞。
01littlemissunshine_poster.jpg

小太りの眼鏡っ子、オリーヴの夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャードや母のシェリル、自殺を図ったゲイの伯父フランクらと車で決勝大会の会場を目指す。

12月は結局映画館に行けなかったので、お正月休みに1本くらい映画館で観ようと思い立ってこの作品をチョイス。他の方の感想を眺めていると随分評判もよろしかったので期待して観た。


これは脱力系ロードムービーってやつですね。こういうのは嫌いじゃないです。小太りのメガネッコ、オリーブの夢だったミスコン出場の為に、おんぼろバスで一路会場へ!といった大筋なんですが、このバスに乗り込む家族というのが一癖も二癖もあるヤツらばかりなんですね。

「勝ち組になるための9段階プログラム」なんて怪しげな理論をブチあげるどうみても負け組の父親に、「老人は中毒にならん!」なんて訳のわからない言い訳をかましつつしっかりヘロイン中毒のポルノ大好きおじいちゃん。それに加えて「沈黙の誓い」なるものを立てて9ヶ月間一言も口を開かないニーチェかぶれの息子に、失恋してリストカットしちゃったゲイの叔父というから人物紹介だけでただならぬ予感を感じずにはいられないメンバー構成です。
little20miss20sunshine.jpg

そんなダメダメ家族が一つのバスに乗り込むもんだから道中は観客の期待通りにトラブルが多発してくれます。一見なんでもない、ネタのようなトラブルなんですが、実は全てのトラブルがバラバラだった家族の接着剤的な役割を果たしているんですね。ひとつひとつの緊急事態をどうにかこうにかクリアしながら、ミスコン会場へ近づくにつれて家族の絆が深まっていくという寸法です。
little-miss-sunshine-20060706060845078-000.jpg

ありえなさすぎる超個性的家族にこれまたありえなさすぎるトラブル連発で、冷静に考えると「こんなのあるわけねー」なんて思ってしまいそうになるんですが、不思議と劇中は引き込まれてしまうんですね。一つ一つのトラブルが只の笑いのネタとしてしか使われていなかったらおそらくこんな気分にはならなかったんじゃないでしょうか。全ての出来事がムリヤリながらも家族再生への過程として生かされているからこそ、このあり得ないドタバタロードムービーが1本の家族再生ストーリーとして、無理なく観客を暖かな気持ちにさせてくれるのではないかと思います。

そういう意味では良く出来た脚本だと思うのですが、ラストはちょっといただけませんね。いくらなんでもベタすぎじゃないですか。せっかく劇中の捻りの聞いた笑いも、そこはかとなく心温まる展開も、ラストの家族総出の大運動会で一気にしらけちゃいました。劇中のオフビートな展開からクスクスジワジワポカポカっていうのがこの映画の持ち味じゃないんですかね。なんでラストだけいきなり大味ハリウッド風味に早変わりしちゃうのか理解に苦しみます。終わり方もこの展開ならもう一オチあるだろうと思いながら観ていたのですが、大運動会でさすがの家族も力尽きたのかサッサと帰路についてエンドロールというから実にアッサリしたもんです。
little-miss-sunshine-6.jpg

というわけで中盤までは良かったものの、ラスト10分で一気に失速してしまうという残念な終わり方でした。失速といっても決して出来が悪いという意味ではなく、ラストだけそのへんに転がってるハリウッド風ハートウォーミングムービーになっちゃったという意味ですね。劇中はだれることなく最後までテンポよく見せきってくれるし笑いのセンスもいい、せっかく良く出来た脚本なんだから最後まで持ち味を生かして欲しかったなぁという印象の残る作品でした。


「リトル・ミス・サンシャイン」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキングへ


little-miss-sunshine-8.jpg

※ミスコン会場の係員役という超チョイ役で「24」のクロエが出てましたw
スポンサーサイト

Comment

baohさん☆

観たんですのね♪

何でなんでー?? あの馬鹿踊りがイイのに~(笑)
また意見わかれたかな? ♪

まさかあそこでおじいちゃんダンスが発揮されるとは☆
おじいちゃんぽっくりいってびっくり(笑)

>migさん
観ました!

あ、オリーブのセクシーダンスはいいんですよ。その後の家族の乱入ダンスが(笑)ほら、migさんが記事の中で「ウェス・アンダーソンっぽい・・」って書かれてたじゃないですか。たしかに近い雰囲気で楽しめたんですけど・・・あのラストの踊りはウェス・アンダーソンじゃありえないでしょ?そういう意味です(笑)あそこだけよくあるハリウッド的なノリになっちゃったのが残念だな~、と。

そしておじいちゃん殺すほどのこともなかったような・・・ま、そこはちょっとブラックなかんじで面白かったんですけどね(笑)

ラストシーンですが、DVDだと5つバージョンが入っていたんですがどれも微妙な感じでした。本編に使われたのが一番かなぁと。
警察に捕まっちゃうけど逃げ出したりとか、トロフィー勝手に持ち出して逃げたりとかだったと思います。
クロエほんとちょい役でしたよね。常に口尖らせてるのは一緒でしたよね。

>akkyさん
もうDVDが!って、akkyさんアメリカ在住でしたね(笑)本編のが一番でしたか。あれはあれでよかったのかもしれませんね。ちょっと欲張りすぎたかも(笑)

クロエはそのまんまでしたね(笑)脇役なのにめっちゃ存在感あるしw
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトル * ミス * サンシャイン/LITTLE MISS SUNSHINE

サンダンス映画祭はじめ、多数のメディアが絶賛!秋に行ったトロントで『ブラックダリア』と同日公開だったので、こっちを観るかちょっとだけ迷ったけど結構すぐに日本上陸でした{/kirakira/}でも英語じゃなく、日本語でちゃんと観て正解★セリフのやりとりが絶妙だし、言葉

リトル・ミス・サンシャイン

アリゾナに住むフーヴァー一家は、"リトル・ミス・サンシャイン"コンテストに繰り上げ参加することとなった娘オリーヴを連れてカリフォルニアに向けて出発。独自の成功論を振りかざす家長リチャードとバラバラな家族を

リトル・ミス・サンシャイン(2006/アメリカ/ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス)

【シネクイント@渋谷】アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え崩壊寸前。パパのリチャード(グレッグ・キニア)は独自の成功論を振りかざし“負け組”を否定し、そんなパパに反抗して長男ドウェーン(ポール・ダノ)は沈黙を続ける。9歳の妹オリーヴ

「リトル・ミス・サンシャイン」:西新橋一丁目バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}バスだぜ、バス。{/hiyo_en2/}なに、感激してるの?いつも乗ってる都バスじゃない。{/kaeru_en4/}いや、このバスのことじゃなくて、黄色いフォルクスワーゲンのミニバス。{/hiyo_en2/}ああ、「リトル・ミス・サンシャイン」に出てきたバスのことね。{/kaeru_en

『リトル・ミス・サンシャイン』

CAST:グレッグ・キニア、トニー・コレット 他ゴールデン・グローブ作品賞、主演女優賞 他ノミネートSTORY:小太りで眼鏡をかけたオリーヴの夢はミスコンで優勝すること。そんな彼女は理法予選で繰り上げ優勝し、決勝大会に出場することに。そして、家族総出で古いバ

人生はミスコンと同じぐらい馬鹿げているのか~「リトル・ミス・サンシャイン」の衝撃

 いやー素晴らしかった。笑い過ぎて、涙が出た。例によって、予備知識ゼロで観た米映画「リトル・ミス・サンシャイン」(監督はジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻)。とんでもなくおかしく、途方もない傑作である。単に傑作とすればいいのに、わざわざ「とん

映画「リトル・ミス・サンシャイン」

原題:Little Miss Sunshine夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フーヴァー(アビゲイル

「リトル・ミス・サンシャイン」観てみました。

「リトル・ミス・サンシャイン」観てみました。久々のいい映画でした。アリゾナからカリフォルニアまで「リトル・ミス・サンシャイン」の大会を目指し、バラバラで負け組みの家族「フォーヴァー家」がぼろぼろのフォルクスワーゲン・ミニバスでハイウェイを走りながら一つに

リトル・ミス・サンシャイン (Little Miss Sunshine)

監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 主演 グレッグ・キニア 2006年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 2年連続で日本人が快挙を達成したってんで大騒ぎになったミス・ユニバース。世界一美しい女性を選ぶ大会で日本人が選ばれたのは嬉しい限りではあ
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。