スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピネス

「ハピネス」を観た。
11772f.jpg

アメリカのニュージャージー州郊外で、ごく普通の中流家庭に育った三姉妹。だが町の住人たちの心の闇が露呈しはじめた時、彼女たちが信じて疑わなかった“幸福な日常”は少しずつ崩れてゆく。


こいつはヘビーな変態だぜ・・・



とある三姉妹をとりまく日常のような非日常のような出来事を通して描かれる群像劇。予備知識なしに観始めると、登場する女達が姉妹だとはなかなか気づきません。女3人のそれぞれと、とある老夫婦の日常が劇中ですこしづつ交錯していって、実は家族だったということがわかります。

彼女達といえばまぁ普通のどこにでもいそうな人たちなんですが、彼女たちをとりまく男たちがなかなかのド変態なんですね。長女とその夫は長い間セックスレスの夫婦。外見は幸せそうな家庭なんですが、この夫が実はショタコンという変態野郎なんですね。嫁さんとHしないで、コンビニで購入した児童ポルノ雑誌を眺めながら車のバックシートで自慰行為というから最低です。それだけならただの変態野郎ということで石投げつけて終わらせてあげるんですが、こいつは人様の子供にまで手をだしやがるので、ただの変態から一気に変態犯罪野郎へランクアップですよ。
790happ.jpg

お次は次女の隣に住む、デブで常にハァハァ言ってるレイプ願望のある男。こいつは夜な夜なイタ電かけては「パンツの色は何色だい?このメス豚め!」なんて言いながら自慰行為にふけるオナニストというから変態ばかりでイヤになります。

唯一マトモなのは三女。ロクでもない男にばかりひっかかって傷心気味のネガティブ三十路女なんですが、このひとだけ妙なリアリティがありますね。キモい男に別れ話を切り出したら逆にボロクソ言われてヘコんだり、言い寄ってきた男に体を許すとあっさりヤリ逃げされた上に金までとられるという悲惨さですが、ダメ男にばっかりひっかかる女性というのは確かにいるのでリアリティがあります。部屋に戻ると「私の幸せはどこにあるの~ハッピネスハッピネス♪」なんてギター片手に歌い出すから涙がでますね。
movie-1129910333.jpg

こんな登場人物たちが、特に未来への希望を見出すことも無く不幸な出来事に見舞われていくというお話です。彼らは誰もが大なり小なり歪んでいるのですが、彼らなりの幸せを探そうと皆前向きに生きているんですね。劇的なハッピーエンドもなく、歪みを抱えながら不幸に見舞われても、とりあえず前に進んでいく三姉妹。人間だれしもが歪んだ闇の部分というものはもってるもので、そこを認識している人にとっては、もしかすると妙に共感できる作品かもしれません。汚れの無い純白の心を持つ私としては三姉妹や変態野郎どもにはこれっぽっちも共感できなかったのですが、思春期の悩みをもつ11歳の少年には唯一共感できたので、まぁ良しとします。

「ぼく、イくことができたよ!」




「ハピネス」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


スポンサーサイト

Comment

こんにちは★

バトンやらせてもらいましたのでトラバさせてもらいました。

これ観ちゃいましたか(笑)
変態村より変態だらけでしたよね。

でもこんな人達って絶対多いですよ。
気付かないだけで・・・。

トッド・ソロンズ作品も2作目ですね。
あとは『ストーリー・テリング』と『終わらない物語 アビバの場合』だけですよ~(笑)

きっとbaohさん好みではないとは思いますが、機会がありましたら是非とも鑑賞されてみてくださいね。

つい最近同じ監督のウェルカム・ドールハウスを観たんですけどハピネスに比べると変人度はやっぱまだまだでしたよ。

この作品でのフィリップシーモアホフマンの印象があまりにも強いのでカポーテ観てもどうも豚に見えてしまって(笑)←カポーテいい映画でしたけどねw

みてからずいぶんたつので久々に変態をみてみたくなりました笑

>マイコさん
バトンやっていただいてありがとうございます!あとで伺いますね。

これ、観てしまいました。そうそう、「これの邦題こそ変態村だろ!」なんて鑑賞中は思ってしまいましたよ(笑)

ここまで危ない人はさすがに少なそうですが、軽い変態なら私の友人にもいっぱいいるんですけどね(爆)

ストーリーテリングもアビバもDISCUSのリストに入ってますよwマイコさんの敬愛する監督さんということで、とりあえず全部みてみるつもりです。2作品観て、作風がつかめてきました。歪んだ部分をアッケラカンと描き出すのが持ち味の監督さんかな?(笑)

>akkyさん
ウェルカム~は私も観ました!全然変態じゃないですけど、あの「うぇるかむとぅざ~ど~るはう~す」の脱力ソングが耳に残って離れません(笑)

フィリップ・シーモア・ホフマンやばかったですねwそれ演技じゃなくて素じゃないの?っていうくらいハマってました(笑)

3女のジョイ

お人よしの3女は、ロシア人のケチなコソ泥にコマされて、その彼女に殴られた上、お金まで払うんだから、相当なお人よしでしたよね・・・。
でも、一番自分に近いのは、この人で、見ていていやになってしまいました(笑)私も男運悪いんですよぉ(泣)

>とらねこさん
文中で「確かにこういう女性はいます」って書いたんですけど・・・こんなところに発見!(爆)

この3女に感情移入というのはなかなかキツいものがありますね(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

#10.ハピネス

みんな変態。この世はみんな変態。一皮剥けば、誰しも変態だ!ハピネス・・・幸せなんて、そんなものどこにもありゃしない。・・・参りました。みんな、出て来る人出て来る人、風変わりで一癖ある人たちばかり。'98年、カンヌ映画祭批評家賞受賞。
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。