スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキサス・チェーンソー ビギニング

「テキサス・チェーンソー ビギニング」を梅田ブルク7にて鑑賞。
texaschainsaw.jpg

1939年8月、生後すぐに捨てられた赤ん坊がゴミを漁っていた女に拾われ、トーマスと名づけられヒューイット家で育てられる。やがて食肉処理工場で働き始めた彼は、工場が閉鎖された衝撃から工場長を殺害。一方、テキサス縦断旅行に出ていた4人の若者たちは、保安官になりすましたトーマスの叔父に連れ去られてしまい……。

映画館へは月に1~2回くらいしか行かないくせにこんな映画をチョイスしてしまう自分って一体何なんだろうとフと思ってしまいます。最近劇場へ足を運んだ映画といえば、バタリアン4→ファイナル・デッドコースター3→氷の微笑2→そして本日のテキサスチェーンソー ビギニングですからね。改めて書いてみると何だか頭痛がしてきました。

「父親達の星条旗」でも見て「いっちょ反戦デモでもやったるか~」などと思っていたのですが、気がつくと「テキサス・チェーンソー大人1枚。センター後ろ寄りで両サイド人いない席でヨロシク♪」なんて言葉がでてるからイヤになります。

そんなわけでいつの間にかこの悪趣味映画のチケットが手にあったので仕方なく鑑賞してみた。


「ビギニング」なんてタイトルだからどういう内容になってるんだろう、なんて思っていたのですが、なんてことはありません。結局やってることは前作と同じですね。ドライブ中のカップル達がトラブルから辺鄙なところで足止めくって、殺人鬼に追い回されるという古典的シチュエーションです。ダブルデート(死語?)なんて浮かれた真似してるとこういう目にあいますよ、という半ば教訓めいた内容となっています。
photo_02.jpg

ストーリー展開といえば前作と同じなんですが、今作ではかなりグロ度がアップしてますね。意味もなく犬の死骸を轢いてみたり、1本道を走行中に何故か突然でてきた牛を猛スピードで跳ね飛ばしてみたり、精肉場でグッチャリグッチャリくっちゃらはぴはぴと動物の肉を切り刻んでいるシーンを挿入してみたりと、意味もなく残酷描写が満載です。
texaschainsaw2.jpg

そんなわけでキ○ガイ一家にとっつかまる若者達なのですが、レザーフェイスがチェーンソーの魅力に取り付かれるのはクライマックス付近からなんですね。それまではひたすら拷問したり拷問したり拷問したりしてます。「拷問かましてよかですか?」なんてレザーフェイスが言ってたような気がしたんですが、気のせいかもしれません。
photo_06.jpg

後半にようやくヴヴヴヴィィィィィィンというあの爆音が鳴り響くのですが、1作目に比べるとその音による恐怖感というのはあまり感じられませんね。前はチェーンソーの爆音が劇中ずっと鳴りっぱなしの硬直しっぱなしだったので観終わるまでにパンツ3枚ほど交換するハメになったのですが、今作では1回だけで済みました。追い掛け回される緊迫感は大幅ダウンなのですが、今作では脱出不可能の絶望感が全編通して色濃く描かれています。生きたまま解体されて具だくさんスープにされるという悲惨な末路が決定的という状況がこれでもかと描かれているので劇中は今夜の晩御飯が気になってしまうこと請け合いですね。これは是非「突撃!となりの晩御飯」でヒューイット家をリポートしてもらいたいところです。

こういう展開なので、登場する若者4人組はジワジワ痛ぶられてなかなか死にません。後半でようやくチェーンソーが登場してから一気にスパスパいっちゃうわけですが、これがイヤにあっさりしてるんですね。「残り10分しかないからまとめて殺っちゃて~」なんてマイケル・ベイさんが言ったか言わないかしりませんが、相当いい加減なクライマックスです。

そんなわけで1作目のような爆音に追いかけられる緊迫感や、物陰に隠れてみつかりそうでみつからない、けどやっぱり見つかっちゃったーみたいなお約束なスリル感を期待していると少々肩透かしを食らう内容かもしれません。その分グロ度は大幅アップしているので特殊な嗜好をお持ちな方には楽しめるのかもしれませんが、私のような健常者にとっては物足りなさの残る作品でした。



「テキサス・チェーンソー ビギニング」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


texaschainsaw0uw.jpg

photo_09.jpg


スポンサーサイト

Comment

アラ。
けっこう低い評価ですのね ♪

友達はワタシとは別に試写でむりやり観たらしく、
あの描写もうダメーってかなりぐったりきたみたい。。。
チェーンソー見たら思い出すって。。。。
そんなもの、見る機会はほとんどゼロだと思うけど!(笑

ほんとこういうのって、ダブルデート(死語)が定番ね♪

トーマスVSジェイソンを希望w

 ども、たましょくです♪

 ここまでくるとトーマスの生い立ちよりもホイト保安官が鬼畜
野郎になってしまった過程が知りたくなります。あとトーマスの
お父さんが誰なのか…。

 トーマスは、やはり典型的な「ジェイソン」タイプですよね。
なんなら、次回はジェイソンとやりあって欲しいですが、そー
なったら余程のことがない限り、DVDで済ませてしうかもw

こんにちは☆

baohさんの映画チョイス、私は大好きですよ(笑)

それはそうと、baohさんは『SAW3』は観に行きますか??
もうすぐ公開ですよね!!

私は行きます。
友達と約束を取り付けました!!
『隠された記憶』以来の劇場鑑賞ですわ~。

あはは、凄い観賞ラインナップですね(笑
まあこの映画は、前作観てると「同じじゃん・・・」て感じであんまり新味は無かったです。
人食い一家のキャラで持っている感じですね。

こんばんは

baohさん 映画のチョイス見事に続編ラッシュですね(笑)
やっぱり前作を観てると気になるものですね。
バタリアンは、全部観てるってこと?
チェーンソーで解体されるよな死に方だけは、絶対
したくない物です(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

>migさん
途中からダレちゃって・・(笑)
1作目は最期まで緊迫感が持続したんですけどね~。
確かにチェーンソー見たら絶対思い出しますけど、まず見る機会がない(笑)

>たましょくさん
ども!
ウッカリ流しそうになりましたが、ホイトさん保安官じゃありませんから!(笑)それにしてもあれだけ頭強打して生きてるとはなかなかのしぶとさですね。

トーマスVSジェイソン・・・トーマスは一応人間ですからね~、実現は難しそうです。トーマスVSスティーブン・セガールなら実現するかもしれませんね(しないって)

>マイコさん
さすが!マニアック☆なマイコさん(笑)B級ってなんかクセになるんですよね。たま~に掘り出し物がまぎれてるからやめられません。

SAW3!
もちろん行きますよ。初日朝イチ予定ですwでも混んでたらヤだな~。楽しみですね。

>ノラネコさん
お恥ずかしいラインナップで恐縮です(笑)
代わり映えなかったですね~。それにしても、私も含めて他のブログさんのレビュー見てると、みんな「前といっしょ」って・・・こんな悪趣味映画でもみんな観てるんだな~、となんだか可笑しかったです(笑)

>hiroさん
そうそう、自分でも思いました。続編ばっかw
やっぱり1作目が面白かったら観にいっちゃいますよね。バタリアンはもちろん全部観てますよ!といっても1とか2は小学生の頃ですけど(笑)いま5が公開中ですけど、いくかどうか悩んでますw

こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
思わず「ナイス!チョイス!」と叫んでしまいそうなラインナップ。
見事です。

>もじゃさん
こんばんは。
このラインナップをご覧になって「ナイスチョイス!」とは・・・もじゃさんもなかなかのアレな方とお見受けします(何)

こういう映画って続編でるとどうしても観てしまいますよね(笑)

テキサス・チェーンソービギニング
実在の殺人鬼エド・ゲインをモチーフにし、猟奇的な殺人一家を描いたトビー・フーパー監督によるホラー映画の金字塔、「悪魔のいけにえ」('74)をリメイクした「テキサス・チェーンソー」('03)の続編。前作から時をさかのぼり、いかにして凶悪な殺人
鬼“レザーフェイス”が誕生したかを描く“エピソード1”的な作品だ。前作をはるかに上回る驚愕のスプラッター・シーンが満載!
 1939年8月、食肉処理工場で一人の赤ん坊が生まれた。生まれながらに奇形児だった赤ん坊はすぐにゴミ容器の中に捨てられるが、ゴミを漁っていた女に拾われる。トーマス(レザーフェイス)と名付けられた赤ん坊は、女とその家族が暮らすヒューイット家で育てられる。やがて食肉処理工場で働き始めた彼は、工場が閉鎖された衝撃から工場長をハンマーで殴り殺してしまう。住む土地に異常な執着を持つヒューイット家は、捜索に来た地元の保安官までを殺害し、その後も次々と一家の惨劇が繰り広げられていく。一家に迷い込み身の毛もよだつ恐怖を味わう!恐怖度・サディスティック度・グロテスク度・心理的追求度・射体的暴力度・抹殺度・極悪度・衝撃的映像度・暗殺度は、最高峰実在の殺人鬼エド・ゲインをモチーフに猟奇的な殺人一家を描いたトビー・フーパー監督『悪魔のいけにえ』(74)。ドキュメンタリー風の映像が、追いかけて来るチェーンソーの音と共に恐怖を極限まで煽り、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。
『悪魔のいけにえ』はホラー映画の金字塔として語り継がれ、人の皮をつなぎ合わせた面をかぶり、チェーンソーを振りかざす殺人鬼・レザーフェイスは史上最も残酷で恐ろしい殺人鬼として人々の記憶に刻まれている。早くも現代ホラー映画の最高峰との声も上がっている!
コレが世界で一番怖い映画だ、ホラー界の帝王とも言える恐怖の原点にして頂点の究極のホラー映画!最近の、ここ数年のホラー映画の流れの中で出てきたものとしては、やはり観るべき1本かなと思いますね!是非見てください!本作は前作の過去を描く衝撃的な続編あまりの衝撃的映像に注意=恐怖映像・サディスティック映像・グロテスク映像・心理的追求映像・射体的暴力映像・暗殺映像・抹殺映像・衝撃的映像等が含まれます。ホラー映画界代表作品ですので!くれぐれも覚悟をしてご覧下さい!! またこの後の続編製作開始!

あれれー

ううーん、だめでしたかー。
たまに来たと思ったら、立て続けですみませんですー。
しかも、全く違うこと言ってますが、どうか気にしないでねー♪

>とらねこさん
いや、ダメってほどでもないんですけどね~。1ほどの緊迫感が無かったかなぁなんて思ってしまいました。やってることは同じだけに、どうしてもそれ以上のものを求めてしまうんですよね。

baohさん こんばんは~
>意味もなく残酷描写が満載です。
これ同感です。baohさんの記事を読んで思い出しました!
しかし,いつもながら良いとこ突いてますね~(笑)
自分も観た映画だと余計に感じますよ
作品自体の出来は,グロさに深み?がなくて・・・
普通でした!

>hiroさん
グロさに深みって(爆)ヒロさんもお好きですなぁ( ゚∀゚)

ビギニングというわりにはやってることは前といっしょでしたねw
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テキサス・チェーンソー ビギニング (The Texas Chainsaw Massacre:The Beginning)

監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 ジョーダナ・ブリュースター 2006年 アメリカ映画 92分 ホラー 採点★★ むせ返るような熱気と臭気、そして限界を超えた過酷な撮影状況がそのままフィルムに焼き付いた傑作『悪魔のいけにえ』。けたたましく響く電動ノコギリと悲鳴に彩

映画「テキサス・チェーンソー ビギニング」

2006年63本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「 黒の怨(うらみ)」のジョナサン・リーベスマン監督作品。トビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」をリメイクしたサスペンス・ホラーの続編。前作より過去にさかのぼり、恐るべき殺人鬼レザーフェイス誕生の秘密を明...

テキサス・チェーンソー ビギニング

ただ痛いだけの,えげつないホラー映画。

テキサス チェーンソービギニング/TexasChainsawMassacreTheBeginning

これ観た後は、焼肉食べられませんよ!{/ase/}migは食べられますが、、、『悪魔のいけにえ』(トビーフーパー監督)と言えば、ホラー映画好きが必ず挙げる(はずの)ホラーの傑作{/kaminari/} わたしの好きなホラーベスト3に入る、、、、人間の皮を被り、チェーンソーで次々

テキサス・チェーンソー ビギニング

「テキサス・チェーンソー ビギニング」評価 ★★★★☆(4.2)『あらすじ』 1939年、テキサス地方のとある食肉処理工場で男の子が産み落とされる。しかし、男の子は、その見た目からすぐに工場の関係者によって、ゴミ箱に放棄される。血まみれの男の子を救った...

テキサス・チェーンソー ビギニング・・・・・評価額1200円

1974年に発表された、トビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」は、ニューシネマ・ホラーとも言うべき異色作で、後のホラー映画に大きな影響を与えた。テキサスのギラギラとした太陽と乾燥した空気の中、従来のホラー的な

テキサス・チェーンソー ビギニング

 前作でもレーナード・スキナードの曲の発表年月が微妙だったが、今回はフリーの「オールライト・ナウ」が微妙にずれてる。しかもイギリスのバンドだし・・・

テキサス・チェーンソー ビギニング

2006/アメリカ監督:ジョナサン・リーベスマン出演:ジョルダーナ・ブリュースター(クリッシー)   デイラー・ハンドリー(ディーン)   ディオラ・ベアード(ベイリー)   R・リー・アーメイ(ホイト)   アンドリュー・ブリニアスキー(レザーフェイス)し

【 テキサス・チェーンソー ビギニング 】

『テキサス・チェーンソー』の続編、一家の過去を描くレザーフェイス誕生の物語。なんだ『悪魔のいけにえ』の方じゃないのね。リメイクの方をベースに作られています。相変わらず狂った一家が殺戮をしまくる、レザーフェイスは最後に大暴れって感じで。期待してたほ...

「テキサス・チェーンソー」渋谷東急系で全国公開

「テキサス・チェーンソー ビギニング」オープニング興収2030万円。国内ボック

「テキサスチェーンソー・ビギニング」伝説の殺人鬼の誕生を見よ!

「テキサスチェーンソー・ビギニング」★★★★劇場にてスプラッター好きにはオススメ!血に弱い人は見るな!ジョナサン・リーベスマン 監督 ジョーダナ・ブリュースター主演 チェーンソーのうなる音、叫び声飛び散る血しぶき。服や顔をあっと言う...

映画「テキサス・チェーンソー ビギニング」を鑑賞。

 皆さん、こんにちはmasalaです。 昨日は、前回「レデイ・イン・ザ・ウォーター」で酷い目に遭った109シネマズ川崎にて「テキサス・チェーンソー ビギニング」を見てきました。 この作品は、川崎の3館あるシネコンでも109シネマズだけでの上映、しかし客..

テキサス・チェーンソー ビギニング

恐怖の原点、絶望の頂点。覚悟なければ、観てはいけない。1939年8月、一人の赤ん坊が食肉処理工場で生まれた。その生まれながらに肢体の不自由な子は生肉の包装紙に包まれ、直ぐにゴミ容器の中に捨てられた。たまたまゴミを漁っていた女に拾われた赤ん坊はトーマスと....

131.テキサス・チェーンソー:ビギニング

前作の『テキサス・チェーンソー』は、私はかなり面白かった、という印象なんだけど、こちらの方がグロさが更に上がっていた様子。前作ではオリジナル版『悪魔のいけにえ』を、割と忠実にリメイクしていたけれど、この『ビギニング』では、レザー・フェイスの出生から始まる

★「テキサス・チェーンソー・ビギニング」

前作「テキサス・チェーンソー」はDVDで見ました。主演の女優は、ヤンキースのデレク・ジーターと熱愛中?って噂のジェシカ・ビールでした。今回は、その殺人鬼の誕生秘話???という事?

テキサス・チェーンソービギニング(>_

いやあ~この映画を観たからでしょうか?体調不良の原因・・・・とにかくエグイという一言ですね。でもここまで徹底的にエグイのもすがすがしいかも京都では先週で上映終了しました。何でも、3年前に全米NO.1を記録した『テキサス・チェーンソー』今回のシリーズではこの殺

(感想・レビュー)テキサス・チェーンソー ビギニング(2007年44発目)

テキサス・チェーンソー ビギニングチェーンソーは,反則過ぎる(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 銃さえあればSTORY1939年8月、一人の赤ん坊が食肉処理工場で生まれた。その生まれながらに肢体の不自由な子は

テキサス・チェーンソー ビギニング

2006年:アメリカ監督:ジョナサン・リーベスマン出演:ジョルダーナ・ブリュースター、テイラー・ハンドリー、マット・ボーマー、ディオラ・ベアード 、リー・アーメイトビー・フーパー監督「悪魔のいけにえ」のリメイク「テキサス・チェーンソー」より過去にさか...

【映画】テキサス・チェーンソー・ビギニング

<テキサス・チェーンソー・ビギニング を観ました> 原題:The Texas Chainsaw Massacre : The Begining 製作:2006年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 「悪魔のいけにえ」をリメイクした「テキサス・チェーンソー」の続編。 続編とは言っても、そ...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。