スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do You Like Hitchcock?

「Do You Like Hitchcock?」を観た。
rendercmsfield.jpg

映画を専攻している学生ジュリオ。覗き趣味のあるジュリオは幼い頃に目撃してしまった惨劇の悪夢に悩まされていた。そんなある日、いつも覗いていた向かいの家で殺人事件が起きてしまう。ヒッチコックの映画になぞらえながら推理を進めるジュリオだったが・・・

ダリオ・アルジェントの新作!たまたまツタヤで発見して光の速さでレンタルしてしまいました。

「ヒッチコック&ダリオ・アルジェント 奇跡のコラボ!」

なんて仰々しいキャッチコピーがついてたのですが、まぁダリオさんのビデオスルー作品ということで、そのへんは生暖かい目で見守ってあげましょう。期待したらダメとわかっちゃいるけど期待せずにはいられないという、何だかよくわからない胸のトキメキを感じつつ鑑賞開始。

ヒッチコックとダリオ・アルジェントのコラボレーションなんていうから一体どんな企画なのかと思ったら、何のことはありません、映画オタクの青年がヒッチコック作品になぞらえて事件を推理していくだけです。「ストーリー=ヒッチコック風味・見せ方&いい加減さ=アルジェント風味」といったところでしょうか。まぁ私としてはヒッチコック作品は1本たりとも観たことが無かったのですが、何の問題もなく鑑賞できました。

物語は主人公ジュリオの少年時代の回想シーンから始まります。森の奥深くで黒魔術っぽいことをする謎の姉妹、こっそりあとを付けてきたジュリオ少年が窓から覗いていると、姉妹が奇声をあげながら包丁で雄鶏を血祭りにあげてしまいます。びっくらこいて窓から落ちた少年、お約束のように姉妹に見つかり、追い掛け回されてしまうんですね。「ま~て~、私たちから逃げられると思っているのか~、必ず捕まえて目ん玉くりぬいて殺してやる~」なんて叫びながら追いかけてくる姉妹をようやく振り切って、物語は成長したジュリオ青年の時代へ映ります。

謎の黒魔術姉妹、出番終了

「え?大人になったジュリオの前にあのときの姉妹が現れるとか、そういう展開じゃないの?」なんて常識はアルジェントさんには通用しないということを、今更ながら思い知らされます。この冒頭のシーン、ストーリーの本筋とは全く関係がないというから驚きですね。常に我々の予想の斜め上をいくアルジェントさんならではのスタートです。

成長したジュリオ青年の覗き趣味はあいかわらずで、夜な夜な向かいの家のお姉さんを出歯亀しちゃいます。お姉さんの裸もバッチリですよ。「とりあえず冒頭でオッパイみせときゃいーだろ」的な安易さがヒシヒシと伝わってくるスタートが好印象ですね。フフフ・・・と微笑ましく眺めていたら、その直後に2人目のオッパイが!!まさか冒頭から2Π(パイ)、いや、2人×2コ=4Πの波状攻撃とは驚愕です。

どれどれ・・・
tipiace.jpg

いきなり4Πっすか!!
doyou.jpg

そんなわけで監督の思惑通りすっかり引き込まれてしまったわけですが、ストーリーといえば以外と普通ですね。アルジェント監督のミステリーといえば、最期まで犯人がわからずに二転三転、ラストはこんなんでましたけど!という驚愕のオチが期待されるのですが、今作ではまぁ月並みといったところです。

一応、殺人描写や体の一部だけ写る犯人なんかは従来の監督らしい見せ方で、ポイントは押さえてくれています。映画マニアの主人公が通うレンタルビデオ店で、たまたま入ってきた客が「ブルーベルベットある?」「いま貸し出し中だ。イレイザーヘッドは?」「それはいらん」なんて、ヒッチコックがメインの映画のはずなのに何故かリンチ作品がでてくるところも、ワケがわからなくてイイ感じです。
doyoulikehitchcock.jpg

ストーリーのほうはあいかわらず微妙かついい加減ですが、これくらいなら想定の範囲内といったところです。そんなことよりも特筆すべきは、この作品、若い女性が全部で4人でてくるんですが、何と全員脱ぎます。これは新しい。最初に2人、中盤で1人、ラストで1人とアルジェントさん大奮発です。ストーリーのまずさはオッパイでカバーという、清々しいまでの潔さが印象的な、中々のオッパイ映画でした。


「Do You Like Hitchcock?」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


doyoulike.jpg


※原題は「Do You Like Hitchcock?」
 邦題は「Do You Like Hitchcook?」
どっちが正しい?とりあえずこの記事内では原題を尊重しておきます。


スポンサーサイト

Comment

何ともパイ尽くしの映画なんですね(笑)
でもダリオ監督の新作と見れば私も何となく手が出ちゃうかもな~w

何かそそられそうな映画ですな~機会あったらまた見ようーw
アレですね。表紙変わってますね^^

あれはbaohさんですか?^^あの怪しい雰囲気いいですね^^
何かどっかで見たことあるけど誰だろー^^

>KAZUさん
なかなかのパイ尽くし映画でした。最近のアルジェントさん、従来のいい加減さに加えて、お色気多用という荒業まで使い出すからますます目が離せません(爆)

プロフ写真は私じゃありませんよ!ダリオ・アルジェント新作記念☆ということで、監督の愛娘であるアーシア嬢にしてみました。

ってか私、男ですから!w

あ、表紙の人女だったんだ(笑)

はじめまして!アルジェントの新作DVDと聞いて、私もツタヤで即行でレンタルした一人です。
トラックバックさせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

>KAZUさん
女性ですよwアーシア・アルジェントです!私の数少ない好きな女優さんの一人です。

>shiwa_396さん
はじめまして!コメントありがとうございます。
いいですよね~アルジェント作品。このB級くささがたまらない(笑)

今後ともよろしくおねがいします!

はじめまして。こんばんは。wataruと申します。
コメント&トラックバックありがとうございます。
こういう軽いノリ(お色気ありの)のアルジェント、逆に新鮮でイイですよねー。いい感じでした(笑)。

>wataruさん
はじめまして、こんばんは。
軽かったですね~(笑)こないだの「愛しのジェニファー」といい、アルジェントさん今頃になってお色気に目覚めたんですかねw監督らしさは随所にみられたので、ファンとしてはそこそこ満足できる内容でしたね。といっても最初から高い期待はしてないんですけど(爆)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヒッチコックはお好き?」という名のダリオ・アルジェントの新作

近所のTSUTAYAに行ったら、新作DVDコーナーに“ダリオ・アルジェントの新作”と、こんなタイトルのDVDがあったので即行で借りてしまいました。「ドゥ・ユー・ライク・ヒッチコック?」“Do You Like Hitchcock?”過去(と言い切ってしまうのが悲しい)“イタ

ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?

『DO YOU LIKE HITCHCOOK? 』公開:2005年TVM製作国:イタリア監督:ダリオ・アルジェント 出演:エリオ・ジャマーノ、シエラ・コンティ、エリザベッタ・ロッチェチィ、クリスティーナ・ブロンド覗き見もほどほどにね。 ←覗き見なんてしないでポチッといっとくれ♪

ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?

というタイトルの映画を見ました。 DO YOU LIKE HITCHCOOK? ...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。