スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のアリア

「戦場のアリア」を観た。
4988111282682.jpg

1914年、第一次大戦下のフランス北部デルソー。わずか数十メートルを隔てて築かれた2つの塹壕。一方には優勢に進めるドイツ軍。もう一方にはスコットランド軍の援軍を得てねばり強く戦うフランス軍。激しい戦闘が続き、両軍とも譲らぬままやがてクリスマスを迎えようとしていた。

舞台となるのは第一大戦中のフランス北部です。第一次大戦ってのはあまり馴染みがありませんね。従来の騎兵や歩兵の戦いから、重火器メインの近代戦へと変貌と遂げた戦争でもあります。今までみたいに馬のってイヤッホォゥなんてはしゃいでたら一瞬で蜂の巣にされるわけです。怖いですね、恐ろしいですね。誰だって痛いのはイヤです。できれば敵兵の面前になんて立ちたくない。そんなわけで皆さん地面にもぐっちゃったんですね。でっかい溝を掘りながらジリジリと進軍するわけです。所謂塹壕戦というヤツですね。そこからちょびっと顔だしてはパンパン撃ってみたり、大砲で相手の溝めがけてブチかましたりする戦争です。

この映画でも舞台となる戦場は塹壕戦の真っ只中です。ほんの数十メートル隔てたところに、ドイツ軍とフランス・スコットラント連合軍が溝の中からにらみ合ってる状態です。すぐ目の前に自分達を殺そうとしてる連中がジっと息を潜めているわけですから、その緊張と恐怖によるストレスは筆舌に尽くし難いものがあったでしょう。そんな状態で何日もやりあうわけですからね。兵士達はどういう精神状態だったのか、想像もつきません。私だったら5分で発狂する自信があります。
h_3_ill_707194_joyeuxnoel2.jpg

そんな状態の中むかえたクリスマス・イヴ。今夜ばかりは・・・ということで、フランス連合軍は塹壕の中で楽器を鳴らし、歌を歌うんです。離れたところでそれを聞いたドイツ軍も、負けじとテノールの美声を披露していると・・・敵側からそれにあわせて楽器の音が響いてくるんですね。そんなわけで敵同士仲良くなっちゃって、戦争なんかやってられるか、って状態になってしまうから、そうなるってわかってても思わず頬が緩んでしまいます。
324253view009_1.jpg

そのあたりの描写は期待通りで満足なんです。でもね、敵同士の架け橋となるオペラのシーン、いくらなんでも口パク酷すぎ!口と音声が全くあってないんですけど。これはアレですか、イッコク堂。もうちょっとなんとかならなかったんでしょうか。この映画の一番の見せ場だと思うんですけどね。気分は最高潮で涙腺ウルウルになりかかったと思ったら、一気に現実に引き戻されましたよ。シラ~って表現がこれ以上ないほどピッタリきます。

ラストに入る「数多くの事実に基づいた物語である」なんて回りくどいテロップからも読み取れるように、ストーリーは超ご都合主義のファンタジーのように進むので、相当な脚色が入ってると思われます。しかしながら、劇中に何度も登場する「戦争の大義」という言葉の無意味さ、同じ人間同士が争う不毛さは十分に感じることの出来る、なかなかの反戦映画だと思います。

それにしても口パk(略


「戦場のアリア」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


20060202152949_m1.jpg

060705_senjo_no_aria_sub2.jpg


戦時下での美談・考えさせられるエピソードといえば
命のビザ(FLASH)
ホテル・ルワンダ
戦時下のエピソードじゃないけど必見
エルトゥールル号の遭難


スポンサーサイト

Comment

TB有難う御座いました♪

こんばんは~♪
ワタクシ好みの映画だったので結構楽しめました^^
せっかくのクライマックスがクライマックスになってなかったのはちょっと残念でしたけど(^^ゞ
口パク、あのレベルの歌を役者さんには望めないのでワタクシ的には許容の範囲内でしたぁ^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

こんにちは

ダイアン・クルーガーも一生懸命口パクってましたね。笑
あまり音楽家オーラがない女優さんですが。
音楽であったりスポーツであったり、言葉なしでもわかりあえるシーンにはジーンときました。現場はやっぱり戦いたくないと誰もが思うのでしょうね・・・

>Aki,さん
こんばんは~。
クライマックス、確かにちょっと尻すぼみだったかも(笑)
口パクは・・・吹替えは当然としても、音と口の動きをもっとあわせてほしかったですw
こちらこそ今後ともよろしくおねがいします。

>charlotteさん
こんばんは~。
あの口の動きと音のあってなさ、現場では誰も何もいわなかったんですかね(笑)もうちょっと上手いことできなかったのかなぁ、と。

音楽を通じて分かり合うってのはベタだけど何度みてもいいものですね。私も大好きです。反戦映画としても、戦争の不毛さをよくあらわせていたと思います。

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「戦場のアリア」

公式サイトシネマイクスピアリ、公開4日目初回です。シアター1(135席)、GWなのでやはり普段より多いですね。あ、、殆んどカップルの方ばかりでござります。

戦争の本質を突いた感動作 「戦場のアリア」

評価:85点{/fuki_suki/}戦場のアリアフランス映画際のクロージングで観てきました。かなり好きな作品です。今年、今のところベスト3に入るくらいの感じ。思ったよりも、盛り上がりと言うものはなかったのですが、所々で鋭い本質をついているところが胸に響きました。も

戦場のアリア/JOYEUX NOEL

戦争映画だけど戦争だけを描いた映画ではない、戦下の中での音楽だけをフューチャーしたものでもなく1914年、第一次大戦のまっ只中、フランス北部の前線各地で実際に起こった出来事。そこにスポットを当てた作品。前線中、敵対するフランス、スコットランド、ドイツ軍兵士た

戦場のアリア JOYEUX NOËL・・・・・評価額1600円

「クリスマスの奇跡」を扱った映画は数あれど、この映画はその中でも異色作と言えるだろう。何しろ舞台は第一次世界大戦中のノーマンズランド(両陣営の中間にある無人地帯)で、しかも実話がベースとなっている。この映画

戦場のアリア

7.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)あぁ・・・ワタクシ、こーゆー映画好きなんですよね~。もうねぇ、実話ベースだとは思えないくらいの素敵エピソードでしたよぉ。やっぱり、殺し合いをするよりもこっちの方がず~~~~~っと良いですもんね

戦場のアリア

実はさほど観る気のなかった作品なのですが、なにかの折に(多分テレビの宣伝かなにかだったかと思う)ちらっとこの作品の内容を見、俄然観る気になりました。結果、行ってよかったです。しょっぱなから私は涙・涙でした。戦争といってもそこまでの激しいシーンはありません

戦場のアリア~フランス映画祭~

フランス映画祭もこれで終り。クロージング作品の「JOYEUX NOEL」(原題)~「戦場のアリア」第一次世界大戦中1914年の雪のクリスマスイヴの奇跡の出来事から生まれた、友好の実話を映画化。フランス北部の最前線、ノーマンズ・ランドで(両陣営の中間、無人地帯)敵対する

戦場のアリア

ホントの話。こういうことってあるだ~と感心しました。戦争の中クリスマスだけはと戦いを止めたフランス、イギリス、ドイツの兵達のお話。ストーリーはシンプルです。どちらかって言うと派手ではないしでもじ~んとします。すごい戦闘シーンとかなくて戦争映画なのにすごく

映画~戦場のアリア

 「戦場のアリア」公式サイト驚きの実話を、敵味方の区別なく兵士たちの心情を丹念に綴って映画化し、平和へのかすかな希望を切なく示した感動作。アカデミー賞外国映画賞ノミネート作品。第一次世界大戦。フランス・スコットランド連合軍とドイツ軍が連日砲弾を鳴り響かせ

『戦場のアリア』 Joyeux Noël

これぞ、聖なる夜。そこにある感動はわかりきったものであるのだけれど、その日のクリスマス・ソングが再現されればやっぱり心に響き渡る。1914年、第一次世界大戦下。フランス・スコットランド連合軍とドイツ軍がにらみ合うフランス北部の村で、クリスマスの夜に一夜限りの

戦場のアリア

戦場のアリア スペシャル・エディションJOYEUX NOEL2005年 フランス/ドイツ/イギリス いい話でした。第一次世界大戦中のクリスマス、最前線で起きた奇跡。嘘みたいだけど、実話なんですよね。 さんざん和ん

戦場のアリア

  戦場の空を突き抜ける美声。 戦う者は、本当の素顔を見せれば、実は素直な人間なのです。 美しい音楽に感動するし、美味しい酒を酌み交わし、楽しくゲームをする事も。 1914年の第一次世界大戦中。 フランス北部の村では、フランスと....

『戦場のアリア』・試写会

今日は某雑誌で当選した『戦場のアリア』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 いや
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。