スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ヴォイス

「リトル・ボイス」を観た。
38675968-1.jpg

臆病で内向的な主人公は、夜遊び好きで騒々しい母親からlittle vioce=LV(エル・ヴィ)と呼ばれ馬鹿にされていた。そんなLVの唯一の楽しみは死んだ父親のレコードを聴き、その歌声を真似すること。ある日、ひょんなことから自称「名プロモーター」レイ・セイはLVの歌声を耳にし、その歌唱力に驚愕。LVを舞台に立たせようとする。

何年も前から「そのうち観よう」と思ってるにもかかわらず中々タイミングが無くてずっとスルーしつづけてる作品ってありませんか?私にとってこの映画がそのうちの一つ。オンラインレンタルで借りたDVDが手元に4本もあるにも関わらず、突然この映画が観たくなってツタヤでわざわざレンタルしてしまいました。こういう訳もなくスルーしてた作品ってのは、いざ観てみるとかなりの良作だったりするので期待して観賞。

で、どうだったかというと・・・


う~ん、そこそこ(笑)

というのも私、てっきり内気な少女のサクセスストーリーを描いた「ラストは歌って踊って大団円♪」のスカっと爽快ハリウッド映画だと思ってたんですね。

実はこれ、イギリス映画でした。イギリス映画ってのも独特な感じがありますね。同じヨーロッパでもフランス映画とはかなり違います。なんだかこう、ハリウッド映画ほどハジけきれないし、フランス映画ほど雰囲気があるわけでもない、微妙なカンジですね。中途半端な重さがあります。

そんな微妙な空気のイギリス映画、この作品も微妙なカンジでした。ストーリーの前半は内気な女性の才能が場末のキャバレーのマネージャーに見出され、開花していく展開なんです。このへんはツボを押さえていて、常時オドオドしている彼女が歌い出すとその才能にみんなの度肝が抜かれるシーンなんかは観てて思わずニヤニヤしてしまいますね。このあたりはなかなかのニヤニヤ指数で好印象です。
little-voice.jpg

しかし物語が後半にさしかかるあたりから雲行きがあやしくなってきます。元が内気な彼女は一度のステージで伏せってしまって、大物プロデューサーが視察にくる大事な2回目の公演に行かないと言いだすんです。ハリウッド映画ならここからすったもんだの後、ギリギリでステージに登場して「おぉ、ブラボー!」となったあと恋人とキスして終わりという、コーラとポップコーンが良く似合う素敵な作品になるところなんですが、この映画ではそうはならないんですね。

爽やかハートウォーミング映画と見せかけておいて、実は真面目なテーマを主軸に置いた作品だったんです。この作品のテーマ、それは「成長」。殻に閉じこもって、亡き父の思い出にふけりながらレコードを聴くだけの毎日を送っていた主人公の成長ストーリーといったところです。

大空へ飛び立つ鳩になぞらえながら、殻を破って外にでる彼女を眺めているだけなら爽やかな気分になれるのかもしれませんが、よくよく考えるとかなり複雑な気分になってしまうんです。というのも、彼女の成長の為に、約3名ほど悲惨な目にあってるんですね。マネージャーは破滅するは、母親は精神的にボロボロになったあと家が全焼するは、キャバレーの支配人は演目に大穴あけられた上に殴られるわで、もう散々ですよ。

破滅決定のマネージャーが熱唱する「It's over」(笑)
littlevoice3.jpg

こんな悲惨な人たちを尻目に、ひとりだけ成長してハッピーエンド★って後味悪すぎです。そのへんに救いを持たせてくれれば印象も変わったのかもしれませんが・・・そのへんもイギリス映画らしく実に中途半端です。前半はハリウッド寄りで後半はヨーロッパ寄り、でもどちらにも傾ききれないもどかしさの残る、微妙な作品でした。まぁこういうのが持ち味なのかもしれませんが。


「リトル・ヴォイス」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


「ブラス!」を撮ったマイク・ハーマン監督作品です。今作でもユアンが出演。
usa-arts-330x220-ewan.jpg

littlevoice1.jpg


※古めのポップスが全編に流れまくってて音楽は抜群にいいです。主人公の美声、てっきり吹替えかと思ってたんですが、何と本物!実は彼女は舞台女優で、10人の歌手の歌声をソックリに歌えるんだとか。そこに目をつけて舞台化されたミュージカルの映画化だそうです。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■高額情報『暴露』します!

【暴露!】ネット上に出回る高額情報・役立ち情報・怪しい情報・高収入情報全て見せます!

【ツタヤでレンタル】-TSUTAYAディスカス-

【ツタヤでレンタル】-TSUTAYAディスカス-ではツタヤでレンタルするときのお得情報公開中です!
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。