スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7~9月Best&Worst

つい最近4~6月Best&Worstの記事を書いたと思ったんですが、寝て起きたらもう10月です。カレンダーを間違えて3ヶ月分くらいまとめてちぎってしまったかのような月日の流れだと思う今日この頃です。

この3ヶ月もいろいろありまして・・・と書きたいところですが、特になにもありませんでした( ´_ゝ`)仕事したり遊んだり寝たり起きたりってカンジでしょうか。何があったっけ・・・と考えても何もでてこないところが悲しいですね。1年の中で最も嫌いな「くさい・汚い・気分悪い」の3Kな夏が終わってくれたことがとっても嬉しいです。ビバ!秋冬!

というわけで、7~9月に鑑賞した映画が41本。もうちょっと観たかった気もしますが、最近バタバタしてるのでまぁこんなもんでしょう。この3ヶ月はあまり良作にめぐり合う事ができませんでした。


というわけで2006年7~9月のBest&Worstの発表。

基本、DVDメインなので新旧関係無しに、今年に入って私が初めて鑑賞した映画でのランキングです(2回目以降の作品は含まず)。
選考基準は、「私の大好きな、何度でも観たい映画」です(タイトルクリックで鑑賞直後のレビューに飛びます)。


Best
1位 ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
やっぱこれでしょう!文句なしの1位です。映画ファンのくせにDVDは滅多に買わない私ですが、これはソッコーでゲットしてしまいました。何がイイってやっぱり音楽!といっても、音楽自体は単体だと実は相当ベタな音楽です(笑)基本ロックで、パンク・カントリー・バラードetc・・・とジャンルも色々なんですが、どれもキャッチーで耳障りの良い音楽ですね。でもこれは映画、このベタさがイイんです。1発で入ってくる耳障りの良いメロディーに、ストーリーと非常にマッチした歌詞、この相乗効果がバツグンでグイグイ引きこまれてしまいました。ラストの「midnight radio」は感動的!そしてこの作品の代表曲「origin of love」は必聴ッス!

2位 発狂する唇
ザ・カルト(笑)これはなかなか味わい深いカルト映画です。なんだかクセになってしまいそうなアホらしさがこの作品にはありますね。個人的に三輪ひとみさんの歌謡ショーのようなイメージ映像がとっても印象的です。何の脈絡もなく突然はじまるんですが、これが酷い音痴で観てるこっちが恥ずかしくなってしまうんですが、彼女はいたって大真面目に切々と歌い上げるんですよ。このシュールさが最高です。もう一度観たい(笑)

3位 ディア・ウェンディ
これは中々の掘り出し物でした。現実感のない箱庭のような街で展開する子供たちの物語。どっかで感じたことのある空気だなぁと思って調べてみると「ドッグヴィル」のラース・フォン・トリアーが脚本を担当していました。監督は別の人なんですが、雰囲気はドッグヴィルっぽいです。彼の書いた脚本だけあって、銃社会アメリカへの風刺的なテーマなんですが、これが全然お固くないんですね。このへんは監督の違いなのかもしれません。結構コミカルな描写もあったりして、娯楽の要素とシリアスな要素が絶妙な配分で混ざり合っています。こういうのは好印象ですね。眉間にシワよせながら観るのではなく、肩の力抜きながらも、鑑賞後はテーマ性にグっとくるという秀作です。


え~っと、これくらいしかBestに入れたい作品には出会いませんでした。かなりテキトーな借り方してたのでこんなもんですね。やっぱり名作・秀作に出会いたいなら狙って観ないと確率低すぎ(笑)「ユナイテッド93」なんかも中々の秀作だと思うんですが、何度も観たいとは思わないのでランク外です。


別格 素晴らしき哉、人生!
名画入れちゃうとランキングにならないので対象外です。号泣してしまいました(つД`)


Bestには入れないけど、なんか好きな作品として1つ。

ロック・スター
内容薄口のハリウッドエンタメ。何がいいのかというと、これまたロック!ウェ~ビ~なロン毛を振り乱してシャウトしながら歌うHR/HMが好きな人にはかなり楽しめる内容だと思います。一般ピープルがある日突然ロックスターになるというファンタジーなんですが、ライブシーン多いのでかなりノリノリです。伊藤政則が好きそうなバンド、といえばわかる人にはわかるでしょう(笑)一部の人にはオススメです!


Worst
1位 ブラックキス
色んな映画の寄せ集めのような作品。NANA・ダリオアルジェント作品・踊る大走査線・アンダーワールド・そしてキャットウーマン、私が気づいただけでもこれだけありました。フザけてるのかと思ったら、監督さんは大真面目というのが痛い。DVD特典で監督自らネタバレ解説を得意気に語ってるんですが、これがとってもお寒いんですね。オマージュもこれだけ使えばただのパクリでしょ?と小一時間ほど説教かましたくなるような出来栄えでした。内容も友情・恋愛・ミステリー・ホラーと浅く広く網羅してくれていて、( ´_ゝ`)アッソ、という印象でしょうか。

2位 ウェインズ・ワールド
この手のコテコテのアメリカン・コメディってのは生理的に受け付けないということを改めて認識させてくれた作品。もうマイク・マイヤーズの寒いパフォーマンスと得意気な顔を見てたら腹たって腹たって。映画みながら「どついたろか」なんて思うことって中々ありませんよ。そういう意味では貴重な経験でした。


こんなカンジでしょうか。今年も残すところあと3ヶ月!良い映画と出会いたいものです。それと充実したプライベートも(笑)


記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング



スポンサーサイト

Comment

こんばんは!お久しぶりです!
そうですか、baohさんは最近のヘドウィグ経験者だったのね。
自分は、超大好きです!
そして『発狂する唇』!これ、そんなに良かったですかー。そうですか、それは是非観れば良かったなー。
DVDで観たいと思いますっ。
で、アヴリルちゃん、結婚しちまいましたねー。んー。
残念?baohさん!

むー

アメリカン・パイも充分コテコテハリウッドコメディじゃないすか??
私は基本的にコメディは見ないっす。
スナッチみたいなのは好きやけど。
ブリジットも続編はもう許容範囲を越えてた。
みんなあれに共感できるのか?

>とらねこさん
お久しぶりです!
そうそう、ヘドウィグ初心者です(笑)良かったですね~。いままで偏見もって見てなかったことを後悔してしまいました。
「発狂する唇」はちょっとオススメしづらいですが・・・好きなひとは好きだと思います。保証はしません!(笑)

あ、アヴリル結婚したんですか。別にファンじゃないのであまり関心ないはずなんですが、なんだか癪にさわるのでそのうち写真かえます(爆)

>yupuさん
う~ん、なんていうかな、アメリカのコメディアンがやりそうな笑いっていうのかな、そういうのがダメ。オーバーな身振り手振りでおどけてみたり、パフォーマンス的な笑いっていうか。ミスタービーンとか、ああいうの。

アメパイは世界共通の下ネタギャグだから単純にウケたw「あるある」みたいな。わかりづらいかな~。

こんにちは★

ヘドウィグが1位か~。
さすがbaohさん!!私も大好きです。

そうそう、皆が良いって言うと、逆に見てやるもんか~!!っていう天邪鬼な心が芽生えてくるんですよね。
私も、未だに「リトル・ダンサー」や「パッチギ」はスルーしてます。

でも、今、手元に「パッチギ」のDVDがあるので見ちゃうかも。
(親が借りてきてた)

ディア・ウェンディは見ましたよ。
なかなかエンタメ性にとんだ作品でしたね。
主演はリトル・ダンサーの子ですね。

トリアー監督作品にしては明るいカンジで意外でした。
こういう作品も書けるんですね!!

発狂する唇もいずれ観てみますね。
baohさんのオススメはハズさないし・・・(笑)

でもB級色がプンプンですね。

>マイコさん
ヘドウィグ1位です!これはかなりのヒットでしたね~。そうそう、このオリジナルサントラ、今廃盤っぽいですね。amazonでもユーズドしか売ってないし、微妙にプレミアついてたり。

私はでっかいツタヤでたまたま1枚だけあったのを買えたのでかなりラッキーでした。

ディア・ウェンディ観ました?まだれびゅってないのですね。マイコさん、あいかわらず貯めすぎ(笑)

発狂する唇は・・・ハズしても知りませんよ!かなり観る人を選ぶ作品だと思います。エログロ!

あははっ☆

>ファンじゃないけど癪にさわる
ふふふー。
次の写真は誰になるんでしょう?♪
ちなみに前って誰だったんですか?

あと、記事中リンクさせていただきました~。
事後報告すみませんです。

>とらねこさん
次誰にしようかな~・・・って全然考えてませんでした(笑)思いつきで変えますw

ちなみに前はカリフォルニア知事でした!!いそうでいないシュワちゃんファンなんです(笑)
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。