スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしい嘘

「やさしい嘘」を観た。
20041027.jpg

エカおばあちゃんの楽しみは、パリで暮らす息子オタールからの手紙。だがある日、オタールはパリで事故に遭い亡くなってしまう。娘のマリーナと孫のアダはエカおばあちゃんを悲しませないために、オタールのふりをして手紙を書き続けることに…。

「おばあちゃん、大丈夫?どうしたの?」なんて、なぜ人は見ず知らずの人でもお年寄りだとタメ口で話すんでしょうか。それもプルプルが激しいお年寄りなんかだと、タメ口どころか幼児相手に話すような口ぶりで話したりします。アレって言われてる本人はどう感じてるのかなぁ、なんて思いますね。年をとったらそんな細かいコトは気にしなくなるんでしょうか。

そんなお年よりが主人公のこの作品、おばあちゃんとその長女、そして孫娘と、女ばかりの三世代家族を中心にストーリーは進みます。フランスへ働きにでた息子を偏愛するおばあちゃん、そんな母親といまいちソリの合わない長女、フランスへ出たいが二人の橋渡し役の為に家に残り続ける孫娘、そんなちょっとした問題を抱えた3人の物語。
b1b890fc.jpg

と言っても、おばあちゃんをネタにした「泣けコラ!」といわんばかりのお涙頂戴ハートフルムービーでは無いんですね。3人を結ぶいびつな関係を通して、家族の絆とそれぞれの成長を描いた作品です。ジンワリ系ですね。長年停滞した生活を送っていた三世代の女達が、「息子の死」という出来事を通してそれぞれが次のステップを踏み出すまでの過程が描かれています。
depuisquotar1.jpg

やっぱりこういう映画を作らせたらフランス映画の右にでるものはないですね。直接的なわかりやすい表現が何一つない、雰囲気とちょっとした演出だけでジワジワと心に染み込んでくる。曖昧な表現を眺めながら、登場人物たちの心理をいろいろと想像させてくれるんですね。喜怒哀楽のハッキリしたアメリカ映画と違って、こういうのは日本人の民族性に合ってると思います。年齢と経験を重ねるほどその想像に広がりと深みが増して、より一層感じるところが多そうでもあります。

三世代の女達、誰に思い入れをもって観るかによっても感じるところが違ってくるでしょう。なんとも味わい深い作品でした。


「やさしい嘘」
★★★★☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


yasasii01_big.jpg




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。