スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を観た。
hedwig.jpg

東西冷戦時代に性転換手術をして東ドイツからアメリカへとやってきたヘドウィグは、手術のミスで残された股間の「怒りの1インチ」に苦悩し続けながらも、ロックシンガーとして活動を続けていくが…。

この映画を悪く言う人っていませんよね。少なくとも私の周りでは誰もいませんでした。口々に「この映画良かったよ!」と今までに10回くらい別の人から言われましたね。そんなに良い良い言われると、ちょっぴりひねくれモノの私としては逆に手が出しづらかったんです。そんなわけで今の今までスルーしてきた作品だったのですが、ついに、ようやく鑑賞に至りました。

で、どうだったかというと・・・


最・高

う~ん、おれのバカバカインキンタムシ、なんでこの映画をもっと早く観なかったんだ。今まで何度となくレンタル屋で手にとっては「やっぱや~めた」と棚に戻してきたことが悔やまれる。実はこの映画、よくある純愛ゲイムービーの類だろうと思ってたんですね。実際みてみるとそんなことはありませんでした。

何が良いって、音楽が最高!いや、音楽というより、曲!そして歌詞!これがもうしんぼーたまらん(何が)ってくらい良かったです。音楽映画好きとして、この作品を今まで見逃していたことが悔やまれます。この歌詞が、オカマであるヘドウィグの純粋な心情をよく表わしていて心に染みますね。特に「愛の起源」という曲を歌い上げるシーンでは胸が熱くなりました。ありとあらゆる感情が1曲の中に凝縮されているんです。壮大なようでもあり、ヘドウィグという「個の存在」も感じさせる、この曲のシーンは素晴らしすぎます。

この「愛の起源」のようなストーリー仕立ての曲って個人的にも大好きなんです。これこそ「詩」だと思うんですね。作り手の気持ちが詩の中のストーリーを通して自分の中に入り込んでくる。曲が文字通り「物語」となっているので、最後まで聞き込んでしまう。そして曲を通して様々なことに思いを巡らせることが出来る。
hedwig-and-the-angry-inch-6.jpg

最近耳にするヒット曲には残念ながらこの手の曲はありませんね。単語を切り貼りしたような歌詞ばかりのように感じます。ものすごいつっこみを受けそうなのを覚悟で言ってしまうと、「さだまさし」の曲なんてどれも叙情的なストーリー仕立てになっていて素晴らしいんですが、なかなか同年代の人にわかってもらえません。学生時代はカラオケにいくと必ず1曲はさだまさしを歌って布教活動をしていたんですが、結局最後まで信者は出来ませんでした。私の歌唱力に問題があったんでしょうか。こんなに良い曲なのに・・・

まぁそんなことはおいといてこの作品、元がミュージカルだけあって、劇中は音楽で埋め尽くされてます。そしてその曲の全てがライブなんですね。これがこの映画の最大のポイントであり、ただのミュージカル映画とは一線を画するところでしょう。曲の合間に少しづつストーリーが展開するんですが、ここがミソです。そのわずかなストーリーシーンにマッチした曲が次のシーンでライブで歌われるんですね。そのライブを眺めながら観客は様々なことに思いを巡らせ、1曲終わるごとに映画にのめりこんでいくんです。
hedwig_angryinch.jpg

ストーリーと音楽が全て繋がっているんですね。これこそ音楽映画の真骨頂でしょう。この手法には目を見張るものがあります。音楽のもつ力と魅力を最大限に引き出した作品だと思います。1曲の「捨て曲」もありません。
hedwig-and-the-angry-inch-1.jpg

単純にストーリーだけみれば特筆するほどのものでは無いかもしれない。しかしながら、キャラクター・ストーリー・音楽・歌詞、その全てが完全に一つの作品として混ざり合って昇華するということが、ここまでのパワーを生み出すことを証明している作品だと思います。

今後は私もオススメする側にまわります。

超オススメ!


「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
★★★★★☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング



明日サントラ買いに行こうw


Wig in a box
↑この曲もメチャメチャ良い。明るくてポップな曲なんだけどヘドウィグの物寂しそうな感じが切ない。トレーラーの窓からみんなして顔だして「さぁみなさんごいっしょに」ってところが最高w

Origin of love(愛の起源)

→サントラ試聴はこちら


スポンサーサイト

Comment

baohさん☆

お~♪
わたしもこれ音楽が好き★
サントラ、当時買おうと思っててそのまんま忘れてた、、、(笑

この映画、三上博史(←あれ?字合ってるかな)
がお芝居でやってました☆彼自身ゲイらしいからすごくハマってる感じ(お芝居観てないけど、、、)
心の葛藤も描かれていて良い作品だったなぁ

>migさん
音楽良かったですね~。早速サントラ買ってしまいました。

そういえば昔芝居やってましたね。日本人がやるとどうなんるんでしょう・・ちょっと微妙かも(笑)

ストーリーと音楽が全部つながってるんですよね。これは良かったです。

こんばんは★

これ、もう超大好きな映画ですよ~。
サントラもDVDもゲット済みです!!(笑)

ヘドウィグも可愛くって、ホント良かった。
男とは思えないほどの美貌・・・。

なにもかもがパーフェクトな作品だと思います。
歌の歌詞もサイコー!!

ウェルカム~も観たんですね。
あの映画も歌は良かったでしょ??(笑)

>マイコさん
ムチャクチャ良かったっす!ヘドウィク可愛いですね。男からみてもそう思います。音楽も最高だし、今でもジワジワきまくってますw

DVDも買おっとw

ウェルカム~は・・・劇中に何度も使われるデケデケデケデケ・・・って音楽が耳について離れません(笑)

こんにちは★

11月は本気で過去記事の添削するつもりです。
なので、かぶる記事があったらトラバさせてもらうかもしれません。

毎日トラバしまくる可能性大なので、迷惑トラバだと思ってスルーしてもらってかまいません!!(笑)

今日はヘドウィグにトラバはらせてもらいますね。

>マイコさん
どもども★

過去記事の添削ですか。私も昔のは相当いい加減なレビューとかありますけど、未だに放置です。たぶん、この先も放置・・w

TB歓迎ですよ!ガシガシ送っちゃってください。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

今年はミュージカルづいてるひらりん。なんかDVDのタイトル・ジャケットがキモい、ロックミュージカル。でもでも、ブロードウェイではロングラン・ヒットしてたとか・・・

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』あらすじ『共産主義体制下の東ドイツにハンセル(男の子)として生まれたヘドウィグ。米軍用のラジオ番組から流れるロックを子守唄に育った彼の夢は自由の国アメリカでロックスターになることだった。ある日、彼は...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。