スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAND BY ME

なんか無性に見たくなる映画ってありませんか?

おれにとってそんな映画のひとつ
「STAND BY ME」
名作です


「映画みるの好き」っていうとよく「ベスト3何?」って聞かれるんですがこの映画は間違いなく「私的ベスト3」にはいる。ちなみにもうひとつはターミネーター2。
この2つはパっと頭に浮かぶんだけど、あと1つがなかなかでてこないっス。

数だけは相当の映画みてると思うんだけども、この上位2つを見たときの感動と衝撃を超えるのには出会ってないなぁ。

やっぱ幼い頃に見た素晴らしいモノってのは鮮烈な印象を残すものなんでしょうか。

そんな「STAND BY ME」
初めて見たのはたしかまだ小学4年生くらいのときだったでしょうか。
「南極物語」以来の感動を覚えた記憶がありますw

サントラを借りてきてカセットテープに録音して毎日聞いてはひとりで

♪ろーりぽっぷろーりぽっぷ ろーりろーりろり ろーりっぽっぷ 
ポンッ
ぼぼん ぼんぼん・・(最初に戻る)



と歌って喜んでました( ´∀`)


このサントラさいこーにイイんですよ。久々に聞こうかな~、と思ってダンボールにぶっこんであるCDの山を漁ってみるも・・・

ない(゚Д゚)

ないないないない・・


どこやったんだ・・と記憶の糸を手繰ってみると・・
そーいや大学の頃友達に貸してそのままだった(゚Д゚)
くそおおお返せやゴラアアアア

また今度買おう(-ωー)


というわけで、久々に見たんですよ。「STAND BY ME」
いやー、やっぱりいつ見ても良い映画ですね。

青春映画は好きな部類なんですが、これは他とはちょっと違うというか。なんつーか、物語を通して「せつなさ」がヒシヒシと伝わってくるんですよね。

ゴーディは亡くした優秀な兄への想いと劣等感の狭間で悩む心。
クリスは貧しい家柄と周囲の偏見の目にも負けず強くあろうとするひたむきさ。
テディは元兵士で気が触れた父に自分の耳を焼かれたにも関わらず、その父を誇りに日々生きているところ。
バーンは・・・特にないかな(w

そんなどこか影のある4人が強がったり、時には弱さをみせて涙をながしたりしながらすすむ物語。

この「せつなさ」がこの映画が他の青春映画と違うところだと思う。

また大人になったゴーディの最後の言葉がいい。

I never had any friends later on like the ones I had when I was twelve.
Jesus, does anyone?
あの12歳の時のような友達は もうできない。
もう2度と・・・



いくつになっても友達はできる。また大人になってもつながってる友達は、高校・大学の頃にできた友達が多いんじゃないでしょうか。

でも、「12歳の時の友達」はもう2度とできない。
言い換えると
「先入観・偏見・価値観などといった目を通さない、バラバラの環境にいる友達」
はもう2度とできない。

年を重ねるごとに、友達って「選び」ますよね。そのつもりは無くても、自分と似た環境で育った人、似た価値観を持った人、気の合う人、そんな集団の中へ自然とはいってしまう。
そしてその中で「友達」を見つける。

だからこそ、長続きするし、生涯の友達になる可能性も高い。


でも小学生の頃ってそんなこと考えずに、色んな環境で育った色んな子供がゴチャまぜになったところで友達を作る。
だから、色んなタイプの友達がいましたよね。

わがままで乱暴でジャイアンみたいなコ、スポーツに熱心で活発なコ、内向的で本ばかり読んでる眼鏡っコ、子供なのにやたら理論的にしゃべるコ、知的障害をもったコ。
皆、友達でした。

でも中学へ上がると、障害をもったコはいつのまにかいなくなってて、それぞれの個性はそれぞれで集団を作って、その中で生活するようになってました。


そういう意味で、「もう2度とできない」。


この言葉が、とてもせつない。
上の意味で言う、「友達の選別」が恥ずべき事だとは思わないんだけど、なんかせつない。


涙はでないんだけど、最高に青春してて最高にせつない、そんな映画。

「STAND BY ME」
★★★★★★



夜の闇が あたりを包み
月明かりしか 見えなくても
ぼくは 怖くは無い
怖くは無いさ
君がそばに いてくれるから
友よ友よ そばにいておくれ
いつまでも ぼくのそばに

見上げる空が 落ちてしまい
山が崩れ 海に沈んでも
ぼくは 泣かない
涙なんて 流さない
君がそばに いてくれるなら

友よ 友よ
いつもそばに・・
いておくれ
いつまでも ぼくのそばに




銃でビックリ

木の上の隠れ家にて

線路を行く




おまけ
チンピラのボス格の「エース」
ちょっとキレた男前のパツキンにーちゃんですが、これが若き日のキーファー・サザーランドって知ったのはごく最近でした。
(24のジャック・バウアー)



Brogランキング
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Comment

スタンドバイミーにジャックでてたの!?!?
まじすかw('Д')

スタンドバイミー。。

パイの部分がトラウマで見れない(。。

>ぷるさん
マジっすw
この映画で注目されたらしい。

おっとこまえよー。

>ぶちょ
確かにこの映画のなかで、あの部分だけ浮いてるねw
よく見ると、全部横からのアングルで顔の後ろからホースなんかでドバーっっと流しだしてるの丸わかりなんだけど(''

わしサントラあるよwやくかい?

良いモノってパッケージごと欲しいので自分で買いますw
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

必見映画 part.6

このカテゴリには絶対観ておくべきとmigが勝手に思う作映画を,60作品までリストアップ中☆{/star/}10or9に値する、"観ておくべき"名作。順不同※好きな作品とは無関係...といっても好きな作品がやっぱり多め♪今日はPart.6です~{/hikari_blue/}{/hikari_blue/

スタンド・バイ・ミー

12歳の夏、誰も大人になんかなりたくなかったんだ。
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。