スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンド・オブ・サンダー

「サウンド・オブ・サンダー」を観た。
soundofth.jpg

西暦2055年。人類の長年の夢・タイムトラベルが可能になった時代。6500年前にタイムトラベルし、恐竜狩りを楽しむという画期的なツアーが人気を集めていた。しかし“わずか1.3gの何か”を過去から持ち帰ってしまったことで全ての生態系に異変を起こしてしまった。

「近未来SFパニック映画」といわれれば観ないわけにはいきません。私の大好物のジャンルです。世評はかなり厳しかったのですがそんなことはお構いなしにレンタルして鑑賞開始。


こ、これは・・・・



なんて安っぽいCGなんだ(笑)

CGで描かれた近未来の街並みを主人公達が歩くんですが、ものすごく違和感がありますよ、これ。なんだか風景から浮き上がってるみたいです。背景つきのプリクラのような映像で笑っちゃいますね。でも役者さんは大真面目でシリアスに演技しているもんだから何だか可哀想になってしまいます。

制作費100億も使った作品らしいのですが、なんでも撮影途中に制作会社が倒産したり、ロケ中に水害に見舞われたりと、何度も制作延期の憂き目にあいながら執念で完成させた作品みたいです。そんなことを知ってしまうと細かい事には目をつぶって、暖かい目で観てあげたくなるのが人情ってものですね。

・・・

・・・・・

ツ、ツマラーーンッ!!

なんちゅう幼稚な脚本ですかこれは。小学生が寝起きで書いたような脚本じゃないですか。

タイムトラベルで過去に干渉してしまったことによって現代に絶望的な変化がおこるってのはいいんですよ。この手のストーリーの王道ですからね。その変化が段階的に「時間の波」によって襲ってくるというアイデアも良いです。
img5_1142913297.jpg

でもね、タイムトラベルをネタにするんだったらもうちょっと作りこんだ設定にしていただきたいんですよ。あの変化の仕方はないでしょう。適当にも程があります。なんで異常進化した動植物だけ突然ワラワラでてくるんですか。人間の変化は一番最後で、人間の作った文明はそのまま残ってるとか意味わかりません。ストーリーは作り手の必然性の無い脳内設定の中だけでゴリゴリ突き進んでいくもんだから観てる側はあっけにとられてしまいます。

思うに、タイムトラベルものって世間一般に浸透してる認識を崩しちゃいけませんね。勝手に作り手の新理論をブチあげてその中だけで話を展開させても、こっちとしては納得できないことだらけです。それも緻密に作りこまれた新理論なら見応えもあるんでしょうけど、こんな能天気パー子さんが作ったようなお気楽ご都合主義新理論じゃ、到底納得なんてできません。勝手に設定妄想して勝手に興奮して勝手に終わっちゃった、メデタシメデタシってカンジの作品でした。


「サウンド・オブ・サンダー」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


e0052736_16154658.jpg

soundofthunder.jpg

スポンサーサイト

Comment

どうも^^
私もほとんど同じような感想ですねw
何か名前負けした映画と言うか、と言うか名前自体からしてB級臭い感じを受けていたが・・・w
タイムトラベラー中に過去のものをいじったりとか持って言ったりとか何ともど素人猿がするかと思えば大の大人が…!子供なら…まぁ微妙に許したるが…何とも稚拙な脚本でしたねw

>KAZUさん
どもども。
これは微妙でしたね。エンタメ大作のような雰囲気を醸し出しつつ、観てみるとB級という。それも狙ってB級にしてるわけじゃないというのが痛いです。設定もテキトーでしたしねw

原作好きな方にとっては映画化は嬉しかったようです。
ワタシはB級には慣れているせいか、意外に真面目なメッセージを
感じました。人類が手をつけてはいけないものがある・・とか?

>パフィンさん
こんばんは~。
この作品は狙って作られたB級映画ではなく、「巨費を投じて真面目につくったのにB級のクオリティ」だったというのが痛かったと思います(笑)

人間が踏み入れてはならない領域だとか、一民間企業の先端技術の独占がもたらす危険性だとか、確かにメッセージとして受け取れる部分もありますね。面白そうになる要素はたくさんあったんですが、魅せ方に難アリ、って印象でした。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『サウンド・オブ・サンダー』

169.サウンド・オブ・サンダー製作年度 2004年 製作国・地域 アメリカ/ドイツ 上映時間 102分 監督 ピーター・ハイアムズ 原作 レイ・ブラッドベリ 脚本 トーマス・ディーン・ドネリー 音楽 ニック・グレニー=スミス 出演 エドワード・バーンズ お...

サウンド・オブ・サンダー

P.ハイアムズ監督、2004年、アメリカ・ドイツ。2055年、人間がタイムトラベルできる技術が誕生し、金持ちを対象にした「恐竜狩ツアー」が開催される。客の一人が6500万年前のささいなものを変化させたために、劇的な生態系の変化に襲われる。昔風のCGがなつ
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。