スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェインズ・ワールド

「ウェインズ・ワールド」を観た。
4988113750578.jpg

ウエイン・キャンベル(マイク・マイヤーズ)はティーンエージャー。オタクキャラのガース(ダナ・カーヴィ)は親友だ。イリノイ州オーロラにある自宅に両親と一緒に住んでいて、ローカルのケーブルTVで自主制作のショーを放送している。

昨日に引き続き音楽映画第2弾ということでこの作品をチョイス。私ってアメリカンコメディに苦手意識を持っていて、今までずっと避けてたんですよ。でもそれじゃイカンと思いなおし「食わず嫌いをなおす」というマイテーマの元、このマイク・マイヤーズ主演のコテコテコメディを鑑賞してみた。

で、どうだったかというと・・・

つ・・・

つまらーーーーーーーーーんっ

あーやっぱ駄目だ。食わず嫌いじゃない、食ってもマズイもんはマズイ。なんですかこれ、全然笑えません。クスリともできませんね。こういうコテコテのアメリカンコメディの面白さが全くもって理解できません。こういうアメリカ人のウケを狙った「おふざけ」的なパフォーマンスって見ててサブイボが出るほど寒いんですけど。ほとんど氷点下ですよ。ウ○コで釘を打とうかと思ったくらいです。

だいたいマイク・マイヤーズの狙いすぎないちびりキャラが気に入りません。あの満面の笑みで寒いおふざけパフォーマンスをする彼を観ていると何だか無性にムカムカしてきて、怒りのあまりX-JAPANのように髪が逆立ってアゴがでそうになりました。生理的にウケつけないんですね。相性最悪ってヤツです。ブッシュとビンラディンくらい相性悪いもんだから、鑑賞中は何度途中で消そうかと思ったかわかりません。

キィィィ、ムカツクこの顔!
waynes_world_2.jpg

劇中は色んな映画やらCMやらのパロディが散りばめられてて普通ならニヤリと出来る場面なのかもしれませんが、怒りが限界突破しそうだった私にとってはこれっぽっちも楽しくありませんでした。しかしながらT-1000(T2の悪役ターミネーター)本人が登場したパロディシーンだけは良かったのは認めます。

そんなわけで、コテコテアメリカンコメディとマイクマイヤーズが好きな人はかなり楽しめる作品でしょう。事実、公開当時はヒットしたし続編も作られてます。マイク・マイヤーズにしてもオースティン・パワーズの大ヒットがありますし、この手のコメディって日本人にも多く受け入れられてるんですね。個人的には面白いどころか、マイクマイヤーズの寒いパフォーマンスと神経に障る顔面を延々観せられ続けただけの、拷問のような90分でした。


「ウェインズ・ワールド」
★☆☆☆☆☆

映画ブログランキング


※マイク・マイヤーズファンの方ごめんなさい。ボロクソ書いてしまいました。心の狭い人間のたわごとだと思って聞き流してやってください。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

baoh様こんばんは♪
TB返しありがとうございます!!
確かにツボがずれると苦痛以外の何物でもないですよね^^;
とても同じ映画のレビューとは思えない正反対の反応が面白く、ついついTBしてしまいましたw

はじめまして

アメリカンコメディは苦手ですか。
でも、マイク・マイヤーズは所詮二流ですからね。
スティーヴ・マーティンの昔の作品やチェビー・チェイス出演作は笑えますよ。うーん、やっぱり駄目かな。
コーエン兄弟の『ビッグ・リボウスキ』なんてどうでしょう。
あるいは、デ・ニーロの『キング・オブ・コメディ』もオススメです。

私は未見だけど髭君は見て怒ってたな( ゚∀゚)
オースティンも面白いけど、いい加減ウンコとかオシッコのネタはなー・・
アメリカンはそういう5歳児並みのネタが好きだな!
そんな私も「シンプソンズ」と「サウスパーク」は今でも大好きだがな( ゚Д゚)

>たおさん
こんばんは~。
そうなんですよ、笑いってツボ外れるとかなりキツいものがありますね。死ぬほどつまらないコントを90分見続けたような印象です(爆)これはキツかったですw

>Yamaさん
はじめまして!お名前はマイコさんとこで存じております(笑)
コメディが苦手と言っても笑えるやつは確かにあるんですよ。演技やストーリーの中での笑いはokなんですけど、こういう狙った笑いというかコテコテのコメディが苦手なんですよね~・・・

最近ではユーロトリップとアメリカンパイで爆笑しました。どうやらお下品な笑いはokなようです(;゚Д゚)・・・

>ぐ~
あ、ひげどんも怒ってた?仲間ハッケンw
そうそう、こういうアメリカンコッテリコメディのネタって幼稚なのが多いね。向こうではこういうのがウけるのかしら。逆に日本みたいなシュールな「間」で笑わせるようなコメディは向こうじゃ理解されないのかなぁ、なんて思う。これは文化の違いですかね。





非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウェインズ・ワールド (Wayne's World)

監督 ペネロープ・スフィーリス 主演 マイク・マイヤーズ 1992年 アメリカ映画 95分 コメディ 採点★★★★ “ロック=バカ” それでいいのである。不満や怒りや願望を声高らかに叫ぶには、最初に理性を捨てなきゃ。ウンチクや屁理屈をこねるロックマニアも多いが、無心に
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。