スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪廻

「輪廻」を観た。
M03117319-01.jpg

35年前の無差別殺人事件を基に映画が作られることになる。渚(優香)は主役の座を手に入れたものの、無気味な幻覚にうなされ始める。一方、女子大生の弥生(香里奈)は昔から奇妙な夢を見続けており……。

怖がらせる為なら・・・

もはや何でもあり

もうね、こういうホラーは駄目でしょ。怖がらせたいのはわかるけど、霊が物質化しちゃったら、それは霊でなくモンスターですよ。どんな駄作心霊ホラーでも、ここだけはキッチリ守られてるポイントだったんですけどね。ギロッっと睨まれたら死蔵麻痺起こしたり、霊に遭遇して恐怖に歪んだ表情が大写しになって場面変わると、既に亡き人になってたりと、決して霊が直接手を触れるような描写は無いのがこの手のホラーのお約束だと思うんですけどね。

それが何ですかこの映画は。ドスンっと霊にぶつかったり、ドーーンって霊轢き殺したり(霊のくせにわざわざ轢かれてもう一度死ぬ意味がわからん)、首締め上げて空中に持ち上げたりともう滅茶苦茶ですよ。こういうのは触れるか触れないかのギリギリのところまで忍び寄ってくるような恐怖がいいんじゃないですか。こういうことされると途端に冷めてしまいます。8ミリビデオの出現なんて超常現象もいいとこです。セロもビックリですよ。
rine.jpg


ここよりネタバレ



そしてストーリー自体も何だか釈然としません。35年前の殺人事件の被害者達が輪廻してきて加害者に復讐するというというのが大筋のストーリーなんですが、結局夢と現実の境界はどこだったの?という疑問が。香里奈(女のこの生まれ変わり)の現実と優香の妄想が途中からリンクしてて、何がどうなったのかよくわかりません。優かの現実としては、撮影現場でヒィィ~と言ってるシーンで終わりですよね(ラストの未完成フィルム上映会から推測)。そこから妄想世界の住人になってしまったはずなんですが、その妄想世界であのホテルに足を運んだ香里奈の現実と混ざりだすからよくわからない。

さらに言うなら弟クンの生まれ変わりである監督はあの場で死んだのか?他の生まれ変わりさん達は霊に乗り移られたかのようなカンジで行方不明になってるような描写だったんだが、監督は撮影中のあの人ごみの中で忽然と姿を消したんだろうか?そして重箱の隅をつつくようで申し訳ないが、あの生まれ変わりさん達はホテルまで徒歩で来たの?なんて疑問が頭によぎったんだが、香里奈がホテルに着いたときにサイレントヒルのような霧がモワァ~って出てたので、あの瞬間から異次元に迷い込んでいたんだろうと好意的に解釈することにします。あ、そう解釈すると一連の謎が解けますね。

①被害者達に憑かれた人たちは全員異次元の世界の住人になる。
②香里奈はホテル前で人形を拾った時から異次元ホテルにチェックイン。
③優香と監督はあの撮影中の「イイヨイイヨ~」と言ってた瞬間にチェックイン。
④監督、香里奈、その他大勢の被害者さん達は現実世界では神隠し。
⑤優香は復讐される側なので死ねずに現世で苦しみ続ける。

こう考えると辻褄があいました。なんだかサイレントヒルにそっくりです。サイレントヒルも日本のゲームが原作なので、日本人って「過去の怨恨が現代で襲ってくる恐怖」が好きなんですね。

鑑賞直後にこの記事書いてるので、書き出した時点では「???」だったんですが、ここまで書いて理解できました(笑)。「頭の中で考えるだけじゃなく、実際に書いてみる」う~ん、どんな映画でも得るものはあるもんですね(違)

それにしても死に方まで輪廻してくるってイヤだな・・・


「輪廻」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング

「イイヨイイヨ~」ここがポイント。
10rinne02.jpg


※ばーさん一般人のくせに色んなトコに出てきすぎ!未公開フィルムの試写会場やら精神病棟やらトップセキュリティなど関係なし(笑)

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

ホラーというよりはいろんな映画の名場面のオマージュサスペンスという印象でしたね、シャイニングとかチャッキーとかゾンビとかw
生まれ変わるの早過ぎだろ!とか、あんな怖い人形誰が喜んで持って歩くんだ!とか、しょうもない突っ込みは死ぬほどできる映画ですがw、「リング」とはまた違った恐怖のループを見せてくれた点は評価できると思います。
因みにこれもリメイクされるらしいですねw

>linさん
あ~、確かに・・・追いかける教授はシャイニングだし人形はチャッキーだしゾンビは・・・そのまんまですね(笑)

なまじストーリーが凝った内容だったので、突っ込みポイントが多すぎるのが個人的には「ちょっとなぁ」という印象でした。怖がらせる為だけのストーリー破綻ホラーなら気にならないんでしょうけど(笑)

心霊現象など映画はよく使いますね

はじめまして
この映画は見たことがありませんが、心はよく映画に使われます。心というより、脳でしょうか。人間は、現在しかなくても、過去も未来も同時に想像出来るようになっているからでしょう。あるいみで不自由で迷惑なものといえますね。

>詩音魔さん
はじめまして。
そうですね、心の変化によって生まれた現実には存在しない世界というのはある意味非常に魅力的な世界なんだと思います。

それによってイメージが刺激されるからこういう娯楽も生まれるんですね。 そしてそれこそが人間が人間である所以だと思います。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪廻

 日本では輪廻転生ブームらしい・・・ほんとですか?

輪廻・・・・・評価額1300円

ハリウッド版「呪怨」で、全米No.1を成し遂げた清水崇監督の輪廻転生をテーマとしたホラー映画。ちなみに「呪怨」の時に、マスコミがやたらと「日本人初全米No.1」を連呼してたが、日本人初の全米1位は1999年に全米興収8600万

NO.162「輪廻」(日本/清水崇監督)

輪廻の迷路に入り込んだ優香の演技に、自分の「金縛り」体験を想起させられた。1972年生まれの清水崇監督は、「呪怨」シリーズをひっさげて、ハリウッドで、自らリメイク、2004年に「THE JUON」を全米3000館以上で、公開した。2週、連続ランキング1位に輝いた。もちろん、

輪廻

やっぱり夏はホラーだな。夏はホラーっての、夏はスイカ!と同じようなもんか。

輪廻

監督 清水崇 主演 優香 2005年 日本映画 96分 ホラー 採点★★ まぁかなり突飛な考えなんでしょうが、例え死んだとしても、誰かが語り続けてくれていれば、それはある意味“生きている”のと変わらないんじゃないのかなと。極端な話、死んだのを誰も知らないとか。逆を言え

輪廻(評価:☆)

【監督】清水崇【出演】優香/香里奈/椎名桔平/杉本哲太/小栗旬/松本まりか/小市慢太郎/治田敦/三條美紀【公開日】2006/1.7【製作】日本【ストーリー】映画監督の松村は、35年前に群馬県のホテルで起こった大量

「輪廻」

 輪廻 プレミアム・エディション「輪廻」 ★★★☆(2005年日本)監督:清水崇キャスト:優香、香里奈、椎名桔平、杉本哲太、小栗旬、松本まりか、小市慢太郎、治田敦、三條美紀 公式サイト

前世の罪は現世で受ける?!

7「輪廻」(日本) この作品を観る一昨夜テレビで「呪怨2」を観た。上映当時はかなり怖いと思っていたのだが、改めて観ると、笑いがこぼれてしまった。その「呪怨」シリーズの清水崇監督の新作。果たしてどんな出来栄えやら。 ストーリーは映画監督松村が35年前に観光

映画「輪廻」(2005・日)

出演: 優香, 香里奈, 椎名桔平, 杉本哲太, 小栗旬 監督: 清水崇 物語:35年前にホテルで起きた大量無差別殺人事件が、映画化されることになる。その製作過程がドラマとなって進んでいくのだが、主演女優に抜擢された渚が、撮影が進むにつれ、35年前の事件と奇妙なつながり

輪廻って怖いの?

ホラー映画邦画ホラー映画初心者のすけきよです。Jホラーシアター第2弾「輪廻」見ました。サブタレイニアンのたおさんは“
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。