スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊写真

「心霊写真」を動物園前シネフェスタにて鑑賞。
sinrei1.jpg

本国タイで大ヒットしたホラー映画。心霊写真を媒介に、登場人物たちを襲う恐怖の数々が戦慄の映像で描かれてゆく。友人の結婚式の帰り道、カメラマンのタンとその恋人ジェーンは、突然飛び出してきた女性を車ではねてしまう。動揺してその場から逃げ去るタンとジェーン。数日後、タンが現像した写真に、女の顔が浮かび上がる。それ以後、2人の周りで次々と恐ろしい出来事が起こり、ジェーンはひき逃げした女性の呪いだと騒ぎ出す。そこでタンはあの時の事故を調べるが、どの病院にも警察にも該当する女性がいないことが判明する。

その恐怖・・・全ては想定の範囲内

ってホリエモンが言ってました。



→この先、微妙にネタバレ&恐怖画像あり。


怖い怖いと評判だったので期待しすぎたのかもしれない。やってることは結局日本のホラーの焼き回しですね。

この映画、とにかく展開が読めます。「コレがこうなって次にこう来る」てのが手にとるようにわかります。タイでは社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなったそうですが、日本じゃ相当マイナーな公開の仕方しかされていないのも頷けるところです。この手のホラーには日本人は目が肥えすぎてるのかもしれませんね。「リング」の大ヒット以来、その類似品が溢れかえりすぎて、最近では「着信アリ」なんて怖がらせたいのか笑わせたいのか怒らせたいのかよくわからない、ネタのような映画まででてくる始末です。「一つ売れたら徹底的にパクって売れなくなるまで類似品で稼げるだけ稼ぐ」という日本のサブカルビジネスの現状を象徴するような作品ですよ。「これやっときゃ売れるだろ」という、秋元康的な作品ばかりです。
shutter_b.jpg

そんなわけで今回の「心霊写真」。この手のホラーに慣れ親しんだ日本人にとっては、怖いというよりビックリするタイプの作品ですね。突然の大音響でビクッとケツが浮くシーンが多いです。私の期待する無性に背後が気になるような恐怖感はイマイチというのが正直なところ。結局でてくるのは貞子だし、長い髪を前にたらしながら上目遣いでズリッズリッってにじりよってくるシーンがでてきた時には正直ゲップでましたよ。
shutter9.jpg

惜しかったのが、夜に車で走っている時、冒頭で轢いた女が横たわっているように見えた瞬間、主人公が猛スピードで走り出すシーン。100Kオーバーで走っている車の窓に女が貼り付いてきたり、消えたと思ったら後部座席に座ってたりなんてのは、ありきたりすぎて怖くもなんともありません。私としては、100Kオーバーで走る車のバックミラーから後ろを確認したら、消えてるんじゃなくて「ムックリ起き上がって猛スピードで走って追いかけてくる」という演出を期待したんですけどねぇ。この私の希望が実現していたらハンパじゃなく怖いシーンになったと思うんですが・・・想像してみてください、死んだはずの↑のような女がものすごい形相をしながらとんでもないスピードで追いかけてくるんですよ、チビるのは小だけではすまないでしょう。

唯一予想外だったのがラスト、「あれ以来首が痛い」と言う主人公をみながら、「どーせ霊が首に手回しておぶさってるんだろ」なんて思ってたんですが、まさか「○○」だったとは!!ここはある意味衝撃のシーンなので伏せておきます。

そんなわけで全ては想定の範囲内で進む物語ですが、良い意味でも悪い意味でも基本に忠実に作られたホラー映画なので、新しい恐怖は期待できませんが、単純にゾッとしたかったりドキッとしたかったりする人にはオススメできる作品です。話のテンポも良いので、100分ほどの上映時間も中だるみすることなく観ることが出来ます。着信アリ観るくらいならこっちのほうが断然良いのは確かなんですが、公開劇場が少なすぎるんだよなぁ・・

この記事を書いている最中、何だか妙に背後が気になりだしたので今夜は電気をつけたまま寝ることにします。劇中より帰ってからの思い出し恐怖のほうが怖かったりして・・・


「心霊写真」
★★★☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


shutter_6.jpg

shutter_5.jpg

あれ、何か写ってる様な・・・(ストーリー中の心霊写真じゃなく、映画のワンシーンですよ)
images.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

Comment

baohさん。
コレ、気になってたのー。
とりあえず近々、借りてみようっと☆

そんなにコ怖くない、、、?のかな??

>migさん
まだ公開中なのでレンタル開始は先になりそうですね~。

うーん、どうでしょう。思うにこういうJホラー的な怖さの映画って家で一人で観たほうが怖い気がします・・・

こんばんは!

いつもありがとうございます!
ごめんなさい、TB、2個行ってしまいました。
そか!怖いんじゃなくて、びっくりするんですね。
そうそう、この映画、びっくりはしましたね。

>猫姫さん
こちらこそ、いつもTBどうもです。
この作品、ビックリはしますけど怖くはなかったですねぇ。この手のホラーはやりつくされた感があります。最初から最後までお約束・・・
もうちょっと新鮮味が欲しいところですね。

こんばんは★

これ、なかなか面白かったですよね~。
確かにおっしゃる通り、それほど目新しきはないのですが、ちゃんとやることやってる、頑張ってる、って気はしましたね。
そう、最後、好きでしたね~♪
あそこだけ、なかなか怖かったです!

>とらねこさん
こんばんは~。
これ、期待しすぎてたのかもしれません・・・わざわざ劇場まで行っちゃったし(笑)

ラストは予想外でした。まさか乗ってるとは・・・・w

特にないんですけど駄目
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『心霊写真』

 悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる 町で見かけたとき 何も言えなかった 卒業写真の面影が そのままだったから 人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたはときどき 遠くで叱って♪ いきなり有名な荒井由....

鑑賞中は寒気増殖「心霊写真」

韓国映画に負けじと頑張っているタイ映画「トカゲ女」に続くタイホラー「心霊写真」を観ました。普通の「心霊写真」を見ているだけでも不気味なのに映画にするとは・・・カメラマンと恋人の車がある女をひいてしまった事から不思議な出来事が。友達の結婚式の後で撮影した写

本物の心霊写真

111「心霊写真」(タイ) カメラマンのタンは恋人のジェーンと共に大学時代の親友4人組の1人、トンの結婚式に出席し、その帰り突然飛び出してきた女性を撥ね、逃げてしまう。その翌日仕事で撮影した写真に女性の顔のようなものが写っていた。その時から二人の周囲で次

心霊写真 (Shutter)

監督 パークプム・ウォンプム/バンジョン・ピサヤタナクーン 主演 アナンダ・エヴァリンハム 2004年 タイ映画 97分 ホラー 採点★★★ 日本中がオカルトブームに沸いていた70年代後半。テレビをつければ必ずどこかで心霊写真特集や恐怖体験談をやっている、ある意味素晴

心霊写真 06年208本目

心霊写真 SUTTER2004年 タイ   パークプム・ウォンプム 、バンジョン・ピサヤタナクーン 監督アナンダ・エヴァリンハム 、ナッターウィーラヌット・トーンミー 、アチタ・シカマーナータイで年間興行収入ナンバーワンを記録し、社会現象を巻き起こしたホラー映...

『心霊写真』(2004)★★★☆☆

『心霊写真』(2004)を観た。友達と一緒に観た。日本での劇場公開は2006年5月20日。女性を轢き逃げした写真家に起こる奇妙な出来事の話。タイでの原題は『シャッター』。タイで大ヒットしたホラー映画…らしい。微

#57.心霊写真

今日は、4月13日、金曜日。ン??13日の金曜日。・・・そうですか、これは、これは。ホラーの祭典が、したくなってしまったわ第一弾。というわけで、’06年日本公開の、タイ産ホラー、『心霊写真』。本国タイで、年間の興行収入第一位を記録した大ヒットホラーだそう
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。