スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラヴァイオレット

「ウルトラヴァイオレット」を道頓堀東映パラスにて鑑賞。
ultraviolet_v1.jpg

21世紀末、近未来。アメリカ政府が発見した謎のウィルスは瞬く間に広まり、世界を変えてしまった。感染した超人間“ファージ”は、通常の人間よりも高い頭脳と運動能力を持つ反面、感染後12年で命を落とす運命を背負うことになった。この驚異的なパワーを秘めたファージに恐れを抱いた人間政府は彼らの抹殺を企てる。一方、生き残ったファージも地下組織を結成、ファージと人間政府の激しい闘いが始まった。

近未来SFアクションには目がないbaohです、こんばんは。この手の作品は観終わった後に清々しいほどに何も残らないという、その潔さが良いですね。90分前後の短い上映時間中、視覚効果のみに注力していかに一気に魅せきるかがこの手の作品の評価の分かれるポイントです。え、内容?なんですかそれ。


そんなわけで「ウルトラヴァイオレット」。マトリックスから始まった「ダークスーツを身にまとったヒロイン」の五番煎じくらいの作品です。衣装なんてキャリー・アン・モスのお下がりを使い回してるんじゃないかというくらい皆似たような格好ですよ。それにしてもイーオン・フラックスとアンダーワールド・エボリューションを続けて公開したのに、まだコレをやるかという感じですね。夏にはX-MENも控えてるし近未来アクション4連コンボですよ。個人的にはとっても嬉しい限りです。

今回もダークな衣装で全編通すのかと思いきや、特殊効果で衣装の色が変わります(笑)これは新しい。
Milla_Jovovich_Ultraviolet_Promo_03.jpg

ultraviolet.jpg

内容といえばウィルスとか政府の陰謀とかレジスタンスとか超人間とか世界の命運を握った子供とか、もうキーワード聞いただけでゲップがでそうな油ギッシュなコテコテSFですね。私って映画でも漫画でもこういうキーワードがでてきたら真っ先に食いついてしまうんですが、毎度毎度同じような作品が作られるってことは、みんな実はこの手のハナシが大好きなんですね。こういうのが好きってちょっと痛いコみたいな気がしてあまり大きな声では言えなかったんですが、これからは自信を持って公言しようと思います。

まぁそんなゲップ映画なので内容はハッキリ言って相当どうでもいいカンジです。そもそもこういう映画に内容どうこうとか言うほうが間違ってますね。「チミはこの映画に一体何を期待しとるのかね?」と問いただしたいです。この作品はミラ・ジョヴォビッチ演じるヒロインの無敵っぷりを楽しむ映画ですね。とにかく強いです。「はんぱね~」なんてナウでヤングな言葉が思わず出そうになるほどの無敵っぷりです。何が凄いって、何十発と一斉発射される弾丸を全て避けるんですよ。これは凄い。このヴァイオレットを悟空とすると、1発避けて1発くらうネオなんてハッキリ言ってヤムチャレベルですよ。あんなので救世主なんて片腹痛いですね。上には上がいるもんです。
ultraviolet-trailer.jpg

ただ、ヴァイオレットが強すぎてアクションシーンが物足りないというのも事実。出てくる敵が全部雑魚というのはいただけないですね。瞬殺すぎて全然見応えがありません。ヤムチャばっかり相手にしてないでフリーザくらいの敵と戦って欲しいところなんですけどね。

冒頭から無重力状態でビルの側面を疾走するシーンはかなり見応えがあったので期待したんですが、肝心のアクションが物足りなかったのが残念な作品でした。


「ウルトラヴァイオレット」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


ultraviolet_5.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Comment

雑魚キャラ

せめて中ボスくらいの強敵がいれば・・・
周りを取り囲んだシーンなんて、
ほとんどギャグですよね(笑)

>kossyさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ホント敵が弱すぎでしたよね~。黒ずくめのガスマスク軍団なんて時代劇で主人公に一斉に切りかかってくる雑兵並に弱かったです・・・

ラストも苦戦するのかと思いきや、アッサリ真っ二つですもんね(笑)

実は

私もこの手のジャンルの作品は好き(笑)
でも肝心のアクションが物足りないのかぁ。
MATRIXも最初は良かったんやけどなー。
今でも覚えてるのは、見終わった後の帰り道
トリニティ気分で原付を飛ばしてたら事故りそうになりました。

うっひょー 見に行ったのね!

これを見るコツは心得てるつもり!

「期待しない」

これだよね!

キング・オブ・B を念頭に。


とはいえ、アクションが微妙だったのねー。

ガンカタ楽しみだったのに。

1作目の印象が強すぎるのかなー。

まあマダ見てないので戯言程度に(’’

>yupuさん
仲間ハッケン!yupuさん意外とB級好き?(笑)
アクションがね~・・・敵に取り囲まれても一振りで全員倒れる様なんてホント時代劇レベルでしたよ。

そして原付でトリニティを演じるとは無茶をw

>桃氏
うっひょー、観にいったよ!
ガンカタっていうか普通に刀振り回してましたw敵が忍者っぽかったり日本刀もってたり、何気に日本風味だったのは好印象だったけどね~。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルトラヴァイオレット

 セクシャルなヴァイオレットはナンバー1の殺し屋だ!

ウルトラヴァイオレット (2006) 87分

 21世紀末、新種のウィルスが蔓延、感染した人間は超人的な知能と運動能力を身につけるが、“ファージ”と呼ばれた彼らは感染後わずか12年で命を落とす運命にあった。ファージの能力を恐れた人間たちは、彼らの根絶を企て、政府によるファージ掃討作戦が開始される。追い詰

『ウルトラヴァイオレット』2006・6・25に観ました

『ウルトラヴァイオレット』?公式HPはこちら ●あらすじ新種のウィルスのせいで高い知能と運動能力・特殊能力を得た超人間“ファージ”。彼らに恐れをなし抹殺しようとする人間政府との攻防戦の中、“ファージ”殲滅の兵器が・・・・・・・・●コラム

ウルトラヴァイオレット・・・・・評価額1250円

ザ・B級。「リベリオン」でSFファンの喝采を浴びたカート・ウィマー監督の最新作は、一言でいってバカ全開。前作は低予算の中にも様式美と格調を感じさせた力作だったが、今回は格調の「か」の字も無い。徹底的にミラ

ウルトラヴァイオレット (Ultraviolet)

監督 カート・ウィマー 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2006年 アメリカ映画 87分 アクション 採点★★ 東洋武術とガンアクションを融合させた“ガン=カタ”満載の『リベリオン』。主演のクリスチャン・ベイルとガン=カタの相性の良さも手伝って、物語の薄味さをも忘れるカ

ウルトラヴァイオレット

(原題:ULTRAVIOLET)【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆)「リベリオン」でガン=カタという素晴らしい格闘術を生み出したカート・ウィマー監督の最新作。ウィルスに感染し超常的な力を手にしたファージと人類の攻防を描いている。近未来の世界。政府が開発して

★「ウルトラヴァイオレット」

女戦士系女優の本家ともいうべきミラ・ジョヴォヴィッチ主演。ひらりん、チューブの「ウルトラバイオレットNO.1」って曲、大好きです。この夏必聴です・・・という事で観て来ちゃいました。

ウルトラ・ヴァイオレット

アクションゲームをプレイしているような錯覚を味わえる興奮の87分。

ウルトラヴァイオレット 主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ 

≪採点(読むなび!参照)≫合計:50点 採点内訳へ≪梗概≫時は21世紀末、近未来。新種のウィルスに侵された世界では、ウィルスに感染した人間「超人間」<ファージ>と、彼らを抹殺しようとする人間政府との間で激

ウルトラヴァイオレット

話がおもしろそうで楽しみにしていましたが、なんじゃこの出来の悪さは・・・と嘆きたくなってしまいました。トホホ。たぶんミラ・ジョボビッチが好きというかファンの方ならまだ楽しめると思います。なんせ美しいミラ姉さんによるミラ姉さんのための作品でしたから。どんな

ウルトラヴァイオレット

2006/アメリカ監督:カート・ウィマー出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ   キャメロン・ブライト   ニック・チンランド   ウィリアム・フィクトナーバイオハザードよりもめちゃ強~いミラちゃん!!←このチラシ、どう見てもヘソのあたりが長すぎやしませんこと?[:汗:

ウルトラヴァイオレット(映画館)

世界を変えた。それでも生き残る――― 君を守るため。CAST:ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 87分ワタシはミラ・ジョヴォヴィッチファンだけど、この映画はおもろくなかった~。彼女の回

綺麗の他にも欲しかった?「ウルトラバイオレッド」

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の「ウルトラバイオレッド」を観て来ました。何故「バイオハザード」という代表作を持っているのにミラはこんな作品に出演したのだろうか?(「バイオハザード3まで待てなかったの?)ミラも綺麗し映像も凝っているけど映画をたくさん観ているも

ウルトラヴァイオレット

ウルトラヴァイオレットを見てきました。まぁ、ある程度先が読める展開でした。というか、いままでのウィルスものと対して変わらない感じがしました。やっぱりこういう映画は、女性ヒーローが見所になってきますね。ミラ・ジョヴォヴィッチは本当にキレイでした。髪が短いイ

『ウルトラヴァイオレット』★★☆・・

安心して観ていられる、最強の殺し屋『ウルトラヴァイオレット』公式サイト原題;ULTRAVIOLET 制作データ;2006米/SPE ジャンル;サスペンス/コメディ 上映時間;87分 監督;カート・ウィマー出演;ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド観賞劇..

「ウルトラヴァイオレット」見てきました。

 今回は近未来映画のアクション映画ウルトラヴァイオレットを見てきました。会社帰りに見るのにはこういう単純な映画が疲れなくて良いので。。。

ウルトラヴァイオレット (ULTRAVIOLET)

カート・ウィマー監督の新作が出るというのでかなり前から注目していた映画「ウルト...

ウルトラバイオレット ULTRAVIOLET

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演21世紀後半 人類は新しいウィルスにより危険に晒されるそのウィルスとは人間をバンパイアに変えてしまう(吸血病)と言うしろもので感染すると吸血はしないが 光に弱く 寿命が短かくなる その為定期的に輸血をしなければ10年で死んでしまいま

[ ULTRAVIOLET ウルトラヴァイオレット ]ジョヴォヴィッチのかっこよさと妙な演出

[ ULTRAVIOLET ウルトラバイオレット ]@吉祥寺で鑑賞タイトルを観た時、「香水」とかけているのかと思ったら、全然違った。今年は、戦うとして女性のオンパレード。ぼくが観ただけでも [ イーオン・フラックス ] [ アンダーワールド エボリューション ]に続いて3作

『ウルトラヴァイオレット / ULTRAVIOLET』☆今年61本目☆

もしかしたら――の予想通り、『イーオン・フラックス』にゲキ似。近未来の世界で、女性戦士が孤軍奮闘頑張ってるんだけど、全く感情移入出来ないストーリーといい、絵になる美しいアクション・シーンといい、本当によく似てる。CGをこれでもか、これでもかと多用するの...

「ウルトラバイオレット」(試写会:中野サンプラザ)

守らなければと思った誰を敵にまわしても戦わなければと思ったどんなに敵が大きいと知っていても現題:「UltraViolet」監督:カート・ウィマー撮影:アーサー・ウォン、ジミー・ウォン出演:ミラ・ジョヴォビッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム、

ウルトラヴァイオレット

新たなガンカタ誕生か?と、思ったら肩透かしだった(笑)妄想感想いきます。

『ウルトラヴァイオレット』・劇場

今日は先日イベントで当たった劇場招待券で『ウルトラヴァイオレット』を観てきた。 《私のお気に入り度:

ウルトラヴァイオレット

製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 94分(劇場公開版87分)監督 カート・ウィマー 原作 - 脚本 カート・ウィマー 音楽 クラウス・バデルト 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、キャメロン・ブライト 、ニック・チンランド (allcinema ONLINE)...

ウルトラヴァイオレット

『ULTRAVIOLET』公開:2006/06/24製作国:アメリカ監督:カート・ウィマー出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド  ダクサス、ウィリアム・フィクトナーウルトラマンの親戚ではないんですね? ←参加してします。ポチッとして頂け...

ウルトラ・ヴァイオレット 06年250本目

ウルトラ・ヴァイオレット ULTRAVIOLET2006年   カート・ウィマー  監督ミラ・ジョヴォヴィッチ  ウィリアム・フィクトナー  キャメロン・ブライト  ニック・チンランド 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴァ、、、上の歯で下唇を軽くかんで、、....

『ウルトラヴァイオレット』'06・米

あらすじ人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴いファージの夫を政府に殺された過去を持つヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。今やファージの地下組織の中でも最強の女戦士と化した彼女は、政府が開発した最終兵器を奪うべく政府のビルに乗り込む・・・。感..

ウルトラヴァイオレット

作品情報 タイトル:ウルトラヴァイオレット 制作:2006年・アメリカ 監督:カート・ウィマー 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム・フィクトナー あらすじ:人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴い、ファー
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。