スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロトリップ

「ユーロトリップ」を観た。
poster-a.jpg

アメリカ在住の大学生スコットは、メールで知り合ったドイツ在住のセクシー美女ミーカに夢中だった。やがてやって来た卒業の夏休み、スコットは悪友3人と連れ立って、ミーカに会いにヨーロッパへと飛び立った。だが、想いは募れど道のりは遠く、ロンドン最強のフーリガンやパリのロボット野郎など、様々な国で強烈な人物たちに行く手を阻まれてしまい…。

「お馬鹿な学生4人組のヨーロッパ珍道中」

などというベタなキャッチフレーズがこれ以上似合う作品はなかなか無い。

これ、面白すぎ!


「アナタに会いたいわ」なんてメル友のドイツ人Mikeから言われた主人公のスコット。Mikeなんて言うからてっきり男だと思って「おれのペ○スはオマエの自由にさせない!オマエとは絶交だ!」と絶縁状を叩き付けたまではよかったが、実は「Mike=ミーカ」という、ドイツ美女だったことが発覚し「ノォォォ」と絶叫するところから始まるこの映画。弁解しようとメールを送るも着信拒否。それならば、と彼女へ直接会いに一路ヨーロッパへ!

イギリスからスタートしてヨーロッパ各地を周りながらドイツを目指すんだが、各国で起こる珍騒動が最高に可笑しい(笑)これがアメリカの持つヨーロッパ諸国への偏見がおもいっきり入ってるから、第三者の日本人として見るにはかなり笑えます。もうはっきり言って開き直ってやりたい放題ですよ。これをヨーローッパの方々が見たら憤慨すること間違いなしでしょう。

ロンドンでは、常時酒びたりでとりあえず暴れまくるマンチェスター・ユナイテッドのフーリガン達。ビール瓶を頭で割るは、フランスサポーターを追いかけまわすは、「イタリアファック!」と連発するはもうメチャクチャ(笑)
eurotrip-4.jpg

パリでは、「ルーブル美術館へ行くぞ!」「オ~!」と言って場面変わるととんでもない行列の最後尾で「エッフェル塔でも行く?行列見に」なんて言ってくれるから笑えます。そして行列の横でパントマイムをしてるパフォーマー(パリといえばパントマイム?)にブルースリーの真似して喧嘩売るシーンも面白い。その横でチベットの修行僧みたいな人がいたんですが、アメリカからみたらアジアは全部いっしょなんでしょう。全然オッケーです。
eurotrip.jpg

「ヌーディストビーチだ!イヤッホォォー」と勢いよく飛び出すも、女は裸目当ての観光客を避けるために非難済み、そこは「男だらけの水泳大会。ポロリもあるよ」状態に。っつーか、ポロリどころじゃありません。モロですよ、いいの?これ(笑)
曰く「世界のソーセージだ・・・」
rev_eurotrip.jpg

アムステルダムではドラッグ(オランダでは合法の)と風俗三昧。
「アメリカじゃ禁止されてる酒だ。幻覚作用があるらしい」蛍光色の酒「アブサン」、こんなの飲みたくない(笑)
eurotrip-2.jpg

「ウヒョヒョヒョ・・・」と過激風俗へ行くと・・・
eurotrip02.jpg

いきなり違う方向のハードな展開に。「ヘルプミー!」
ll-eurotrip-promo20.jpg

電車で襲ってくるホモオヤジはイタリア人。
1euro.jpg

↓この人。確かにこういうベタなイタリア人ってホモっぽいね(笑)
eurotrip-wallpaper-2-800.jpg

ヒッチハイクをして間違って送られたところはスロバキア。スラムのような街並みに、人の手をくわえた野良犬、為替レートの違いから1ドル50セントで豪遊し、チップでわたした5セント玉に感激したホテルマンが「こんな仕事やめだ!これで自分のホテルを建てる!」なんて言っちゃうから、スロバキアの人達に失礼すぎて笑うに笑えません。まぁ笑いましたけど。
eurotrip_2.jpg

他にもバチカン市国で法王が死んだことにしたり、告白の部屋でファ○クしたりと罰当たりこの上ないです。やっとドイツに着いたと思ったら子供がマジックでチョビヒゲ書いてヒトラーごっこしてるという危険なギャグまで見せてくれて大満足。

音楽も軽~いかんじのメロコアからダンスチューンまで流れていいカンジです。下ネタ満載の青春コメディってことで、「アメリカン・パイ」をより洗練してブラックな味付けをしたカンジでしょうか。これはかなり面白かったです。オススメ!


「ユーロトリップ」
★★★★☆☆(ラストがかなりいい加減だったので★4つ。劇中は★5コの面白さ!)

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


冒頭のライブシーンにちょろってでてたボーカル。マット・デイモンに似てるな~と思ってたら本人でした(笑)あれ、ホントに歌ってるのかな?
eurotrip_4.jpg



※劇中にでてきた「幻覚作用のある酒、アブサン」。日本でも買えるみたいですよ。興味ある方はどうぞ(違法じゃないですw)→販売ページ
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

実はこれまだ観てないのです(笑)
気になっていたのはこの作品と「女子高生ロボット戦争」

baoh氏のおかげで重い腰が上がったのでまとめて行かせて頂きます。

面白かったですよ。アメリカン・パイを楽しめる人なら間違いないと思います(笑)

「女子高生ロボット戦争」・・・それに関しては自己責任でお願いします!(笑)

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユーロトリップ

2004年製作のアメリカ映画。全米初登場5位、興行成績$17,718,223。日本未公開の青春コメディ。メールで知り合ったドイツ在住のセクシー美女に会うため、夏休みを利用し悪友と連れだってヨーロッパへ旅立った大学生・スコット。さまざまな国でお色気珍騒動が巻き起こる。アメ
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。