スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア・サンセット

「ビフォア・サンセット」を観た。
beforesunset.jpg

作家ジェシーはパリの本屋の朗読会で、9年前にユーロトレインの中で知り合い、恋に落ちたセリーヌと再会する。かつて再会の日を決めていながら、果たすことのできなかったふたりは、9年分の埋め合わせをするかのごとくお互いのことを語り合う。しかし、ジェシーの帰国便は85分後。ふたりには短すぎる時間だった。

いよいよ個人的本命の(笑)ビフォア・サンセット。「昔恋した相手と時間を経て再会する」というなんだかこう、誰もが経験のある、胸の奥がむずがゆくなるようなシチュエーションを味わいたくて鑑賞。

前作の別れから9年後に再会した二人、映画の中でも9年後だが、現実にも9年たって同キャストというのが感慨深い。まぁ私はたったの1日で彼らの9年間をすっ飛ばして鑑賞したわけだが、彼らを取り巻く環境の変化や、年齢を重ねた容姿を見ていると否応無く「時の流れ」を感じさせられる。
080f9094.jpg

イーサン演じるジェシーは家庭をもち、ジュリー・デルピー演じるセリーヌは未だ独身ながら恋人もいる。だが二人ともあの夜のこと、そしてお互いのことを未だに想い続けていたんですよね。

再会を果たした二人、お互いの9年間を探りあいながら会話が続くんですが、「ビフォア・サンライズ」で見せた青臭さはすっかり姿を潜めています。自分の哲学や恋愛感、そして欲望をストレートにぶつけあった「何も持たない時代」の前作に対して、9年間という人生を送り、様々なしがらみを背負った「大人」になった彼らの会話が味わい深い。
sunset4.jpg

家庭を持ったジェシー、未だ独身のセリーヌ、観客はどちらにでも感情移入できるだろうし、自分の立場がどちらかによっても感じるものがかわってくるでしょう。独身の私としてはやっぱりセリーヌに感情移入してしまった。

あの夜のことを未だに忘れられずに生きてきた自分に対して、家庭を持ち社会的肩書きも手に入れているジェシー。彼女は何を思いながら、あの会場へ現れたんだろうか。未だに引きずり続けている自分は一体何なのか?ジェシーは私のことなど単なる「過去の思い出」なのでは?家庭をもった彼への嫉妬、そんなことを考えてしまう自分への苛立ち、でももしかして彼も自分と同じ気持ちなんじゃないか、これから始まる二人の未来もあるんじゃないか、そんな淡い期待を抱きながらジェシーに会いに来たのかも知れない。
sunset6.jpg

一方のジェシーも、あの夜の出来事を忘れられないんだが、やっぱり彼女とは考え方が違うような気がした。

「息子の為ならどんな試練にだって耐えられる」


この台詞に彼の気持ちが集約されてるような気がした。やはり彼にとってはセリーヌとのことは思い出の1ページであり、未来への登場人物では無かったんじゃないだろうか。文学かぶれの若者だったジェシーは作家となり、あの夜の物語を本にすることで、9年間抱き続けてきた彼女への曖昧な想いにケリをつけたんじゃないだろうか。

そう思ってしまうと、ラストの「最近歌ってないのよ」と前置きして歌い始める彼女のワルツが何とも寂しい。彼女は歌いながら何を想っていたのだろう。そしてジェシーは飛行機に乗ったのか。やはり乗っただろう、と私は思う。彼らはもう別々の道を歩いてしまっているのだから。


「ビフォア・サンセット」
★★★★★☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


beforesunset2.jpg

※オススメ!是非「サイライズ/サンセット」セットでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

サンライズを観たら絶対こちらも観たくなりますよね!
9年後に同じキャストで製作されるなんて粋ですね~
2人のテンポ良い会話、十分楽しめました。
この先どうなったのかな・・・とまた数年後に期待をしてしまうラストでしたね。

TB&コメントありがとうございました。

こんばんわ。
私は最後はもしかしたらジェシーは帰らなかったかも・・・とかも考えました。
そんなこともあるかもなぁって・・・でも二人には爽やかな関係でいて欲しいので乗ってるかなぁ?
そんな風に色想像できるのもこの映画の面白い所ですよね。
ラストのじんわり残る感はとても素敵でした。

>ジュンさん
絶対見なきゃソンですね!っていうか、この続編のシチュエーションを味わいたいが為にシリーズで鑑賞しました(笑)

数年後・・・どうなるんでしょうね~。気になります。

>なななさん
こんばんは!
ラストはどうなんでしょうね~。個人的にはジェシーに残っててほしいけど、それには大きな問題が・・・・

それは運転手さんが待ちぼうけになってしまうこと!(違)

こういうタイプの「観客に託す」ラストは良かったですね。

TBさせていただきました。
前作からこんなつなぎ方できたか!って、
上手いな~と思いました。
現実的な話の流れであり、
彼らは、結婚よりも固い絆の永遠の恋人として結ばれたと思います。

>ぴゅあさん
こんばんは。
お、2作続けてご覧になったんですね!良かったですよね~。この連作は個人的にも最高でした(笑)

あの後二人はどうなったのか・・・そんなことに想いをめぐらすのも楽しみのひとつですね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビフォア・サンセット /Before Sunset

思わぬ経緯で?前作を2度観てしまったけれど、やっと昨年公開のこちらの続編を観た☆「間違ってケースに入っていた」と言うとちゃんと無料で貸してくれたのでした(笑 {/face_ase2/}前作「ビフォアサンライズ」を観なおしていて良かった♪時間の経過と二人の気持ちの比較

「ビフォア・サンセット」

イーサン・ホーク(=ユマ・サーマンの元夫)が主演だったので・・・なんに気なしにDVD借りてみました。2004年製作のラブ・ストーリー、81分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード・・左クリックのままマウスを動かしてね)作家のジェシー(イーサン・ホ

ビフォア・サンセット

昨日のビフォアサンライズに続き、続編のビフォアサンセットを鑑賞しました。あーぁ、結局、半年後に会う約束は果たされなかったのですね。残念ではありましたけど、これについては、ある程度の予想がついていたので納得です。ただ、ジェシーの方が待ちぼうけを喰らっ...

ビフォア・サンライズ&ビフォア・サンセット

「ビフォア・サンセット」は今年の劇場公開時に観ようと思ったんですが、評判の良かった前作「恋人たちの距離(ディスタンス)」(なんちゅう邦題;;)はまだ未見で、先に観ないと!とビデオ探している内にあっという間に終わってしまいました。めでたく2本とも...

ビフォア・サンセット

ビフォア・サンライズの続編 アフター・ザ・サンセットと全く違う映画(笑)ちょっと前の恋愛映画ですが とにかく脚本が凄いこの映画はふたりの会話だけで成り立ってる映画ですパリを歩くシーンは単なる背景だけ 90分リアルタイムで進行ワンカットが長い長い この台詞回

ビフォア・サンセット

【BEFORE SUNSET】2004年/アメリカ 監督:リチャード・リンクレイター  出演:イーサン・ホーク/ジュリー・デルピー「ビフォア・サンライズ」をまず見てからこちらの作品を見ること

ビフォア・サンセット

続きです。この2作すっごい好きかも!9年って絶妙だと思う。ってかセリーヌがすごい可愛くなっててびっくりでした。でもジェシーだけはウィーンに行っちゃったのね!それってものすご~く気まずいですよね。もう半端なく(笑でもそれも仕方ないことです。もしあの時二人が再

ビフォア・サンセット

2004年 アメリカ製作。「ビフォア・サンセット」(★★★★★)原題「Before Sunset」監督:リチャード・リンクレイター出演:イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー前作「恋人までの距離」の9年後。邦題、なんとかならなかっ...

ビフォア・サンセット

好きな女優の一人  ジュリー・デルピー の恋愛映画。大人の恋ですね  ぜひ、前編のビフォア・サンライズと、続けてみて欲しい作品です^...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。