スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1~3月Best&Worst

こないだお正月だったような気がするんですがもう4月です。年々時の経つのが早く感じてヤなカンジですね。

4月といえば社会では新年度の始まりで色々と変化の多い月でもあります。私もご多分に漏れず、大幅な社内人事があり責任ある立場に立たされてしまいました。それに伴って今まで余裕ブっこいてたツケがまわってきたのか、仕事量激増!の憂き目に(;´Д`)ウワーン。その割りに給料は上がらないという鬼の仕打ち。責任と仕事だけ増やして金ださないってどういうことですか。大人って汚いです。まぁ残業増えるから手取りは増えるけどサ・・・

というわけで映画鑑賞数が今までよりも減りそうな予感です(まぁ今までが観すぎの気もしますが)。

今年に入って鑑賞した数が75本。観すぎですね。自分の覚書も兼ねてこの3ヶ月のベスト&ワーストを短評を交えて記録しておこうと思います。今後も(ブログ更新が続く限り)記憶の薄れる前に四半期ごとに書き留めておいて、年末に年間ベスト&ワーストをまとめようかな、と。




というわけで発表。

基本、DVDメインなので新旧関係無しに、今年に入って私が初めて鑑賞した映画でのランキングです(2回目以降の作品は含まず)。
選考基準は、「私の大好きな、何度でも観たい映画」です(タイトルクリックで鑑賞直後のレビューに飛びます)。


Best
1位  旅するジーンズと16歳の夏
鑑賞直後は「なかなか良い映画だな~」くらいだったんですが、日を追うごとにジワジワジワジワとその良さが私の心を侵食していった作品。こんなジワジワ映画なかなかないです。女のコ版スタンド・バイ・ミー?ってかんじの青春映画で、映像もキレイだし、音楽が抜群にイイ!サントラ聴きまくってます。サントラ効果も大きいかも(笑)他の方のレビューを見てると女性より男性の方がウケの良い不思議な作品です。

サントラ試聴はコチラ。全曲順番に流れてイイかんじ。

2位  キャリー
今から30年前に作られたホラーの傑作。映像の見せ方や効果音の使い方、思いっきり持ち上げておいて一気に叩きおとす手法なんかがもう抜群です。クラマックスの炎をバックにキャリーが壇上から降りてくるシーンは鳥肌立ちました。ラストのドッキリシーンは後のホラー映画の定番となった手法。

3位  ハイ・フィデリティ
「男の情けなさ」がユーモラスかつ的確にこれでもかってくらい描かれてて、かなり笑えます。男ならみんな共感できる(?)はず!wジャック・ブラックが脇役だけど最高に良い味だしてます。個人的には「スクール・オブ・ロック」よりこっちのジャックのほうが好き。

4位  髪結いの亭主
もはや芸術の域。映像の一コマ一コマが温かみをもって心に染み入ってくるような作品。内容は重いけど、この雰囲気はツボにはまった。フランス映画特有の雰囲気が好きな人は是非。

5位  アメリカン・パイ
ハイ・フィデリティとは別の意味で男なら絶対共感できるバカ映画w下ネタ満載の青春コメディ。お下劣なだけじゃなく、ホッコリさせてくれる描写もちゃんと入ってるのが好印象。何も考えずに思いっきり笑いましょう。是非シリーズでどうぞ。

6位  運命じゃない人
こんなにわかりやすい時系列イジり作品はなかなか無い。それでいてテンポもよく、登場人物のキャラもたってて笑いのセンスも良い。誰にでもオススメできる良質な娯楽映画。神田クンのキャラがナイス(笑)

7位  ライフ・アクアティック
私のウェス・アンダーソンとの出会いの作品。ユル~い雰囲気に独特の間、ヘンテコな登場人物たちに良質のBGM。全てが絶妙に混ざり合って最高の「ヘンテコ空間」となり、観るものをトリコにする(笑)好き嫌いあると思うけど、私は大好きです。

8位  ファニーゲーム
基準の「何度も見たい」には外れるが、良くも悪くも強烈だった作品。こんなムカツク映画初めてです(笑)これの映画ジャンルは一体何に分類されるんだ?何度も見たくないのに、なんだかクセになってしまいそうな雰囲気をもつ異端の作品。

9位  舞台よりすてきな生活
不妊夫婦とお隣に越してきた足の不自由な子どもの交流を通して、夫婦の心境の変化を心地よい雰囲気で描いた佳作。ケネス・ブラナーの台詞がやたら多いのが印象的。ハッキリとは描かれないけど、人生における重要なことが散りばめられていて心に残る。ラストのいつもの産婦人科で・・のワンシーンが大好き。

10位 天才マックスの世界
ウェス・アンダーソンの初期作品。独特の雰囲気と良質なBGMが心地良い作品。これまた好みがわかれそうだが、マックス青年とビル・マーレイの心の変化が監督独自のテンポで描かれています。ビル・マーレイの「エアコンヴォォン!」のシーンが忘れられないw


別格
サウント・オブ・ミュージック
ジョニーは戦場へ行った

名画の域に達してる作品なので、これをランキングに入れてしまうと上位独占になってしまうため除外。

Worst
1位 フライ,ダディ,フライ
「婦女暴行」という下衆な行動を安っぽいハートウォーミングストーリーを演出する為のただのネタにしか使っていないという最低映画。結局最後まで犯人の反省も断罪も無し。単なる軟弱パパの成長ストーリー。
作り手の思慮の浅さに吐き気がする。

2位 ラスベガスをやっつけろ
テリー・ギリアムの作り出すジャンキーワールドに私の脳もセンスも全くついていけなかった作品。っていうか、ついていきたくもない。ハッキリ言って内容ゼロ。雰囲気とビジュアルと人気役者を楽しむ映画でしょう。途中からつけっぱなしで別のモニターでトリノオリンピック観てました。

3位 なまいきシャルロット
監督のロリコン描写に寒気がする。少女の心理描写は秀逸で映画として良くできていたとしても、ロリコン趣味がキツすぎて帳消し。っていうかマイナス。この世界は理解もしたくないし近づきたくもない。


こんなカンジ。ベストには「ヒトラー最後の12日間」や「ホテル・ルワンダ」なんかの秀作が入ってもおかしくないんだけど、やっぱり「好きな映画」ではないんですよね。繰り返し見たいとも思わないし。

「映画として良くできた評価の高い作品」なんかも入ってないものが多いです。そのへんは各メディアが書けばいいと思うので、一個人ブログのランキングとして「自分の好きな作品」にこだわったつもりです。

次回は3ヵ月後に。


記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング







スポンサーサイト

Comment

とりあえず

昇格おめでとう!( ゚∀゚)
おれにも焼き肉おごってくだs

こんにちは★

3ヶ月で75本って凄いですね。
超ハイペース!!

ジーンズが1位でしたか~!!
なんか意外ですね(笑)
私も観てみたいなぁと思ってたので、干渉が楽しみです。

『運命じゃない人』は、DISCASで上位に予約してるんですが、人気作品らしくなかなかレンタルできません(泣)
早く観たいな。

『なまいきシャルロット』を撮った監督の『ニコラ』って作品は意外にも面白かったですよ。
ダークなカンジがGOOD★

こっちは男の子が主人公だったので、ショタコンかな(笑)

>ぐー
おれがおごるのかw
つーか、給料上がってないっつーの(つД`)

>マイコさん
ジーンズが1位とは自分でも意外ですね~。鑑賞直後はそれほどでもないんですけど、日を追うごとにジワジワくるんですよこの映画。不思議な魅力です。

ディスカスは人気作品はまず借りれませんよね・・そういうのは私は実店舗で借りてます。在庫の少ないマイナー作品なんかが貸し出し中だった日にゃ、近日中の鑑賞は絶望的ですよね・・・返却期限がないというメリットが、こういうかたちでデメリットになるとはw
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。