スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト・ウォッチ

「ナイト・ウォッチ」をMOVIX橿原にて鑑賞。
night.jpg

1992年、モスクワ。妻(マリア・ミロノーワ)に逃げられたアントン(コンスタンチン・ハベンスキー)は呪術使いの元へ行き、そこで彼は自分が特殊能力を持つ“異種”だと知る。光の戦士である“ナイト・ウォッチ”か、闇の戦士の“デイ・ウォッチ”かの選択を迫られる。12年後、彼は光の側で活動しており、ある事件に関わる。

日曜の16時~の回で鑑賞したんだが、何と客は自分含めて5人!少なっ!昨日封切られた映画とは思えない少なさです。周りに誰もいないもんだから、とってもお行儀の悪い姿勢で鑑賞させていただきました。

世界中のクリエイターが嫉妬した、ロシア発の脅威の映像体験。
光と闇のダークファンタジーが始まる・・・


なんて大層な事をブチあげるもんだから、期待してたんですが・・・ハッキリ言いますと、ツマランッ!あんまりつまらないもんだから劇中何度か寝そうになりましたよ。タランティーノが絶賛してる時点で微妙映画だと気づくべきでした。

「マトリックス以来の脅威の映像体験」だとか、「ダークファンタジー」だとか言う割りに、すっげー地味なんです。特殊効果だとか派手なアクションだとかはほとんどありません。そういうのを期待させるような過剰コピーはやめていただきたいです。アンダーワールドのような世界でマトリックスばりのアクションが繰り広げられる映画かと思っちゃったじゃないですか。

ヴァンパイアや狼男などをはじめとする、「異種」と呼ばれる特異能力をもった人間たちが光と闇にわかれて争った後、1000年にわたる均衡を破る、予言にある「ものすごい能力の持ち主」が現れて・・・という筋書きのこの映画。料理次第でいくらでも面白くできそうなものなんですが、何故こんなにつまらないのか。

まず、登場人物の魅力の無さ!これは大きいです。マトリックス風なのはグラサンだけで、ネオの黒いオサレスーツはボロジャージにかわり、ネオを演じた男前キアヌは冴えないただのオッサンに変化しています。

キアヌも怒った劣化ネオ
T0004271.jpg

そしてこのオッサンがしょぼいのなんのって、運命の子どもを救出しに勢いよく敵のアジトに乗り込んだと思ったら、ただの雑魚キャラに半殺しにされるという体たらく。彼は最後まで情けないままです。成長も何もあったもんじゃありません。何で彼が主人公なの?それに他のキャラクター達も相当薄っぺらいです。キャラが薄いとここまでつまらなくなるというののお手本のような作品ですね。

特殊効果やアクションが全然ないのはまぁ仕方ないにしても、「脅威の映像体験」なんて言えたような映像はホトンドないですね。どれもどこかで見たことあるような映像ばかりです。ロシアにすれば凄いことなのかもしれませんが、この手のハリウッド映画が氾濫する今となっては目新しさはありませんね。ネジが落ちていくシーンが唯一面白いと感じたくらいです。

そして内容もとっても地味。「異種」として登場する彼らの能力も全然凄くないし、せいぜい異次元に身を隠して不意打ちするくらいが関の山です。こんなのならそのへんの喧嘩自慢のヤンキーのほうがよっぽど強そうですね。「とんでもない能力をもった運命の子」も、一体なにがどう凄いのか最後までサッパリわかりませんでした。

ディティールなどよくわからない設定も多いし、原作ファンだけ楽しんでくださいね、ってくらいの映画じゃないでしょうか。それでも観たいという人はDVDで十分だと思います。

「ナイト・ウォッチ」
★★☆☆☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


323457view014.jpg

323457view009.jpg

323457view017.jpg

323457view003.jpg

323457view012.jpg


公式サイト

予告編

※似たようなので「アンダーワールド エボリューション」が楽しみ。
10004279508.jpg

公式サイト

予告編
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

Comment

こんばんは。

TBありがとうございます。
ぼくは「アンダーワールド エボリューション」の方がタイプでした。
ハリウッドはその自信からでしょうか、
小手先にこだわらず、
どっしりと構えて映画を作るという気がします。

ドリーム・ウォッチ!??

 TBありがとうございますm(_ _)m

 いやぁ~途中で何度も夢を見てましたw既に序盤から
惹き付けられるモノがなく…何故にこのタイミングでこの手
の映画を製作することになったのか。

 クライマックスがまったく盛り上がらないとゆーのもどーな
んだろと思ってしまいました。

>えいさん
初めまして!
アンダーワールド良いですよね~。どう考えてもマトリックスのパクリの部分が多々見受けられるんですが、その潔さとわかり易さが良いです(笑)

>たましょくさん
私も意識とびそうになりました。このタイプの映画で眠くなるって致命的ですよね・・・w頑張ってるのはわかるんですけど、3部作の序盤だからなのか、設定の細部がよくわからないってのも何だかなぁ、ってかんじでした。

こんばんは

>劣化ネオ

爆笑!
キャラに魅力無かったですね~。
私なんぞは一体いつになったら主役が出てくるんだろうと、ず~っとまってたんですけど、「結局あんたかい!」と突っ込みたくなりました。
アンダーワールドレボリューションは結構本国の評判が良いんで楽しみです。
とりあえずケイト・ベッキンセィルのキャラだけでもこれより数段上でしょう。

>ノラネコさん
あの妙にかっこつけの貧弱オジサンが主人公はないですよね~。次回作で急激に強くなったり、重要な役どころについたりするんでしょうかね?
それにしたって、原作知らない人間にとっては、とりあえずはこの作品が全てなんですよね。原作ファンなら楽しめるのかもしれませんけど・・・

アンダーワールドエボリューション、評判良いんですか!楽しみですね~。

古い記事なので、もしかして私がコメント入れても
baohさんすでに内容すっかり忘れていて困ったりして(*^m^)
そういう印象に残らないつまらない作品ってありますよね。
私はこれ期待大きかったんですよ。
宣伝がよくない!なんか本当にすごそうな言い方してたんだもの。
見たら、魅力的な俳優一人もいないし盛り上がらないしわけわからないし
終わり方も中途半端でがっかりでした。

>ジュンさん
古くても記事にしてる映画は覚えてますよ~。この作品は・・・薄すぎるキャラと劣化ネオが印象深い作品でした(笑)

盛り上がりも中途半端だし、目新しいものもないしでイマイチでしたね。続編は公開されるんだろうか・・・
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』

----ニキータ・ミハルコフがこの映画の監督のことを、「我が国のタランティーノ」と呼んでいるんだって?これってつまりロシア映画っぽくないってこと?「他の言い方では、『まるでタルコフスキーがウォシャウスキーと出会ったかのよう』なんてのもある(笑)。確かに、この

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR

「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」評価 ★★☆☆☆(1.5)『あらすじ』 アザーズと呼ばれる能力者たちは、かつて地上で「光」と「闇」に軍勢に分かれ激しい戦いを繰り広げていた。しかし、終わりのない戦いは軍勢を疲弊させる。この戦いの決...

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR

公開:2006/04/01(2006.4.1鑑賞)監督:ティムール・ベクマンベトフ原作:セルゲイ・ルキヤネンコ出演:コンスタンチン・ハベンスキー    ウラジーミル・メニショフ    マリア・ポロシナ    ガリーナ・チューニナ    ヴィクトル・ヴェルズビツキー    

ナイト・ウォッチ / NOCHNOI DOZOR

『「ロード・オブ・ザ・リング」と「マトリックス」には真の後継者がいる、、、。驚くべきパワーを持った映画だ。』と、「トレインスポッティング」の監督、ダニーボイルに言わしめたロシア映画、いよいよ日本上陸~{/ee_3/}ロシア映画と聞いて思い付くのは、、、「惑星ソラ

ナイト・ウォッチ NIGHT WATCH

コンスタンティン・カベンスキー主演 ロシア ファンタジー映画ユアン・マクレガー の同名ナイト・ウォッチではありません東京ファンタジック映画祭で話題になったロシア映画3部作の1作目配給会社のアメリカ20世紀FOX社が 残虐なシーンがあるので公開を何故か遅らせた・・

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR(ネタバレアリ)

本当はファイヤーウォールを見たかったんだけど、時間が合わずにこれでした。 でも、なかなか面白かったかも。。。 内容は。。。う~ん。。。壮絶なファンタジーって書いてあったな。。。不思議な世界ですね。 闇の戦士と光の戦士。普通は光の戦士がいい奴って言う設定

映画「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」ティムール・ベクマンベトフ/監督

 映画「ナイト・ウォッチНОЧНОЙ ДОЗОР」オフィシャルサイトレイトショーで観てきました。今日は仕事を早めに上がり、レイトショーに何とか間に合いました。 ストーリーは、光と闇とに分かれて戦う異種(特殊能力を持った人間?)たち、光の側のアントンは任務

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 映像革命とは言いがたい 

映画館「ナイト・ウォッチ」

ロシア発の作品ってことで、チョットかなり楽しみにしていました!そういえば、ロシア映画って観たこと無いかも。ソ連時代の作品だったら少し観たことあるけど~。闇vs光ってことで、なかなかいい題材なんじゃないの~!と思っていたのですが。。。え?闇ってヴァンパ...

寒い国からやってきたダークネス

如何にも低予算、と云った映画。劇中で繰り返し流れるセンチメンタルな音楽の使い方含め、何だか日本のSFものを観ている気分に。

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR・・・・・評価額600円

MTV育ちで、カッコいい映像を作る事にしか興味が無い人が映画を作るとこうなる。「ロシア版マトリックス」、「全米大ヒット」などコピーは凄いけど、中身は全く新味の無いB級映画だ。

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR(映画館)

CAST:コンスタンチン・ハベンスキー/ウラジーミル・メニショフ/マリア・ポロシナ/ガリーナ・チューニナ/ヴィクトル・ヴェルズビツキー 他■ロシア産 115分この映画ジャンルは何になるんでしょう?ホラーファンタジー?ですか?とりあえず独創的な特殊映像がいっぱいあ

どこら辺がマトリックスを超えたの?「ナイト・ウォッチ」

結構楽しみにしていたんだよな~...この映画。 .........輦 「マトリックスを引き合いに出すくらいなんだから、 面白いに違いない囹」 と勝手に判断した私が悪いのか...令蓮 この映画が「ロード・オブ・ザ・リング/王の

映画「ナイト・ウォッチ」

ロシア映画「ナイト・ウォッチ」の試写会に行った。 私の正直な感想はズボリ! 「

『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』(映画館)

タランティーノ、ウォッシャウスキー、世界のトップクリエイターが絶賛しているとかで、期待して観にいったロシア映画。簡単に言うと、ダークファンタジー系の「光と闇との戦争」をスタイリッシュに映像化したもの。(3部作の第1作目)人間には、特殊な能力を持った”異種”

[ ナイト・ウォッチ ]ヘタレ、闇の監視人

[ ナイト・ウォッチ ]@新宿で鑑賞。この映画は、僕のツボにはまった。エンターテイメント系ムービーで久々に面白さを堪能した。この映画で、そこまで思う人もそういないと思う。

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR(2004/ロシア/監督:ティムール・ベクマンベトフ)

【新宿オデヲン座】世界はかつて、光の勢力と闇の勢力との間で激戦を続け、破滅の危機にあった。やがて戦いの無益さに気付いた両者は、1000年前に休戦協定を結ぶ。以来、特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”に目覚めた人間は、光につくか闇につくか、それぞれ本人の意志

ナイト・ウォッチ-(映画:今年52本目)-

監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ、マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ評価:65点(100点満点)公式サイト(ネタバレあります)光の世界と闇の世界が入り乱れる混沌と...

古典の設定も、ビジュアルで魅せる●ナイト・ウォッチ

ロシア熱狂の映画。光と闇の対決話。ロシア製、3部作の第1作目。2作目は撮影終了で、公開待ち。3作目は、アメリカで撮影して、全編英語になる予定。

ナイト・ウォッチ

予告編を見て絶対に見たいなと思っていた『ナイト・ウォッチ』をやっと見ることが出来ました。今週だけMOVIXでレイトショー上映です。セルゲイ・ルキヤネンコのベストセラー小説の3部作の内の第1章を映画化し、ロシアで興行収入ナンバーワンの大ヒットを記録した...

ナイト・ウォッチ

★本日の金言豆★セルゲイ・ルキヤネンコの原作小説は「Night Watch」「Day Watch」「Dusk(たそがれ) Watch」の3部作。2006年4月1日公開 ロシア映画ですよ、ロシア!いやあ~私も不勉

ナイト・ウォッチ

ロシア製のマトリクスなんて宣伝文句だったけど気がしたけど全然マトリクスじゃないよ(笑)妄想感想いきます。

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR

製作年度 2004年 製作国 ロシア 上映時間 115分 監督 ティムール・ベクマンベトフ 原作 セルゲイ・ルキヤネンコ 脚本 ティムール・ベクマンベトフ 、レータ・カログリディス 音楽 ユーリ・ポテイェンコ 出演 コンスタンチン・ハベンスキー 、ウラジーミル....

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (Nochnoi Dozor)

監督 ティムール・ベクマンベトフ 主演 コンスタンチン・ハベンスキー 2004年 ロシア映画 115分 ファンタジー 採点★★★ ロシアといえば、『レッド・ブル』。愚痴を聞かされているかのようなイントネーションのロシア語が飛び交うサウナを飛び出し、雪原の中フンドシ姿の

ナイト・ウォッチ

月曜日は海の日で祝日でしたが、月曜日は基本的に仕事があるので、午前中から出社。早めに仕事を終えていたので、夕方には家に戻って夜は借りてきていたDVDを見ていました。ナイト・ウォッチ (公式サイト。ページを開いたとたんにトレイラーが始まって音楽が流れるの

『ナイト・ウォッチ』’04・ロシア

あらすじ舞台は現代のモスクワ。“異種(アザーズ)”と呼ばれる特殊な超能力に目覚めた種族がいる。彼らは“光”と“闇”の両勢力に別れ、かつて世界は両軍の熾烈な戦争が続いていたが、彼らはお互いを監視する協定を結ぶ。人間社会で闇にまぎれて悪事を働くヴァンパイア..

ナイトウォッチ

【Night Watch】2004年/ロシア 監督:ティムール・ベクマンベトフ  出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ、マリア・ポロシナ3部作だなんて知らなかった~~。どうもラストがおかしい
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。