スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレイト・ストーリー

「ストレイト・ストーリー」を観た。
straight.jpg

アルヴィンは、娘と2人暮らしの老人である。その彼のもとに兄が心臓発作で倒れたと連絡が入り、彼は時速8キロのポンコツトラクターで、兄のもとへと向かう。

リンチ祭りもこれにてひとまずお開き。

敢えてこれを最後にもってきました、「ストレイト・ストーリー」。

しみじみ・・・

なんとも穏やかな、心地の良い映画ですね。いやらしいリンチもこれで改心したのかと思ったら、この次がマルホランドドライブですもんね。全く改心してません。一体どういう意図でこの映画とったんでしょう。ファン層がマニアックになりすぎたので、新たなファンを増やすための新規開拓営業か!?などと、下衆の勘ぐりをしたくなるような、それまでのリンチの作品とは似ても似つかない心温かくなるハートウォーミングな作品ですね。

あの手この手で心の奥にあるこそぼゆい部分をつっついてくるんです。そのつっつき方が、またベタで(笑)おじいちゃんの旅の途中、色んな人達との出会いのエピソードが散りばめられてるんですが、これが「ちょっともう、リンチさんったら!」と照れ笑いしながらつっこみたくなるようなベタっぷり。

「家族に嫌われてる」と思い込む思春期の家出少女に家族の愛情と大切さを説くエピソード、少女の去り際の「まとめた枝」なんて、観ててこっぱずかしくなってしまいますね。喧嘩ばかりの兄弟のエピソードもそうだし、バーで戦争体験を思い出すエピソードなんか、ベタすぎて涙がでます。ホントに涙がでそうになりました。
110571b5.jpg

そんなエピソードの一つ一つが、おじいちゃんの体験を元にした、人生の教訓のような意味合いを含んでいます。いや、細かいエピソードもそうですが、時速8キロで長い長い道のりをゆっくりと、様々な困難を乗り越えながら淡々と進んでいくこの物語自体が、「人生」を物語ってますね。

家族との絆、人とのつながり、助け合って、支えあって人生を旅する。つい忘れがちになりそうな、何気ない大切なこと、それをこの映画は改めて感じさせてくれます。
straight_story.jpg

それにしても良い映画でした。後からジワジワくるタイプの作品ですね。エンドロールでさだまさしが流れてきたら、いかに私の強固な涙腺といえども決壊していたかもしれません。リンチにこんなさだ的要素があったとは驚きですね。こういうのは大好きです。もっと撮ってください。

心の奥底にある歪んだ「負」の感情を描ききれる人にとっては、こういう「正」の感情を揺さぶる術にも長けるのは至極当然のことなのかもしれません。


「ストレイト・ストーリー」
★★★★☆☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


straight2.jpg

TheStraightStory01.jpg

unclestraight.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 今日見たDVD
ジャンル : 映画

Comment

非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。