スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDとHD DVDに思うこと

ほんとはブルーベルベットを観る予定だったが、リンチの毒気にやられたのかちょっと頭の調子が悪い(頭痛)ので今日は休肝日ならぬ休映日に(笑)

というわけで、以前からずっと気になってることを知識不足を恐れずに書いてみるw

BDとHD DVDの次世代DVDの争いは映画ファンとしてずっと注目してるんだけど、統一規格が決裂してからというもの、完全に消費者おいてけぼりの企業間の争いに終始してますよね。市場が世界規模な上に、優位にたった側がこの先長期間(それこそ10年単位で)にわたって、映像に関するあらゆる分野での圧倒的優位が約束されるんだから、企業側が必死になるのは当然っちゃ当然なんですけど。

私としてはHD DVDに頑張って欲しいところなんですけどね。というのも、HD DVDは現行のDVDと互換性があるので、HD DVDプレイヤーで今のDVDも再生できるっていう利点があるんですよ。対してBDにはそれがない。BDが主流になった場合、今のDVDプレーヤーと2台もってないといけないということになる。過去のソフトでBD対応になるソフトなんて限られてるだろうし、そもそもHD DVD側についた映画スタジオのソフトはそう簡単にはBD対応にしてこないだろうし。

争い当初は、その互換性の高さから「HD DVD有利」な雰囲気だったんだけど、現状ではどうもBDが強そうにも見えてくる。その最も大きな要因として、PS3の存在がある。発売時期が今春から今秋(11月)に延期になったばかりだが、現行のDVDの普及に一役買ったPS2のことを考えると、PS3にもメーカー側は当然そのBD普及の重要な牽引役として位置づけているのは間違いないだろう。

要は「再生フォーマットを普及させたもん勝ち」なんですよね。そういう意味でPS3は圧倒的破壊力がある。現在発売中のX-BOX360がHD DVD対応ドライブの発売を決定済みであり、今月から北米でHD DVDプレイヤーの発売が決まっているという、現状ではHD DVD陣営が先行してるようにも見えるが、この時期にPS3発売を自重してきたBD陣営がかえって不気味でもある。ハードの量産体制の整備と、デジタルインターフェース(映像・音声の信号化)の対応の遅れからの発売延期とされているが、「少々先行されたところで十分ひっくり返せる」という自信が見え隠れするのは気のせいだろうか。

PS3への圧倒的自信に加えて、ソニーピクチャーズの抱えるソフト攻勢もその自信の裏づけだろう。ディズニーはBD寄り、ワーナーはHD DVD寄り(現在は中立)など、各ハリウッドスタジオがそれぞれの立場を明確にしつつあるが、最終的には「売れてるほうにソフト供給の力を注ぐ」という企業として当然の成り行きになるだろう。一方に力が傾きだしたら、もう大勢は決したも同然。

そういう意味でも、ソニーピクチャーズの存在が強力なのである。大勢を決するための手持ちの駒が強い。BD陣営とHD DVD陣営とでは飛車角VS金銀くらいの差があるんじゃないでしょうか。

その企業間の争い自体は興味深いし構図がハッキリしてるので見てて面白いんだが、消費者側の立場からすれば迷惑この上ないだけなんですよね。まずプレイヤーの選択からして頭が痛い。北米で今春発売されるHD DVDプレイヤーで499ドルですよ。日本円で5万強です。5万だして、1年後には「競争負けちゃいました、テヘッ」とか言われたらたまったもんじゃありません。PS3にしたって予想価格で4万弱くらいです(ちなみに初期コストは10万!)。見たいソフトが両方で発売されないことだってあるでしょう。まぁ当初は現行DVDが主流で発売されるのは当然ですが、次第にどちらかに偏っていくのは明白です。

消費者も辛いですが、一番辛いのはレンタルビデオ店でしょう。両ハード対応のソフトを陳列してたら単純に面積が2倍という苦しみが(笑)これは辛い。小売店にも同じことが言えますね。売り場面積が2倍に加えて、在庫も2倍という2重の苦しみ(実際は入荷本数で調整するだろうが、それにしたって売り上げに影響するのは明白)。

はっきり言って、消費者にも小売店にもレンタル店にも、この問題はかなり深刻でしょう。統一規格の望みが絶たれた今、一日も早く大勢を決してくれるのを祈るばかりです。

「発売と同時に買いたい、けどどちらか一方しか買いたくない!」という人には、私はBDをオススメします。PS3もあるしね。VHSとβの争いでは敗北したソニー陣営ですが、次世代DVD戦争では勝利濃厚というのが個人的予想です。ただ、HD DVDは現行DVDの規格にも対応してるので、もってても損はないかも?まぁ両方買えれば一番良いんでしょうケド・・・(泣)


記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


4/11追記
BDプレイヤーでも現行DVDの再生はできるみたいです!詳しくは下記コメント欄参照。

こういう記事はちゃんと勉強してから書くべきでした(苦笑)
スポンサーサイト

Comment

HD DVDがDVD互換でそのままDVDが見れるってのは間違いです。
Diskを作る技術に互換性があるので安くDiskが作れるって言ってるだけです。
HD DVDも青色レーザーなわけで赤色レーザーのDVDを見るにはBDと同じくドライブに赤色レーザーピックアップが必要なので結局どっちでもいままでのDVD見るのには互換性なんでありません。

コメントありがとうございます。

Diskの構造が現行DVDとほぼ同じなので、設備投資が安く済み、おっしゃるように安く作れるっていう利点と、プレイヤー側も青・赤の読み取りを切り替えるだけ現行DVDの再生がHD DVDプレイヤーで可能になる、ということですね。当然、今後発売されるプレイヤーには赤青両方読み取れる仕様で発売されるでしょう。

対してBDは構造そのものが違うため、読み取りを切り替えるだけでは再生できない、ということじゃないでしょうか?

一応公式のソースおいときます。
http://www.toshiba.co.jp/hddvd/hddvd/hddvd_2.htm
http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/hddvd/hd-xa1/02.html

認識が間違ってたら遠慮なくご指摘下さい~。

現在市販されているブルーレイのレコーダーでもDVDは視聴可能です。
http://www.sony.jp/products/Consumer/BD/technology/operation.html
結局はピックアップを2組付けることにが変わりないのでBDもHD-DVDも従来のDVDを見るのには関係ないってことじゃないでしょうか・・・

全くもって知識不足でした!お恥ずかしい限りです。
BDプレイヤーでも対応可能なんですね。ってことはますますもってBD優勢の予感・・・
色々調べてみると、同じような勘違いしてる方、結構いるみたいですね・・・早いうちにご指摘いただきありがとうございました。

記事のほうにも追記しておきます。
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。