スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテン

「ブロークバック・マウンテン」をナビオTOHOプレックスにて鑑賞。
brokeback_mountain.jpg

1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)は羊番の仕事を始める。たまたま一緒に組んで仕事をしていたジャック(ジェイク・ギレンホール)との間に友情が芽生えるが……。

ほんとは南極物語を見たかったんだけど、夕方まで日本語吹き替え版しか上映しないとのことで、クラッシュかブロークバック・マウンテンか悩んだ末、こっちをチョイス。

作品賞はクラッシュが受賞したけど、なんだかホントはこっちのほうが優れてるような雰囲気だったので、どんなものかと鑑賞。


う~~ん、こりゃアカデミー作品賞は獲れないわ(笑)同性愛をここまで美しく、見事に描ききった作品はなかなかないんじゃないでしょうか。劇中で描かれるアメリカ南部の異物(同性愛)を排除する雰囲気とアカデミー賞の保守的なイメージがかぶってしまった。そんな保守的なアカデミー賞でも、ノミネートしないわけにはいかないほど、この映画は素晴らしかった。

まぁクラッシュは見てないので、二つの作品を比較してどうこう言えないけど、世界各国で賞を総なめにしてるというのも頷ける作品です。

そんなこの作品、単純に「同性愛がテーマ」と枠付けてしまうのは安易すぎる気がします。観ていて「男同士の深い友情と愛情は紙一重」と感じてしまった。

現にこの映画、主要キャラであるイニスとジャックはもともとゲイではない。羊追いの季節労働者として、ブロークバック・マウンテンでの厳しい環境の中、たった二人で昼夜を共にし、友情を育んでいく。そんな過酷な環境の中、どうしようもなく人肌恋しくなることってあると思うんです。そんな時、隣にいる親友と衝動的に愛し合ってしまう・・・しかしその出来事の後も「おれはカマじゃない」「あんなことはあれっきりだ」などと言うほど、二人は頭では関係を否定するんです。
103652__brokeback_l.jpg

ジャックはそれから男に目覚めた節が見受けられる描写があったが、イニスに関しては最後までジャックだけなんですよね。一線を超えてしまった深すぎる友情、しかし自分には妻も子どももいる、その狭間で苦悩するイニスの描写が実に痛々しい。

個人的には、やっぱりこの二人の間にあるのはあくまで「友情の延長線上にあるもの」だと思えてしまうんです。少なくとも、イニスに関してはそう感じる。単に男が好き、という同性愛ではなく、ジャックのみへ向けられる「深すぎる友情」。それは親友という枠を超越した存在。「もし自分がイニスの立場だったら・・」と思うとやりきれない。同性愛者かどうかなど関係なく、そう思えてしまう。友人を持つものなら、イニスへの感情移入は容易いんじゃないでしょうか。

しかし、他から見ればそれは疑いようのない同性愛。同性愛者はリンチにかけられて殺されるほど、「異物」に対して排他的なアメリカ南部の、古い時代に生きる二人にはその現実は重過ぎる。

そんな時代の中、足掛け20年にわたって描かれる二人の物語。そこには性別を越えた愛が確かにあった。鑑賞中は同性愛とかそういう意識はどこかへ消え、完全に作品へ入り込んでしまった134分だった。

「ブロークバック・マウンテン」
★★★★★☆

記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング


brokeback-mountain-3.jpg

michelle_williams_brokeback_mountain.jpg

劇中で夫婦役だったイニス(ヒース・レジャー)とアルマ(ミシェル・ウィリアムス)。この競演がきっかけで結婚したとか。実生活では男に獲られないように気をつけてください(笑)
happiness_michelle.jpg

43413_michellenba2.jpg


ヒース・レジャー 1979年4月4日生まれ
ジェイク・ギレンホール 1980年12月19日生まれ

年下かい(゚Д゚)!これがこの映画で最も衝撃的だったw
スポンサーサイト

テーマ : ブロークバック・マウンテン
ジャンル : 映画

Comment

ばおたん、大人になったな・・・・(意味不明


わしも髭と一緒に観に行こう

>ぐー
おっ、大人の渋みでてきた?駄目だよぐーたん、旦那いるのに(違)

ゲイの映画は別に嫌いじゃないよwただ、必要以上に美化された「真実の愛」は食傷気味だったのよ。

この映画って、あんまりゲイゲイしてないんよね。そこがよかったのかも。南極物語の代わりに、何の期待もせずに観たってのも大きいがw


TBしていただいたようでありがとうございます。
すごく期待していた作品だったので、期待以上のものをもらえて嬉しい気分です。
baoh さんの感想も興味深く拝見させていただきました。
他の記事も読ませていただきますねー。

>つぐみさん
こんばんは、初めまして!コメントありがとうございます。
期待以上の作品ってなかなかないですよね。私はそれほど期待せずにみてしまったんですが、思いっきり入り込んでしまいました。
良い映画ですね。

上手くいえない

TBありがとうございました。
うまく言い表せないけど、静かに深く心に沁みてくる映画でした。
息苦しくなってしまうくらいです・・・。
見終わって、私としては、「クラッシュ」の方が作品賞として
妥当だとは思いましたが、素晴らしい映画だと思います。

>kinoさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
息苦しくなる・・・ホントその通りだと思います。
なんともやりきれない物語でしたね。

愛って

言葉を誰かに向けて言うのがまだまだ恥ずかしいさわわですこんばんわ!
お久しぶり?ですー!
baohのおっしゃるとーりイニスの愛は同性愛ではなく友情が愛情にパワーアップしたんだと思います
誰かを大切に思うことが後ろめたいことだったなんて悲しいですよね・・
なんとも切ないお話でした

愛って

言葉を誰かに言いたいbaohです、こんばんは(笑)

観られましたか!切なかったですね~。単純な同性愛の美化という映画になっていないところが、より入り込めた原因のように思えますね。

悪くなかったんですが、最初の行為に到る過程が物凄く早!(で、行為自体も早w)
何故友情があんなに唐突に変わるのか、という所が引っ掛かってしまいました。終盤は良かったです、オスカーの作品賞は「クラッシュ」が妥当なラインでしょうねw

>linさん
>>最初の行為に到る過程が物凄く早!(で、行為自体も早w)
私としては、凍え死ぬような寒さの中からテントに移ってジャックの肌に触れた瞬間、長期間にわたる過酷な環境からの人肌恋しさや、密着感から生まれる単純な性欲が衝動的にでたあげくの「フンッ!」だろうな、と受け取ったので、あまり気になりませんでしたね~。

それよりも、「そんなあっさりはいるもんなの?」という疑問のほうが強かったです(爆)行為自体が早かったのは、やっぱりたまtt(以下自主規制)



確かに・・・

後半はもう「同性愛」とかいった異質な感じはまったく受けずに、
「ストレートな純愛」として観ていましたね。
愛の形って、ホントさまざまなんですね~。

>伽羅さん
あまりゲイって意識せずに見せられたってかんじですね~。おかげで感情移入しやすかったです。

でも、奥さん側に感情移入した人には微妙映画でしょうね(笑)

TBさせて頂きました

こんにちわ。
本当に切なさが心にしみる映画でしたね。でも同性愛を扱ったからオスカー逃したのでしょうか? 「フィアデルフィア」はあまりラブシーンがなかったからオスカーとれたのかな? でも、もうそんなことどーでいいです(笑)私にとって、この映画は宝物になりました。DVD買おっと!

>Bohさん
コメントありがとうございます。
オスカーは・・どうでしょうね。同性愛云々はあくまでうわさレベルですからね~。ただ、作品賞と監督賞で受賞作がわかれたのもそのへんの理由が見え隠れする気もします。

クラッシュ見てないのでなんとも言えませんけどね~。ま、一映画ファンとしては賞のある無しなんて感想には関係ないんですけどね(笑)自分の良いと思ったものが一番です!

はじめまして!

こんばんは!
今更ですが、『ブロークバックマウンテン』見に行ってきました♪
映画館でも感極まりましたが、帰宅してからも何度も思い出して涙が溢れてきました。
日常では乏しい感情が、揺さぶられた映画でした。
ブログに載せましたのでTBさせて頂きます。
よかったらくっつけに来てくださいね☆

>みっしぃさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
この映画、ハマる人は相当ハマるみたいですね~。何度も観にいってる人、結構いるみたいです。感情を揺さぶられるって素晴らしいですよね。

遅ればせながら…

ようやく観てきました。。
ずいぶん以前の記事にすびばせん。(^^;;;

>ゲイの映画は別に嫌いじゃないよwただ、必要以上に美化された「真実の愛」は食傷気味だったのよ。

なんとなく、わたしもそんな感じかも。
実はわたしは感情移入ができなかったんですよー(-_-;)
だから、みんな絶賛しているのに、自分はどこかが鈍いのかと思ってなかなか記事が書けなかったりして。(^^;;;
もちろん普通に感動はしたけど、個人的に心に迫って来なかったんですよね。
なぜなら彼らには苦悩はあっても、他者への配慮が感じられなかったから。。
すごく排他的な時代背景での禁断の愛とはいえ、あまり同性愛と関係なく普通の恋愛映画として観てしまって、そのことがすごくひっかかってしまったんですよねー
でも1人になってからのイニスの寂寥感漂う様や、ブロークバック・マウンテンの美しさには感動したんですけどね。(^^;;;

>ルールーさん
お久しぶりです~こんばんは。
主役二人に感情移入できなかったのなら感動しにくいでしょうね。特に嫁さん側に偏ってしまうとまずアウトだと思います(笑)

男二人に感情移入すると「大切な家族に迷惑かけても捨てきれないほど深い愛情なのかなぁ」なんて好意的に解釈してしまいますし。娘とのつながりは最後まで大切にしてたようなので、そういう意味ではまだ救いがあったかな(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ブロークバック・マウンテン」全米で大絶賛・・??

ストーリー: 1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)は羊番の仕事を始める。たまたま一緒に組んで仕事をしていたジャック(ジェイク・ギレンホール)との間に友情が芽生えるが……。 

期待ほどでは・・・ 「ブロークバック・マウンテン」

評価:80点{/fuki_love/}ブロークバック・マウンテン良かったんですけどね。でも、私の中で、アカデミー賞総なめにするほどは、はまらなかったですね。個人的な問題かもしれませんが。でも、結構切ない。あまりゲイの物語だということが気にならない普遍的な愛の形を描い

ブロークバック・マウンテン

第78回アカデミー賞 監督賞 脚色賞 作曲賞 祝受賞!個人的には作品賞も該当すると思っていたので番狂わせ。賞をとる、とらないにこだわらずに言えば、とても良かったと思う。まず個人的に物凄くこの作品に対しては偏見があったみたい…苦笑どうもゲイの性描写には受け入

古典的恋愛悲劇「ブロークバック・マウンテン」 (レビュー)

3月10日追記:結局作品賞、とれませんでした(詳細こちら)。これは「ハリウッドの

ブロークバックマウンテン/BROKEBACK MOUNTAIN

ゴールデングローブ賞主要4部門受賞、2005年ヴェネツィア国際映画祭受賞、もうすぐ発表されるアカデミー賞作品賞初め、最多主要8部門ノミネート、等々、、、、とかなりの賞を受賞&ノミニーされていると言う事で、実際はどうなの?? 自分はどう感じるかアカデミー賞発表前

ブロークバック・マウンテン

【映画的カリスマ指数】★★★★★ 唯一の場所・・・そこで生まれた唯一の愛

「ブロークバック・マウンテン」は繊細な愛の物語

 久しぶりにほぼ満席の映画館(京都シネマ)で映画を観た。待望の「ブロークバック・マウンテン」(アン・リー監督)。ベネチア映画祭でグランプリを獲得するなどして、アカデミー作品賞の大本命だったが、監督賞にとどまった。カウボーイの同性愛という極めて特異なテーマ

「ブロークバック・マウンテン」 そこだけが自分でいられる場所

第78回アカデミー賞 監督賞受賞作、「ブロークバック・マウンテン」大阪では本日から公開です。ミニシアターでは満員だろうと思い、シネコンに行ったところ、プレミアスクリーンで通常料金上映。ラッキー!お客さんの入りも6割くらいで、肩透かしな気分でした。1963年のワ

自分の幸せは自分にしか解らない。『ブロークバック・マウンテン』

羊番の仕事を通して知り合った、ふたりの男性の物語です。

ブロークバック・マウンテン

この映画の牧羊風景や、西部の田舎町の閉鎖的な雰囲気はアメリカ人にどのくらいリアルに感じられるものなのかな。ハリウッドデビュー作「いつか晴れた日に」を観た時にも思いましたが、事前にアン・リーの映画と知らなかったら、監督が台湾で映画を撮っていた...

ブロークバック マウンテン

満足度★★★★思い合うことに理由なんて存在しない。苦しい年月を経て、ようやくたどり着いた2人の家。ここでは2人を隔てるものは何も、ない。あらすじ1963年・ワイオ

『ブロークバック・マウンテン』 2006・3・19に観ました

『ブロークバック・マウンテン』  公式HPはこちら ←クリック●あらすじ1963年、ワイオミングのブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者(羊番)として雇われたイニスとジャック。彼らは大自然の中で一緒の時間を過ごす内に深い友情を築いていく。しか

ブロークバック・マウンテン

3月18日から上映が始まってる 「ブロークバック・マウンテン」。 ストーリー 牧場の季節労働者として一緒に働くことになった20歳のイニスとジャック。 山でキャンプをしながら働く2人は友情を深め、自然な形で肉体関係を持つ。 やがて、2人は別れるが、4年後、ジャッ

ブロークバック・マウンテンで見る世界014●能ある鷹は爪を隠す

当事者意識の有無による「感じかた」の違い  LGBT雑誌「yes vol.2」に掲載されていた「クローゼットの闇に迷い込まないための、ブロークバック山の案内図」という記事を読み、どうし

ブロークバック・マウンテン(映画館)

はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった―――CAST:ヒース・レジャー/ジェイク・ギレンホール/ミシェル・ウィリアムズ/アン・ハサウェイ 他■アメリカ産 134分いや~あんな、はげすぃ~い男同士のキスシーンは初めて見たかも!?もっと性描写があると思ってたけど、

ブロークバック・マウンテン - BROKEBACK MOUNTAIN -

<ストーリー>1963年、イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たす。ともに20歳の二人は牧場主のジョー・アギーレ(ランディ・クエイド)

ブロークバック・マウンテン

本日1本目は心待ちにしていた『ブロークバック・マウンテン』です。ホモのカウボーイの話だとか・・・はたして私には受け入れられる映画だったのでしょうか・・・?1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャッ...

【劇場映画】 ブロークバック・マウンテン

≪ストーリー≫1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャックはともに20歳の青年。対照的な性格だったが、キャンプをしながらの羊の放牧管理という過酷な労働の中、いつしか精神的にも肉体的にも強い絆で結ばれていく

ブロークバック・マウンテン

先日行われた第78回米アカデミー賞で、3冠(監督賞、脚色賞、オリジナル音楽賞)に輝き、各映画賞を総ナメした超話題作!!STORY:1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。そこで羊の放牧の仕事を一緒にすることになった、イニス(H・レジャー...

「ブロークバック・マウンテン」

 オリジナル・サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン「ブロークバック・マウンテン」 ★★★☆BROKEBACK MOUNTAIN (2005年アメリカ)監督:アン・リー脚本:ラリー・マクマ

自分を解放できる愛に縛られた2人●ブロークバック・マウンテン

作品としては、『真夜中のカウボーイ』に似ていても、扱っているテーマは、『あらしのよるに』や、『フィラデルフィア』に近い、珠玉の作品。↑のポスターで、白いテンガロンハ

ブロークバック・マウンテン

 たまってるのなら羊を・・・って昔の小噺にいっぱいあったなぁ・・・

★「ブロークバック・マウンテン」

ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞で話題をさらった作品。アカデミー賞ではアジア系初の監督賞を受賞したアン・リー監督作品。主演はヒース・レジャー。 

ブロークバック・マウンテンの評価について

 これほどさまざまな評価が出現する映画も珍しいのではないかと思うくらい、みなさんいろいろな意見を表明しております。 私なりにざっと感想文を見てみると、基本的には以下の3つの階層に分化しているように思います。① 映画をジャックとイニスの純愛映画と見る階層。

映画「ブロークバック・マウンテン」

原題:Brokeback Mountainアメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテンでの二人の男の運命的な出会いから20余年の友情を越えた禁断の愛の哀しい物語・・・。 寡黙なイニス・デル・マー(ヒース・レジャー)と、おどけたジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホー

ブロークバック・マウンテン

《ブロークバック・マウンテン》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - BRO

ブロークバック・マウンテン

今日は映画1000円の日。ということで『ブロークバック・マウンテン』を観てきた。正直これがすごくよかったのだ!名作誕生という感じです。舞台となっていた自然が豊かできれいで、

カウボーイの愛【ブロークバック・マウンテン】

なんて切ない映画なんだろう…。 二人の男の、約20年におよぶ愛の物語。そんな一

ブロークバック・マウンテン

北の国から 2006 ~男色~もうね、アコースティック・ギターの音色が映像にかぶってくる度に、そんな雰囲気に成りまくり。雄大で圧倒的な大自然のなかで営まれる、チマチマネチネチした人間模様。同性愛がどうとか、差別がこうとか、そんなこたぁ本筋にはあんまり関係ない、

「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る

「ブロークバック・マウンテン」★★★★ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演アン・リー監督、2005年アメリカ大自然を前にしても人の心は開放されない。人生は思うようにならないもの、ならばやはり人は何かを自ら選び取らなければならないの...

ブロークバックマウンテン 評価額・1400円

●ブロークバックマウンテンをユナイテッドシネマ豊橋18にて鑑賞。 牧場の季節労働

Brokeback Mountain(2005,U.S.)

Gay Movieなイメージばかりが先行してしまったこの映画。ぜんっぜん違うじゃないかよっ。 ブロークバック・マウンテン 1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たした2人の青年、イニス(Heath Ledger)とジ

映画館「ブロークバック・マウンテン」

先週末から、地元のシネコンでも上映になったので観ることができました!カウボーイの同性愛を扱った作品ということで、話題になりましたねぇ。ゲイを扱った作品は、今までにも沢山ありましたが、今までのものとはチョット違った感じがしました。美しさを前面に出すわ...

ブロークバック・マウンテン

 正直申しあげてちょっと拍子抜け。  アカデミー賞候補としては当初から大本命だったということですが、それほどのものかという感じ。  たしかに

ブロークバック・マウンテン-(映画:今年50本目)-

監督:アン・リー出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ評価:50点(100点満点)公式サイト(ネタバレあります)「ああ、なんて・・・・・・・・・・気持ち悪い」ヴェネツィア国...

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン2006/03/04公開監督:アン・リー ヒース・レジャージェイク・ギレンホールミシェル・ウィリアムズアン・ハサウェイ2005年映画賞レースで様々な賞を取り、また上映禁止地区があったり、この映画を獄中で上映した看守が罰則をうけたりと色々物議を

納得いかねぇなぁ

 『ブロークバック・マウンテン』      /2006 アメリカコラ――っ!! なんじゃそりゃ―っ!!(怒)1960年代のかなりド田舎でゴチゴチに保守的なキリスト教ブリバリのアメリカ西部での学なし、金なしカウボーイ2人の性別という障害を越えた、ピュアなラブス

「ブロークバック・マウンテン」

アメリカ西部ブロークバック・マウンテン。季節労働者として雇われた青年ジャックとイニス。20年にもわたる愛情の物語が始まる・・・。各国の賞を総なめにしたこの作品、あなたの感想

『ブロークバック・マウンテン』★★★★・

公式サイト制作年度/国;'05/米ジャンル;ワイズポリシー 上映時間;134分 配給;WB 指定:PG-12監督;アン・リー出演;ヒース・レジャー/ジェイク・ギレンホール/ミシェル・ウィリアムズ/アン・ハサウェイ観賞劇場:4/22(土)ユナイテッド・シネマ豊島園◆STOR..

『ブロークバック・マウンテン』 ☆今年36本目☆

『ブロークバック・マウンテン』 公式サイト:http://www.wisepolicy.com/brokebackmountain/原題:BROKEBACK MOUNTAIN製作:2005年アメリカ監督:アン・リー出演:ヒース・レジャー/ジェイク・ギレンホール/ミシェル・ウィリアムズ/アン・ハサウェイ/リンダ・カーデリー..

~ブロークバックマウンテン~泣くデトックス映画(ToT)

『ブロークバックマウンテン』見てきましたス~ッゴクよかったです単なるホ○映画かと思ってましたが、真実の愛でした本年度アカデミー賞3部門受賞している作品で、ロングランですジョニー・デップ主演の『レジェンド・オブ・メキシコ』は1週間で打ち切りだっ....

映画『ブロークバック・マウンテン』に嵌れなかった理由

美しすぎた「あの夏の愛」、見失った他者への配慮…

ブロークバック・マウンテン

2点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)う~~ん・・・ごめんなさい。全く以ってこれっぽっちも理解出来ませんでした。いや~、人の趣味なんてそれぞれだし、差別するつもりはないんですけど・・・差別はしないけど、理解も出来ないので、どー観ても

【洋画】ブロークバック・マウンテン

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計35)『評論』20

『ブロークバック・マウンテン』

『ブロークバック・マウンテン』 ★★☆(2005年 アメリカ 134分)監督:アン・リーキャスト:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、ランディ・クエイド、リ

ブロークバック・マウンテン

『BROKEBACK MOUNTAIN』公開:2006/03/04監督:アン・リー原作:アニー・プルー出演: ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ☆story☆1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇わ....

『ブロークバック・マウンテン』

256.ブロークバック・マウンテン製作年度 2005年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 監督 アン・リー 製作総指揮 ラリー・マクマートリー 原作 アニー・プルー 脚本 ラリー・マクマートリー 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 ヒース・レジ...

ブロークバック・マウンテン

オスカー確実と言われて、「クラッシュ 」にさらわれた作品。「クラッシュ 」は好きな作品ではなかったのでこの作品を早く観たいと思ってました。DVDで鑑賞。1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。羊の放牧に季節労働者として雇われたイニス・デルマー

NO.179「ブロークバックマウンテン」(アメリカ/アン・リー監督)

都市で「ジェンダー革命」が進んでいたときも、西部では秘匿された「対幻想」としてあった。ゲイやレスビアンの思想を辿ってみれば、旧約聖書のダビデとヨナタンの関係にまで遡る。このダビデに関する崇拝は、ルネサンスのミケランジェロの「ダビデ像」にまでつながっている

『ブロークバック・マウンテン』’05・米

あらすじ1963年、ワイオミング州。イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、山でキャンプをしながら羊の放牧の管理をする仕事を命じられる。寡黙なイニス..

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン2006年3月4日 | 上映時間 = 134分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = $14,000,000| 興行収入 = }}『ブロークバック・マウンテン』(Brokeback Mountain) は2005年製作のアメリカ映画である。原作は、E・アニー・プル
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。