スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を道頓堀角座にて鑑賞。
narunia.jpg

第二次大戦下のイギリス。ペペンシー一家の4人の兄妹は空襲を逃れて田舎に住むカーク教授に預けられる。古めかしく広大な教授の屋敷は好奇心旺盛な子供たちにとっては最高の探検場所。末っ子のルーシーはかくれんぼの最中、空き部屋で古い大きな衣装だんすをみつける。見えない力に導かれるように衣装だんすに入り、毛皮のコートを押しのけて奥へ進むと-いつしかルーシーは雪につつまれた森の中に立っていた・・・

世界的話題作なのでとりあえず見ておこうと劇場へ。初日ってことで大混雑が予想されるので早起きして朝イチの回で観ようと目覚ましをセットしてたんですが、目覚めると12時(゚Д゚)!これはイカーンと大急ぎで出かけるも、着いたのは2回目の上映時間の10分前。いそいそとチケット購入してロビーにはいると、以外にも人が少ない・・・結局上映開始しても、400席の座席の3分の1くらいしか客がいませんでした。なんだよ、あせって損した。フーンと思いながら鑑賞開始。

とにかく映像がスゴイ!もう何が実写で何がCGなのか全くわかりません。特にライオンの「アスラン」と、「秘密警察」のオオカミ部隊、これどうみても実写にしか見えないんですけど・・・半人半獣のタムナスさんは上半身が特殊メイクを施した役者さんで、下半身はCGだそうです。
narnia8.jpg

narnia10.jpg


そして劇中にでてくる氷の魔女の軍団の多種多様なクリーチャー達も、CGなのか着ぐるみなのか、サッパリわかりません。そしてナルニア国の美しすぎる景色!ラストのバトルシーンはニュージーランドの島で撮ったそうですが、息をのむ美しさです。この大自然の中で人間とCGがアリの大群のように群がって戦争するシーンは圧巻ですね。このシーン作りこむのに一体どれだけの金と日数がかかったんでしょう。この映像だけでも1800円払って大画面で見る価値は絶対にあると思います。

でも、ストーリー自体はちょっとなぁ・・・ってカンジ。そもそも、ロード・オブ・ザ・リングもハリーポッターもイマイチ入り込めない私。やっぱりこのナルニア国物語も例外じゃありませんでした。ただ、前2作のように、「元々魔法使い」「元々ファンタジーの世界の住人」ってのじゃなく、ただの一般ピーポーだった人間が、ひょんなことからファンタジー世界に迷い込んで大冒険!って設定はよかったです。こういうのは感情移入しやすいですね。少年の心がムクムクと湧き上がってくるのが実感できました。「オラ、すげーワクワクしてきたぞ!」と劇場で思わず叫んでしまいそうになりましたよ。
narnia24.jpg


でもやっぱりファンタジーはファンタジー。ただの子供がいきなり剣の達人になったり、自分の倍はあろうかというミノタウロスみたいな化け物を片手で吹っ飛ばしたりと、もうなんでもアリです。そもそも、初めて剣にぎったような子供が、合戦の先陣きって馬で疾走していくなんてこと自体メチャクチャです。そして兄貴が合戦してるのに、場面かわると姉妹はまだアスランの元でメソメソしてて「まだそこにいたんかい!」などと、つっこみたくなる場面満載です。
narnia25.jpg


しかしながら、ファンタジー映画といえどもなんだかいまいちしっくりこない世界設定ですね、ナルニアって。原作しらないのでよくわからないんですけど、この世界って子供たちの空想による別世界って解釈なんでしょうか?元の世界にもどってくると時間たってなかったり、劇中にもありましたが、ホント「夢の中の出来事だった」ってかんじです。最後の教授のセリフ、「行きたくてもなかなか行けない、ふとした時に行ける世界なんだよ」ってセリフで、そうなのかなぁと思いました(でも、ルーシーがタムナスさんにあげたハンカチはそのままだったもんなぁ、う~んよくわからん)。ファンタジーはファンタジーなりの筋の通った設定があって然るべきだと思うんですけどね。あまりにも無茶な展開だったので、あっけに取られてしまいました(笑)

まぁストーリーはアレですが、芸術的ともいえる実写とCGの融合は見る価値アリ!の作品です。是非劇場でどうぞ。意外と空いてるし(笑)

「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」
★★★☆☆☆

Pleaseクリック!→映画ブログランキング


いろんな意味でCOOL!それにしてもどっかで見た顔だなぁ・・と思ってたら
narnia21.jpg

「コンスタンティン」のガブリエルおばさんでしたw
narnia20.jpg

魔女なのに剣で戦うガブリエルおばさん。しかも二刀流。
narnia17.jpg

この馬は実写ですよね?
narnia23.jpg

スポンサーサイト

Comment

TB

こんにちは♪
ファンタジーって入り込めるかどうかがカギですよね。
アスランはじめいろんな生き物がすごく面白かったです!
ディズニー映画だけに血も流れないし残酷さもないし、そこがイイのか悪いのか分かりませんが(笑)

二刀流の白い魔女

はじめまして、ナルニアぶろぐをやっているうらしまと申します。
素晴らしい映像でしたね。ナルニアに行く前の汽車が緑の中を走るシーンから引き込まれてしまいました。
さて、秘密警察部隊の皆さんですが全員実写、つまりホンモノのオオカミさんです。
映画ではコワモテですがみんな二歳くらいのお子様たち。撮影現場ではトレーナーのお姉さんに甘えまくりだったようです。
http://urashima.cocolog-nifty.com/armadillo/2004/10/post_8.html

ユニコーン可愛かったなぁ☆そういえば。
そう”普通の子だち”が救世主となっていくのがいいんですよね。
アスランと白い魔女がすごーく良かった!

たいまつ多過ぎ

 TBありがとうございますm(_ _)m

 石舞台で、女王の手下が必要以上にたいまつ持っていて
「氷の女王」としてのイメージとか関係ないのかなぁ~とw

 CGのレベルは凄いですよね。アスランがオールCGとは思え
ないぐらいの毛並みで。あと、ユニコーンは、角の部分だけCG
じゃないですかね(冗談ですw)

こぬばぬわ。

わしも昨日ファンタジー好きの親父に連れられて、観に行ってきた所です。

本当に映像は凄く綺麗だった。
実写と全く違和感が無いってのはビックリでしたわ。
ネバーエンディングストーリーやらの時とは時代が違いますのぅ。

ただ、所々で「?」になるシーンが。
(アスランが石になった仲間に息ハァーで仲間復活)とか。
考えるな、感z(ry って事ですかw

原作を読んでからの方が楽しめるのかな。

一言で、物凄くアッサリとしたファンタジー映画じゃないかと。

どこかで見たナーと思ってたら、ガブリエルお姉さんだったのかw
ティルダ・スウィントンって女優さんなのねー。

映画は知らないけど、「イーオン・フラックス」のシャーリーズ・セロンが気になる今日この頃。

>ミチさん
こんにちは!
>血も流れないし残酷さもない
そうですね~。善と悪もハッキリわかれてたし、ストーリーも明確でディズニー映画らしく子供が十分楽しめる内容でしたね。こういう王道ファンタジー大作は久しぶりなような気もするので、そういう意味でもこの映画は良かったです。こういうのもたまにはイイですね~。

>うらしまさん
はじめまして。
映像キレイでしたね~。
>秘密警察部隊の皆さんですが全員実写、つまりホンモノのオオカミさんです。
やっぱり実写だったんですか!リアルすぎると思ったんですよね(笑)特にビーバー夫妻の家をほじくりまわすシーンの狼達の動きを見て、「これがCG!?」なんて思ってました。
ご指摘ありがとうございます。こういう知識をいただけるのもブログの醍醐味の一つですね。

>migさん
そうそう、普通の子供達ってのがミソですよね。それも、元の人間が情けなければ情けないほど良いです。なぜならより感情移入しやすくなるから!(笑)。そういう意味でも今回の子供達は良かったです。特にエドマンド!あの情けなさには腹たって腹たって(笑)
個人的に、彼がこの作品に最も入りこませてくれた功労者です。

>たましょくさん
たいまつのシーン、私も同じこと思いました(笑)火焚きすぎだろ!氷の魔女とけちゃうよ!みたいなw

角だけCG・・・ありえそうで怖いw

>ほおずき氏
こんばのわ。おぉう素敵なお父様ですな。

つっこみポイントはありすぎてさま~ずの三村さんもビックリですな。
「剣かよ!」「おまけに二刀流かよ!」「息で治るのかよ!」「噛んで殺しちゃったよ!戦い意味ないよ!」etc・・・

「イーオン・フラックス」!SF好きとしてはこれは見に行かんとね!大開脚のままうつぶせになって胸チラのシーンだけでも1800円払って見に行こうと思ってる所存であります。

TB有難うございます。^^

今晩は☆
ただの子供がいきなり剣の達人~は自分も違和感ありました
でも、「ファンタジーだから…」と妙な納得の仕方をしてやり過ごしてしまいました。^^:
もう少し、子供が戦いに至るまでの過程を丁寧に描いて欲しかったです。
映像にはとっても満足でした♪

こーんばんわっ★

baohさん、TBありがとうございました★
白い魔女素敵でしたね~さわわメロメロでしたよ(笑)
あの冷たそうで偉そうなところがたまりませんね~
ストーリーは原作の通りだったのですが、もともとがあっさりしているせいか、いまいち盛り上がりには・・欠けてたような気はしますがディズニーだから仕方ないで納得しているさわわです(苦笑)

>ルーピーQさん
こんばんは~。
>もう少し、子供が戦いに至るまでの過程を丁寧に描いて欲しかったです。
確かに!それはありますね。展開が強引すぎましたね。合戦に至るシーンなんて夜中にきっかけがおきて、明け方には戦闘開始ですもんね(笑)

そんな強引ストーリーでも2時間20分もあるんですよね。細部まで描いてたら3時間超になってしまいそうなので、1話にまとめるにはこれが限界なのかな?なんて思ってしまいました。


>さわわさん
こんばんは!
原作からアッサリ風味なんですか。どうりで(笑)氷の魔女はキャラたちすぎでしたね。カッコイイ!二刀流シーンはつっこみポイントであると同時に、最大の見せ場でもありますよね。ちょっとのけぞりながら二刀を上段から構えるところがかっちょよかったっす!(笑)

こんばんは

TBありがとうございました。
そうですね~、ストーリーは余りにも原作のまんまなんでもうちょっとひねって欲しかった。
正直いって、このままなら長さはあと30分は縮められたと思います。

>ノラネコさん
確かにもっと短く出来た感がありますね~・・
原作に忠実だとのことなので微妙なとこですが、長い割に強引なストーリー展開が「?」な部分でもありました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして、TBさせていただきます。

確かに、魔女なのに剣で戦ってましたね^^;
あんまりストーリーが強引なので、
気付きませんでした

>りょうさん
はじめまして~。
剣で戦うところはつっこみたいところですが、パンフ読んでると英雄(子供達)の出現によって魔力が弱まったのでウンヌンと書かれてたので、そのせいなのかも?

まぁこの際なんでもいいんですけどね(笑)

どもども。

TBできなかったようで、どうもすみません!
こちらのTBの受信設定が原因だったようです。
設定を変更したので、また、気が向いたときにでも、
再度ぜひTBしてくださいませませ~!

ど~もど~も

設定が原因だったんですね~。TB論争とかいろいろあるみたいですね。

運営元も大変そうだ。

ストーリーはアレ(^^;;;

でしたよね、やっぱり。
baohさん、こんにちは!コメントありがとうございました。
昨夜はTB貼り逃げですんません。(^^;;;
ところでわたしが見落としたのか、それとも「そういうことだからよろしく」ってされたのかわからないのですが、アスランが生き返るタイミングなんですけど、姉妹が一通り泣いて寝て(爆)、ようやく立ち去ろうとして離れてから生き返りましたが、もっと前には生き返ることは出来なかったのでしょうか?
あの姉妹が生き返らせるタイミングを遅らせてしまったってこと?
うーむ、やっぱり少しご都合主義満載な映画でしたかね。(^^;;;;;
映像は素晴らしかったけど。。

>ルールーさん
こんばんは~。
アスランの復活のタイミングは・・・さっさと生き返ってたら合戦にならないしその後の盛り上がりにつながらないじゃないですか!

ということで、都合の悪いことは全て見なかったことに(笑

TBさせて頂きました

私はすっかりハマってしまったクチです。
恥ずかしい…(苦笑)

>Bohさん
こんばんは!
名前にてますね(笑)

感想拝見しましたが、思い入れのある映画だと感想は変わって当然だと思いますよ!原作ファンにはかなり満足のいく再現性みたいだし、何より多く楽しめたほうが絶対に得じゃないですか(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ナルニア国物語」ジャパンプレミア

「ナルニア国物語 第一章・ライオンと魔女」ジャパンプレミアin武道館。 ここ何年かのディズニー映画では、一番期待して、楽しみだった作品です。 舞台挨拶では少し大人っぽくなっていた子役の4人。映画の中で演じた兄姉役はとても素晴らしかったです。そして、脚本、演出が

★「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」

久しぶりの先行上映に行ってきました・・・といっても、いつものようにナイトショウ・・・上映時間の設定の関係でAM1:20からの回。きっつい時間だけど・・・とりあえず。にもかかわらず100人近くは入ってたんじゃないかな・・。前評判良さそう・・・世間的には・・

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』(先行)

やはり気になるので先行で見てきました。予めチケットを押さえておいたので余裕で出掛けたのですが、場内はガラガラ・・・。のんびり見られるのは嬉しいですけれど、これでは先が思いやられます。一般公開後はヒットしてくれることを願うのみです。物語は心配していたよりも

映画「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」

映画館にて「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」★★★☆C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」シリーズの第1章:ライオンと魔女の映画化。「LotR」や「ハリポタ」でファンタジーブームが巻き起こり、満を持して登場した「ナルニア国物語」。なるほど、CG技

ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女

真冬のナルニア国、伝説の子どもたちと、アスランのいる春

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

アメリカ 監督:アンドリュー・アダムソン出演:ウィリアム・モーズリー    アナ・ポップルウェル    スキャンダー・ケインズ     ジョージー・ヘンリー第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子供たちピーター&スーザン&エドマンド&ル...

ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女(先行上映)

本公開を待ちきれず先行で観に行ってきました。これを観る前に渋谷で2本観ているため少々お疲れモード。けっこう長いようで途中眠くなったらどうしようと心配になりましたが、そんな心配は無用でした。申しわけないのですが原作は読んだことありません。なので予備知識もな

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女/THE CHRONICLES OF NARNIA

誕生から55年というC.S.ルイスの壮大な英国ファンタジーをディズニーが映画化した大作。 原作本ナルニア国ものがたり 児童書原作のファンの人、ファンタジー好きの人には前々から楽しみにしていたであろうこの作品、どちらにも当てはまらないワタシとしては、何の期待も

ナルニア国物語/第1章 ライオンと魔女

「ナルニア国物語」第1章 ライオンと魔女評価 ★★★★☆(3.5)『あらすじ』 第二次世界大戦まっただ中のロンドン。激化する戦争に4人の子供を疎開させる母親。弟、妹を任される長男・ピーター。長女・スーザン、次男・エドマンド、次女・...

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女(先行上映)

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆ フウ・・・参った  

先行上映「ナルニア国物語」を見てきました。

 先行上映でナルニア国物語 第1章ライオンと魔女を見てきました。オールナイトだったので、午前中は梅の写真を撮りに行き、すぐにオールナイトに備えて昼間はお昼寝。夜中に起き出し、バイクで映画館へ。トメルミンと眠眠打破を飲んで、眠気に備えました。

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

ワーナー・マイカル・シネマズ みなとみらいのスクリーン3で鑑賞当日なので、混んでるようでした。ここのネット予約は、手数料かかるので嫌ですね。作者はロード・オブ・ザ・リングの作者とオックスフォードの友人なのでなんとなく話が似てなくもないけど・・・まぁ、ハリ

ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女(評価:○)

【監督】アンドリュー・アダムソン【出演】ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージ・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/リーアム・ニーソン(

ナルニア国物語

ナルニア国物語 、 先週末に、先行ロードショーを六本木ヒルズにて見てきました^^。レビューの前に、原作について触れておきたいと思います。原作は「THE CHRONICLES OF NARNIA」。「CHRONICLES」とは年代記とか、歴史、とかいう意味です。世界的に有名なファンタジー

■ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女

第二次世界大戦下のロンドン。ペベンシー家の4人兄妹は、疎開のため田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター(ウィリアム・モーズリー)、長女スーザン(アナ・ポップルウェル)、次男のエドマンド(スキャンダー・ケインズ)、末っ子のルーシー(ジョージー・ヘン

ナルニア国物語 ライオンと魔女 (第一章)

満足度★★★☆☆ほぼ原作のイメージ通りの出来栄え!やはりハリウッドのCG技術はすごいものです。映像には文句なしだが、なんだかちょっとストーリーの魅力が足りない気も・・

映画「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」いよいよ公開!

いよいよ公開されますね!全米オープニングNO1大ヒットの「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」を先行上映でご覧になったかたもおられると思いますが・・・この作品は全米公開16週目で2億6135万ドルの興行収入をあげており3億ドル突破も間違いないようです。こ

ナルニア国物語~第一章:ライオンと魔女~・・・・・評価額1250円

衣装箪笥の扉は不思議への扉♪C・S・ルイス原作のファンタジーの古典、「ナルニア国物語~ライオンと魔女~」の最初の映画化。ちなみにテレビシリーズは昔あったね。第二次世界

ナルニア国物語~第1章:ライオンと魔女

見終わったあとの第一印象は「期待はずれ・・・なんだかなあ~・・・」「連続モノの1作目だから伏線が消化されないのは当然」とか、「子供向けのおとぎ話なんだから理知的な展開を求めてもねえ~」とか、「ロード・オブ・ザ・リングと比べること自体ナンセンス」とか、とり

ナルニア国物語 その2

●『ナルニア国物語』2006年3月4日公開。全米では9日に公開。首位デビューで製作資金(制作費一億五千万ドル)もなんとか回収できそう。心配なのは『キングコング』の史上最高の制作費2億ドルがなんとかヒットして回収できるくらいまでいってほしい。ある雑....

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

★本日の金言豆★C.S.ルイス:Clive Staples Lewis 1898年11月29日~1963年11月22日 イギリスのファンタジー作家、神学者。「ナルニア国物語」全7巻の他、宗教関係の著作も多数。2006年3月4日

ナルニア国物語 ライオンと魔女 2006-12

「ナルニア国物語 ライオンと魔女」を観てきました~♪第二次世界大戦中のロンドン、ドイツの空爆が激化し、ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)のペベンジー

ナルニア国物語

ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch, and The Wardrobe - The Official Site楽しみにしてたナルニアを観てきました。前売り間違ってすでに去年の夏に購入済み…。秋に来ると思ったんだよね… 馬 鹿 。特典オマケのキーホ

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe (2005/アメリカ)アスラン様~監督・脚本アンドリュー・アダムソン Andrew Adamson原作C

ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女 評価額・720円

●ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 第2次大戦

映画『ナルニア国物語ー第1章ーライオンと魔女』★★★★★(5つ星)

こんにちは、昨日、先行上映でC.S.ルイス原作、映画『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』を観て来ましたナッツです。小学校4年生の時読んで以来、一番好きな物語の1つなので、嬉しくてたまりません。まさか劇場で見れる日がこようとは夢にも思いませんでした。自

「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」をみて

「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」をみてきました。C.S.ルイス(C.

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』2006・3・5に観ました

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』   公式HPはこちら ●あらすじ第二次世界大戦下のイギリス。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の子供達は、ドイツ軍のロンドン大空襲を逃れ、田舎のカーク教授の元に疎開する。ある日、古い屋敷の中

映画館「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」

壮大なファンタジー作品、、、「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」シリーズは、好きだけど。。。なんか、もうこの手のファンタジーはお腹いっぱいって感じになってしまいました。。。まず、普通の動物が人間言を話すのがイヤ。クリーチャーとか実在...

映画『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』

公開初日で興行収入4億円を突破し、既にモンスター映画の雰囲気を醸し出している映画『ナルニア国物語』。公開から最初のレディース・デイにあたる今日、見てきました!

ナルニア国物語 -第一章 ライオンと魔女-

童心と想像力を甦らせてくれる空想世界の探訪。

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女(2005/アメリカ/アンドリュー・アダムソン)

【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子どもたち、ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)の4人は、ロンドンの空襲

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

映像化不可能と言われていた、20世紀を代表するイギリスの大作家、C.S.ルイスの魅惑のファンタジー『ナルニア国物語』が、ついにディズニーの手によって完全映画化が実現!STORY:第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人兄弟は、戦火を逃れ、田...

映画『ナルニア国物語~第一章ライオンと魔女』

映像のクオリティの高さとその世界観は、素晴らしかった。。

「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」

「指輪物語」にも「ハリー・ポッター」にも全くはまらなかった自分だが、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」にはすっかりはまってしまった。先週末に観た映画の話で在る。イギリスのC・S・ルイス氏が著したファンタジー児童文学「ナルニア国物語」を原作にしたこの

「ナルニア国物語」ファンタジーの世界に乗れるかどうか

「ナルニア国物語」★★★ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル出演アンドリュー・アダムソン監督、2005年アメリカ出来のいいファンタジー戦争で田舎に疎開して、大きな屋敷にやってきた4人の兄弟姉妹女の子が大きな衣装ダンスの扉を開けると...

ナルニア国物語-第1章:ライオンと魔女-

一日経った今日もまだ少し興奮気味な私・・・やっぱりファンタジーがすごく好きみたいです。『ロード・オブ・・・』も『ハリー・ポッター・・・』も大好きで何度も観てるくらいだからね。第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い...

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画館)

それは一生に一度だけ出逢える「本物」のファンタジー。CAST:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/ルパート・エヴェレット/ティルダ・スウィントン/ジム・ブロードベント 他■アメリカ産 140分どこでもドアじゃなくて衣装タンスを開くとそこはナルニア国だっ

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

 『E.T.』のドリュー・バリモアをも思い出させるルーシーちゃん。一人だけアフレコ感が溢れていました(字幕版)。

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

ロード・オブ・ザ・リングやハリポタに影響を与えた作品だけあり、ファンタジーとしての魅力は充分でした。映像的には先に公開されている2作品のイメージと重なるところもあり先の2作品を見たときのような衝撃はなかった。アスランにはもうちょっと派手なところがあってもよ

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(3月4日公開)

昨年12月に全米で公開され,「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を抜いてNo.1ヒットとなった映画,それが,ナルニア国物語イギリス,ドイツなどでも一大旋風を巻き起こしたこの映画が,ついに日本に上陸した全世界が,「ナルニア国物語」の感動に包まれようとしてい....

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 ☆今年16本目☆

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html原題:THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE製作:2005年アメリカ監督:アンドリュー・アダムソン出演:ウィリアム・モー....

私を箪笥の奥につれてって【ナルニア国物語】

今から二十数年前、私が小学3年生の夏休みに「ナルニア国物語」全7巻を一気に読ん

映画「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」

 すっかり時間が経ってしまいましたが、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」見てきました。 ポスト「ロード・オブ・ザ・リング」を期待するような宣伝がされていますが、両者はまったく別種の作品です。 LotRは言語から種族の歴史から何から何まで、どれほど些細な

「ナルニア国物語」の感想です。

「ナルニア国物語」は公開の初日に観ていたのですが、私の仕事が忙しかったというのと、WBC関連の話題に追いやられて中々感想を書けませんでした。仕事も一段落して、やっと心の平穏を取り戻したので、ゆっくり思い起こして感想を書きました(^_^;)。■ストーリー抜粋≫【

『ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女』★★★★★

ナルニア暦1000年――《その国》は春を奪われ、100年の冬に凍えていた…。『ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女』公式サイト制作年度/国;'05/米 ジャンル;ファンタジー 上映時間;140分 配給;BV監督;アンドリュー・アダムソン   出演;ウィリアム・モーズリー..

ナルニア国物語 第1章 ~ライオンと魔女~

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズは、作品としてだけでなく興行的にも大成功を収めました。  しかしながらひとつだけ注文したかったことがあ

ナルニア国物語・ライオンと魔女(小説)感想など

『ナルニア国物語[:曇り:]』ライオンと魔女ですが、翻訳版を読みました。原書は以前読んでいたのですが、児童書でも古いのであまりよく理解できませんでした[:汗:]。それで日本語ですが、日本語でも結構分かりにくいところもありました。翻訳されたのも結構前のようです[:カ

ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女<ネタバレあり>

ワタクシの大好きなファンタジー しかもディズニーときたもんだ観ない訳にはいきません原作は全く知らないのですが 全7巻もありますやん 第7作までいくんですかぁ?第1章が一番人気だそうで“ライオンと魔女”の話王様であるええライオンと偽王女のワル魔女の対決に..

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

やっとやっと劇場で鑑賞してきました~!思い起こせばスターウォーズEP3以来の劇場鑑賞なので、1年弱ぶりです。子供も10ヶ月になったし、これからは少しずつ劇場鑑賞も増えそうです。

ナルニア国物語

今さらながらに見てきましたずっと見たいなぁとは思ってはいたけれど何か時期を逸してしまった気が・・・・感想としてはう~んまぁまぁ?なんだか話の流れ全体が表面的に思えたもう少し子供なりの葛藤や悩みがあったほうが納得できたんだけどねぁ・・・・あと仕方ないこと..

映画 「ナルニア物語 第1章 ライオンと魔女」

映画「ナルニア物語 第1章 ライオンと魔女」を観てきたので感想を。ナルニア物語 第1章 ライオンと魔女 ◇06年、ディズニー。アンドリュー・アダムソン監督。第2次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹ピーター、スーザン、エドワード、ルーシーは、ロン...

『ナルニア国物語第1章ライオンと魔女』’05・米

あらすじドイツ軍の空爆が激化する第二次大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーはロンドンの空襲を逃れるため、田舎に住むカーク教授の邸宅に疎開する。やがて4人は、その屋敷の古い衣装だんすの奥の中にある不思議な国ナ..

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch

映画・ナルニア国物語・ライオンと魔女より日常英会話抜粋!

(234)You need it more than I do.    〔私よりあなたの方が、ハンカチが必要だわ〕ナルニア国物語~ライオンと魔女の映画ですが、小説よりも戦闘シーンが長いですし、とにかく特撮が凄く、ライオンやビーバー、オオカミなどが本物に見えるくらいよく出来ていまし

『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』・劇場

今日は3ヶ月ぶりに劇場でお金を払って映画を観た。 と言ってもサービスデイで¥1000なんだけど。 観

「ナルニア国ものがたり」シリーズ第2作

「指輪物語」と並ぶファンタジーの名作「ナルニア国ものがたり」全7作の実写映画化シリーズ第2作。★好きなジャンルでブログを作り、そして稼げる最強のブログにしていく。それを実現させてくれるのが★★特進アフィリエイトプロジェクト!★★ビギナーでも2ヵ月後から月5

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』

いつか観よう、いつか観ようと思っていた作品をやっとのことで鑑賞しました。 『ロード・オブ・ザ・リング』のシリーズは結構好きだったので、こちらのシリーズはどのようにして1作目が映画化されたのかなーとちょっと興味津々。 でも、キャスト的に地味な印象がどうに
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。