スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なまいきシャルロット

「なまいきシャルロット」を観た。
namaiki.jpg

母を亡くし、無骨な父と兄、通いの家政婦と暮らす13歳のシャルロット(シャルロット・ゲンズブール)は、いつもイライラ。不満を抱え、人とうまくつきあえない。ある日、同じ歳の天才少女ピアニストのクララと偶然知り合ったシャルロットは、彼女の付き人になって町を出る夢を膨らませる。

なんとなくフランス映画を観たくなっていろいろと物色してたらタイトルだけ聞いたことのあったこの作品を見つけてレンタル。なんでも公開当時、大ヒットしてシャルロット旋風を巻き起こしたらしい。

「自分は他とは違う!」と思いながらも、何も変わらない平凡な毎日への苛立ち、同世代のスターへの憧れ、家族をはじめとする近しい大人たちへの苛立ち、そんな誰もが思春期の頃に感じた想いが、フランス映画独特のゆったりしたテンポで非常に上手く表現されてます。

また、これが初主演作となったシャルロット・ゲンズブールの演技がメチャメチャいいですね。公開当時14歳(撮影時は13歳かな?)という、役柄の13歳の主人公シャルロットをまさに等身大で演じてます。冴えない現実に苛立ちながら、言いたいことはいっぱいあるけどどうぶつけていいかわからない、そんな何ともやるせない表情が素晴らしいです。

でも、思春期の多感な時期の少女を上手く描いた作品で、それに見事に応えるシャルロットの演技も素晴らしいですが、個人的には「そんな大ヒットするような映画か?」って感じたのも事実。シャルロットも旋風が巻き起こるほどカワイイとも思えないしなぁ。う~ん、謎です。思うに、このコの顔って女のコが「カワイイ!」っていうタイプの顔ですよね。完璧な美形ではないのですが、所謂「ブスカワイイ」ってやつでしょうか。内容も少女の頃の悩みってことで、女性は大いに感情移入できるのかもしれません。これは女性向けの映画ですね。いい年こいたお兄さん(断じてオッサンではない)が感情移入するにはちょっと厳しい気がします。
namaiki3.jpg

感情移入どころか正直に申しますと、観てて「これ撮ったやつ絶対アブないよ!」って、強烈に感じましたよ。劇中はずっとこの映画を撮った監督のロリータ性を激しく感じてしまいました。

というのも、プールで教師がシャルロットの足に軽くタッチするシーンで軽い違和感を感じたんですが、13歳のシャルロットが脱ぐシーンでその疑惑は確信に変わりましたね。普通脱ぐか?13歳の女のコですよ。ハッキリ言って脱ぐ必然性など全くないシーンですよ。これは間違いないです。監督はアブナイおじさんですね。さらに言うなら、シャルロットのお友達である、8歳くらいの病弱な幼い女のコまで脱がせてます。パンツいっちょという仕打ちですよ。このコに限っては劇中の9割はセミヌードです。これは酷い。さらにさらに言うなら、ジャンというシャルロットに欲情するロリコン青年まででてきます。もう勘弁してください。

調べてみるとこのクロード・ミレールという監督、「思春期の少女を描かせたら右にでるものはいない」なんて言われてるオッサンらしいです。この人から映画をとったら残るのはロリコンだけでしょう。即刻逮捕ですね。

それにしても他の方のこの映画のレビューをのぞいていると、「とにかくシャルロットがかわいい!」「思春期の心の揺れを上手く描いている」ばっかりです。中には「あんまりかわいくないのがカワイイ!」なんてわけのわからないのもありました。ほとんど女性(と思われる)の方のレビューです。誰もこのロリコン描写に嫌悪感を感じなかったんでしょうか?不思議でなりません。そういう監督ってわかってても、イヤなもんはイヤでしょう。美辞麗句を並べ立てたレビューでごまかそうったってそうはいきませんよ。だから私は声を大にして言いたい。

この監督は変態だ!!

どう見てもロリコン映画です。
本当にありがとうございました。

「なまいきシャルロット」
★★★☆☆☆

Pleaseクリック!→映画ブログランキング

namaiki4.jpg

charlotte1.jpg


※このシャルロット・ゲンズブール、この作品の後に「シャルロット・フォーエバー」という作品で実の父親と親子役で近親相姦を演じているそうな。彼女って幼い頃はロリータアイドルだったんですね。知りませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

「ラ・ブーム」も今にして思えばタダのフレンチ・ロリだったかもしれんと
今だから思えるわけで
てか、お国柄的にそういうコケティッシュ(死語か)なドール系の女性が好きなんかもしれんね(-ωー)

両親がカウンターカルチャーの象徴とフレンチポップスのアイドルでは、周りの期待も宮沢りえのふんどしどころではなかっただろうと推測(-ωー)

「シャルロット・フォーエバー」は究極の親バカ映画で、セルジュやっちまったな!というカンジがしt

ほんとこれってお国柄だよなぁ。こういう世界が認められるってのがフランスだよね。この描写はハリウッドじゃタブーなんじゃないかな。

女優と監督の芸能一家の娘でも、13歳の愛娘の裸体を世界にむけて発信するなんてのが、ワタクシには全く理解できませんワ・・・
父娘で近親相姦の映画なんてもうね・・

親バカとかそういう次元じゃないw
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なまいきシャルロットを見たか!?

シャルロット・ゲンズブールっていう、フランス女優が出てる、思春期の女の子の映画。いつだか、BSかなんか見てて、偶然この映画がはじまり「くだらない映画始まったな~~~」と思いつつ、キッチリ最後まで見てもうた(^^;;一度聞けば、耳から離れない挿入歌?しつこくかか
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。