スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス男

「バス男」を観た。
basu.jpg

毎日バスに乗ってハイスクールに通うナポレオンは、ルックスもライフスタイルも、そして家族構成までも超がつくほどのオタク・ワールドの住人。30を過ぎて無職&チャット恋愛中毒の兄と、かつての栄光の日々を振り返ってばかりの叔父さんは怪し気なビジネスを行っている。友人は勝算ゼロなのに生徒会長に立候補を企むペドロだけ。
そんな彼らにもダンスパーティの季節がやってきた。パーティまでにパートナーを探さなければならない。超オタク青年ナポレオンはスィートな彼女をGETできるのか!? (Amazonより)


「バス男」は無いでしょう「バス男」は。なんでもかんでも便乗商売しようとするメーカーのいやらしさがよく現れたタイトルですね。ここの予告編の字幕なんか、ウソっぱちもいいとこです。本編は顔文字なんかありません。
でもこの便乗タイトルはメーカー側の勝利じゃないでしょうか。とりあえずインパクト強すぎ(笑)。レンタル棚でめっちゃ目立ってます。興味本位で借りた人も多いんじゃないでしょうか。
こういう騙し的なタイトルやレビューの作品はことごとくハズレと相場は決まってるんですが、この作品はなかなか楽しめました。

主人公のオタク青年ナポレオン・ダイナマイト(すごいネーミングw)がいい味だしてます。ヘンな動物を落書きしてるところを女のコに観られて「それはなに?」と聞かれ

ライガーさ。
ライオンとタイガーのミックスでね。魔法が使えるんだ。


なんて答える痛さっぷりがオタクの周りの見えてなさを上手く表わしてますね。他にも中古屋でサーベルみつけて腰に差して興奮したりおもむろに鞄からフィギュアを取り出したり、昼食のポテトをポケットにつっこんでおやつにしたりと、細かい痛さの描写が行き届いてます。

日本のオタク描写って、美少女アニメ萌え~とかフィギュア萌え~とか、どちらかというと変態を前面に押し出したイメージですよね。電車男でもそうでしたし、昨今のメイドカフェブームといい、日本のオタク描写にはそういう性的倒錯者の要素が必須条件になってますが、この作品ではそういった性的要素が一切ないのが好感がもてます。オタクというより、子供なだけなんですよね。いい年になっても子供の遊びに必死になれるってだけで、基本的にはシャツをズボンにいれるというファッションのポイントを押さえたマジメな好青年です。

こういう人って普通にいますよね。あきらかに周りから浮いてるんだけど、話してみると結構おもしろいんです。まぁ痛いのは痛いんですけど、それも含めて彼の魅力なんですよね。同性からだとおもしろい彼も、大部分の女の子は「キモッ」の一言でバッサリ斬り捨ててくれますけど。それはこの映画でも例外ではなく、学校の今時の女の子達からは相当白い目で見られてます。電話でイヤっそ~~~にナポレオンと話してた時の女の子の「キモイヨ~勘弁してよ~」って眉をしかめる表情って世界共通なんですね。あの演技はとってもナチュラルでよかったです。

そして日本のオタクとは決定的に違うところは、普通に女のコを誘えるところ!このへんはやっぱお国柄でしょうか。日本のオタクみたいにウジウジジメジメしてません。気になるコと喧嘩してしまったことを親友に相談したときに、

「贈り物でもしたら?」
「いましかないんだ」


なんて素敵な会話をマジメにしてくれるところなんかも好印象ですね。

制作費400万のこの映画が、アメリカで40億稼ぐ大ヒットになったというからすごいです。日本でも電車男が驚異的なヒットを飛ばしましたし、今、世界はオタクブームなのかもしれません。

こういう映画は自然にレンタルできるこのブームが続いてるうちに観ておいた方がいいですね。ブームが去ってからこれを借りると、ツタヤのお姉さんに「うわっキモっ」という白い目で見られながら、お釣りを30センチ上空から落とされるような屈辱的仕打ちをうけるかもしれません。ブームが終わったあとに借りる場合はお釣りがでないように小銭をたくさんもっていくことをオススメします。

「バス男」
★★★☆☆☆


Pleaseクリック!→映画ブログランキング



20060217235048.jpg

20060218012056.jpg

250px-Napoleon_tetherball.jpg

John20Hetter-20NAPOLEON20DYNAMITE.jpg

↑実はけっこうイイ男、ジョン・ヘダー(ナポレオン)

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

観たんですね!
大好き☆ですこの映画。
ランキング上がってきましたね~
応援してますヨ♪
和風なベースに変えたんですね、かわいい。

観ました~。なんともユルい雰囲気のある映画ですねwナポレオンの役者さん、普段は普通なんだけど、口の半開きは演技じゃないんだなぁと写真みて笑ってしまいました(笑

トラバいただきました

はじめまして。
あたしもライガーにグッときた方です。
お釣りを30cm上空から落とされることなんて
しょっちゅうですが(いいのか自分)、
早いうちにDVD買っといて良かったです。

>かおりさん
はじめまして。TB&コメントありがとございます。

ライガーきましたか!
この微妙な痛さがいいですよね(笑

私も早いうちにDVD借りといてよかったです(´・ω・`)

 昨日見ました!個人的に好きなのは養鶏場でのバイトで「時給1ドルかよ!」ってきれるとこと、キップがボウルを車で踏んで壊すシーン(吹いた笑)2回目も見たくなる不思議なボンクラ映画でした

クスっとできるゆる~い笑いが散りばめられてましたよね。私はポテトをポケットに入れてオヤツにするところがツボでした(笑)細かい笑いいれてくるな~、なんて(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バス男(Napoleon Dynamite)

監督 ジャレッド・ヘス 主演 ジョン・ヘダー 2004年 アメリカ映画 95分 青春コメディー 採点★★★★ まず、『ナポレオン・ダイナマイト』という立派過ぎる感さえある本作に、来年の今頃にはあやかろうとした作品の存在すら忘れられてそうな『バス男』の邦題を付けた担当者

バス男 / ナポレオン・ダイナマイト

観る前からこんなに盛り上がってたのは「キルビル」以来かも{/face_tehe/} 全米公開後、人気はジワジワ広がって、yueが住むトロントでも「観たらハマる!」と騒がれてて、ずっとリーリースを心待ちにしてた「ナポレオンダイナマイト」!!過去に騒いだレビューいつ日本上陸

バス男

過去の栄光にすがりつくオヤジ役、ジョン・グリースが大好きなんでDVD買ってしまった。彼のアホ面が楽しい「ゲット・ショーティ」はオススメです。■ストーリード田舎に住むナ

【洋画】バス男

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B-(演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響2/音楽3/美術2/衣装2/配役2/魅力3/テンポ2/合計25)『評論』公開

映画『バス男~ナポレオン★ダイナマイト~』

原題:Napoleon Dynamite日本のみならず米国にも、そして世界中に大勢いるというシャイな若者の共感を呼んだ・・という超脱力オタッキー、アイダホ田舎町のいつもの日常・・ いつもの日常なのだが、強烈に強そうで偉大な名前のナポレオン・ダイナマイト(ジョン・ヘダー)は

映画鑑賞感想文『バス男』

さるおです。 元旦早々、お正月にぴったりのバカ映画の話ですみません。 お正月なのにヨタばなしを読んでしまうあなたは、是非、くだらなすぎてお正月ムードをぶち壊すこの映画を観てね! 劇場未公開映画『NAPOLEON DYNAMITE/バス男』を観たよ。 監督は、奥さんのジェル

『バス男』 ナポレオン・ダイナマイト!

「オタク」は日本だけじゃなかった。「引きこもり」も、日本だけじゃなかった!そりゃそうなんだけどさ、ガイジンのオタクってどんなもの?と興味津々で観たのですが。いわゆる「オタク」というよりも、顔も性格も生活もサエない、もっさい高校生。家でも学校でも自分の世界

「バス男」

「電車男」の向こうを張って付けた邦題みたいだね。原題は「NAPOLEON DYNAMITE」=主人公の高校生の名前・・・迫力有りすぎな名前。日本では劇場未公開作。

バス男

なんじゃ、このタイトルは?( ^ _ ^;何の知識のないまま、面白いと聞いたので試しに観てみました。(笑)アメリカ・アイダホの高校生ナポレオン・ダイナマイト。ルックスもダサければ頭も良くない彼は、祖母と30歳無職チャット中毒の兄と暮らしている。ある日、祖母

バス男

  バス男 [DVD]    元ネタと思われる映画:電車男 地雷度:★★★☆☆ 満足度:★★★★★ 実話を元にしたネット発の純愛ラブストー...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。