スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIZE

RIZE」を観た。
rize20poster.jpg

L.A.サウスセントラル地区。暴動が絶えず起こり、暴力と犯罪が日常にあるこの場所で、トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生会やパーティの余興として、ピエロ(クラウン)の姿でダンスを披露しはじめた。やがてトミーは、地元の若者にダンスを教え始める。「クラウン・ダンス」と呼ばれるこのユニークな踊りは、若者たちの心を捉え、やがて彼らは独自の踊りを生み出していく。彼らにとってダンスは、底辺の生活の中に見出した希望の光だった。(goo映画より)

「もし溺れて、つかまる物が木の板しかなかったら、あんたも手を伸ばすだろう?これが俺達の板なんだ。」



魂のダンス・ドキュメンタリー


なんて書き出したんですが、正直、普通のダンス映画だと思って観に行ってました。観はじめて「アレ?ドキュメンタリー??」ってカンジで(笑

それくらい調べてから行けよってカンジなんですが、「踊ってるんじゃない。戦ってるんだ」なんてキャチコピーと、
04_72dpi.jpg

↑こんな写真を見て、音楽・ダンス映画好きとして「これは見に行かねば!」なんて思って反射的に仕事終わりにレイトショーに行ったんです。

インタビューとダンスシーンのみで構成されるこの映画、ドキュメンタリーってだけあってストーリーはありません。劇中の9割はひたすら踊りまくってます。クランプダンスとかいう、めっさ激しい踊りがメインなんですが、これがすごい迫力です。下半身が痙攣してるのかと思うくらい、残像が見えそうな超高速で腰を振りまくり、腕を振り乱しておどる様は確かにすごい。でも個人的にはこんな激しいのは好みじゃない・・・踊ってるのか発狂してるのかよーわからん。

この映画の舞台はロスのサウス・セントラル。道を歩いてたら訳も無く射殺されるという、治安最悪の地区。「うちのかぁちゃんは今ムショさ」「やぁ、いつ出てきたんだい?」なんて会話が普通に成り立つような街です。
08_72dpi.jpg

「ギャングになるか、踊るか」しかない街に生まれた若者達の、まさに「生きるために踊る」という現実と、抑圧された彼らの魂の爆発はスクリーンを通してビシバシ伝わってきます。ドキュメンターって退屈なものが多いですが、この映画はかなり引き込まれました。HIP-HOPに興味なくても、映画からあふれ出す彼らの圧倒的なパワーとほとばしる生命力は必見かも。

HIP-HOP好きはもちろん、意味も無く黒人が大好きな人にはのような映画だと思います。レイトショーってことで客は10人ほどしかいなかったんですが、私以外、全員ダボダボ男&なんちゃって黒人女でしたよ。リーマン代表として、堂々とド真ん中で鑑賞してきましたけどね。

俺達は上昇し続ける(RIZE)ために踊るんだ。
限界は空だ。
つまり限界なんて無いのさ。


「RIZE」
★★★☆☆

クリックしてくれるとやる気がでます→映画ブログランキング

予告編①
予告編②

01_72dpi.jpg

16_72dpi.jpg

03_72dpi.jpg

02_72dpi.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

Comment

やばい・・

激しくme tooな状態でしたよー!!
さわわが観た時も後ろの席HIPHOP男グループでした
やばい席に座っちゃったー!
踊りだされたらどうしよう・・(考えすぎ)と
とど真ん中で焦ってたんですけど
みんな最期泣いてました(苦笑)なんか親近感わきました(笑)
そんなさわわの中でも神映画です!
生きている、生きていたいという思いが伝わってくるすごい映画でした!

>さわわさん
ここまで迫力が伝わってくる映画もそうそう無いですよね。そういう意味でもドキュメンタリー映画としてすごい作品ですね~。

TB&コメントありがとうございました!

こんばんわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です!いやあ・・ホントに個人的にはこの作品、最高でしたあ・・・。
≫ダボダボ男&なんちゃって黒人女
・・・だけでなく、出来るだけたくさんの人に観て欲しい作品と思います!
あちらにもコメントお返ししてますので、お時間があればのぞいてみてくださいな。
これからもよろしくお願いしますね!

TB&コメントありがとうございました♪

お返事遅くなってすみません。
わたしが観たときは、もう超満員でした。
とはいえ平日昼間だったので、リーマン風はほとんどいませんでしたが。(^^;;;;;
きっとその場で踊りだしたかった人はけっこういると思うのですが、日本人は本当にお行儀がいいですよね。
まぁ踊り出されても困りますが…(笑)
踊りもすごかったのですが、やっぱり何かにとことんマジで命かけて取り組んでいる姿は、本当に美しい感じがしました。

>睦月さん
「カリスマ映画論」いつもこっそり覗かせてもらってます(笑。
確かにこの映画、見る人が偏ってそうですねぇ。HIP-HOP興味なくても十分楽しめる作品だったのですが・・。
こちらこそ今後ともよろしくおねがいします。

>ルールーさん
平日昼間・・・サボリーマンもいませんでしたか(笑
こういう映画って軽くリズムとっていっしょにノリながら見たいですよね。すごいわかります。映画館じゃできないからなぁ(笑

こんばんはー★

こちらにTBは久しぶりですが・・・
baohさん、お元気ですか?今日、migさんのとこでbaohさんを発見!おお、久しぶりじゃぁ!
と、喜んだ私であります。
昔のところにTBすみませんです・・・(泣)

バルバルバル

>とらねこさん
こんばんは!お久しぶりです~。
あ、migさんとこで発見されましたか。広いようで狭いですよね、この世界(笑)

こんにちは★

ヤダ、baohさん、この映画密かに鑑賞されてたのだね!!(笑)

むっちゃ凄かったですね、ダンス。
密かにHIPHOP好き(特にグラフィティとかが)なので、なんかすんごい感動しちゃいました。

これ観て思った事。
黒人の男の子(14歳くらい??)が母親と手をつないで仲よさげにインタビューに答えるシーンがあったんですけど、凄い絵になってた。
家族思いの良い子だなぁ・・・って。

でも、日本人の男の子が同じ事をしてたとしたら・・・(汗)
軽く引いちゃいますよね。

やっぱ黒人は絵になるなぁ。
かっこいい!!

>マイコさん
実はこっそり観てました。
すんごい動きでしたね~、あの人たち・・・踊ってるのか痙攣してるのかよーわからん、みたいな(笑)個人的にはもっとダンスっぽいダンス(「ダンス・レボリューション(映画)」とかの)が好みなのでいまいちノれませんでしたw

ドキュメンタリーとしては見応えありましたね。歩いてたらわけもなく撃ち殺される世界ってv-12



非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RIZE

満足度★★★★★強い思いが込められた激しいダンスにやられました泣きました「踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。」・・・・・彼らのダンスに込める思いと現実に。あらすじ(

映画『RIZE』

新年に公開される映画の中で、わたしが最も期待していた作品がコレ!「踊っているんじゃない。闘っているんだ!」…死ぬか、ギャングになるかの究極の選択肢の中から生まれた“闘うダンス”を描いた、これは非常にポジティブで前向きなドキュメンタリー♪

RIZE

【映画的カリスマ指数】★★★★★ アドレナリン大放出だあ!!

RIZE(2005/アメリカ/監督:デヴィッド・ラシャペル)

【新宿ジョイシネマ】研ぎ澄まされた肉体を激しく振り動かして踊る最先端のダンス・スタイル“クランプ・ダンス”に人生を掛ける人々の姿を活写した長編ドキュメンタリー。全米でもっとも危険な地区とも言われるLAのサウスセントラル。犯罪と暴力に溢れ、死と隣り合わせのこ

R↑ZE

「ミュンヘン」の消化不良からすっきり立ち直った感じです。「暴力は憎しみを増すだけだ」という結論で終わった「ミュンヘン」。RIZEは、じゃあ暴力を選ばずどう生きるかという話しでもあります。全米で最も危険な街サウス・セントラルで、若者たちは踊ることに希望を見

プルプルプルプルRIZE!!!!!!!!!!/映画

映画「RIZE」デヴィッドラシャペル監督

RIZE ライズ

 セクシーな腰の動きに加え、体全体を激しく振り動かすクランプ・ダンス。日本人がこれを真似すると江頭2:50になってしまう・・・

考えるな、感じるんだ!@SPIRIT & RIZE

『エミリー・ローズ』が「究極の恐怖」を目指した映画ではないように、『SPIRIT』は、純粋なアクション映画ではない。

75.RIZE

フォトグラファー、デイヴィッド・ラシャペルによるドキュメンタリー映画。ダンス映画というより、真摯なドキュメンタリー。サウスセントラルのスラム街に生きて、すぐ隣で犯罪が多発する、悲惨な境遇にあって、前向きに生きるのがいかに難しいか・・・ダンスをするとい....

RIZE ライズ

  L.A.のサウスセントラル地区。死と暴力が横たわり、暴力が偏在している街。 しかし、そんな街にも人々は住み、生活している。 トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生日パーティやパーティにおいて、ピエロ(クラウン)の姿でダンスを披露している。...

RIZE

踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。2005年 アメリカ監督 デビッド・ラシャペル 出演 トミー・ザ・クラウン/ ラリー/リル・C/ミス・プリッシー/タイト・アイズ あらすじL.A.サウスセントラル地区。暴動が絶えず起こり、暴力と犯罪が日常にあるこの場所で、トミー・ザ・

「RIZE/ライズ」這い上がってやる

「RIZE/ライズ」★★★DVD鑑賞デビッド・ラシャペル監督、2005年L.A.サウスセントラルは世界で最も危険な地区と言われている。黒人の多く住むこの地域に住む若者はギャングかダンサーに分かれている。もちろんそんなに単純には割り切れな...

RIZE ライズ

世界的なフォトグラファー、ラシャベルの映画初監督作!「全米で最も危険」と言われるロサンゼルスのサウスセントラル地区で、クラウン・ダンスを通して社会活動をするトミー・ザ・クラウンと、彼が主催するダンスバトルの模様を追ったドキュメンタリーだ。L...

RIZE ライズ(DVD)

踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。