スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デーモンラヴァー

デーモンラヴァー」を観た。
demonlover.jpg

ディアーヌは、マンガトロニクス社に雇われた産業スパイとして、世界的企業ヴォルフ社に潜入した。目的は、ヴォルフ社が進める日本のアニメ企業の買収を阻止すること。マンガトロニクスは、ヴォルフ社のウェブサイト独占権をめぐりデーモンラヴァー社と対立していたが、買収が成功すれば、ヴォルフ社とつながりを持つデーモンラヴァーは市場を牛耳ることになる。様々な手段で交渉を遅らせるディアーヌだが、やがて彼女の正体を知る者が現れる。

マンガトロニクス社って・・・(-ωー)

とりあえず感想を一言で表わすと意味わからん。

なんなんですかこの映画は。

「この会社を買収できれば世界のエロアニメマーケットを牛耳ることができる(゚Д゚)!」
と、フランスの世界的企業が東京のエロアニメ製作会社を買収しようとするところから始まるこの映画。

どんな企業やねん(-ωー)

ちなみに製作会社の名前は「東京アニメ」。
なにこのネーミング。マンガトロニクス社に東京アニメって・・・

そしてその企業のエロアニメマーケットの独占を阻止せんが為に、ライバル会社の産業スパイ同士によるスリリングなサスペンスが・・・まぁエロアニメ争奪戦なんですけどね。

そしてこの映画、劇中にエロアニメがそのまま流れます。

これには焦った。映画観る時ボリューム高めにしてみてるもんだから、いきなりアレな声が大音量で流れると色々とマズいんですよ。実家だし。殿方諸君はみんな経験ありますよね?光の速さでボリューム下げましたよ。

このエロアニメ、日本のエロアニメを参考にしてちゃんとこの映画用に作ったらしい。おかげさまで大変リアルでございました。

ちなみにこの映画、18禁です。こういう訳だったのね。ツタヤじゃ普通のサスペンスコーナーにおいてあったので油断してました。こういう映画は、「実家の方はボリュームはあらかじめ小さめにして鑑賞してください」って注意書き入れるくらいの配慮は必要じゃないでしょうか。

ついで言うと、普通の日本のAVもそのまま流れます。うっかり家族で見るとその場が凍りつくこと間違いなしですね。

世界的企業の産業スパイによるエロアニメ争奪戦という、大きいのか小さいのかよくわからないスケールで展開されるこの映画ですが、とりあえず見てる間は訳がわかりません。各登場人物の立場関係が曖昧なまま各人の思惑に沿った行動を謎めいた描写で描くもんだから余計にわからなくなってくる。
なんだか前衛的で有名な監督らしいので敢えてわかりにくく作ってあるんでしょう。観終わって頭の中で整理してやっと理解できましたよ。


この映画を観終わって、いろいろ情報を集めていたら興味深いレビューがあったので引用してみる。

私は一昨年、パリに一週間ほど休暇で訪れたのだが、日本のマンガ・コミックスを熱心に読んでいる若者をわりと見た。メトロのプラットフォームや郊外列車の中などでそれこそ一心不乱という感じで読み耽っており、マンガ文化はかなり若者には浸透しているようだった~~~実際の話、ほとんど言葉の壁のないポルノに、さらに日本が誇るアニメが合体したチャイルド・ポルノ・アニメのアピール度は、アメリカのみならず、フランスでもかなり高かろう。そのため、フランスとアメリカで日本のチャイルド・ポルノの版権を奪い合うという設定にもほとんど無理がない。



ふーむ、確かにそういわれるとそうなのかもしれない。愛・地球博で世界コスプレサミットが開かれるくらいだしな。エロの世界でもジャパニメーションはCOOLなんですかね。


また、「チャイルド」とか「アニメ」とかがつかない、ごく一般的なポルノでも、アジア製、特に日本のポルノはかなり注目度が高い。欧米のインターネットのポルノ・サイトでは、日本関係は別口で特集されてたりするし、こないだCBSの「レイト・レイト・ショウ」を見ていたら、話題がアジアのポルノにふられて、なぜアジアのポルノはアメリカのよりいいのかという話になっていた。なんだ、私は日本人だからアジア系の方がいいなあとは思っていたが、アメリカ人だって、結構ポルノはアジア製の方がいいと思っている者は多かったのだ。ゴージャスなブロンドねーちゃんたちは確かに眼の保養にはなるだろうが、色気というものは実はそれだけではない。アメリカ人もようやくそのことに気づき始めたか。



うーむ、それは言えてる。ブロンドねーちゃんって服着てたらセクシーだけど、脱いだら日本人の方が上だよな、うん。日本のAVは世界一だと聞いたことがある。洋モノってなんか最中にわけわからんBGM流れるし。何なのアレ。雰囲気ブチ壊し(何の雰囲気だ)。

・・・と、あまり書くと私の品位が怪しまれるのでこのへんで。



あ、一応最後に・・・


私はアレなアニメとか興味ありませんので念のため。ノーマルです。


「デーモンラヴァー」
★★☆☆☆(インパクト大なので★ひとつオマケ)

クリックしてもらえると嬉しい→映画Brogランキング


※映像はアート系っぽくて音楽もカッコイイです。ストーリーはアレだけど。

記事引用元→「アメリカTV/映画ノーツ


002.jpg

005.jpg

3147.jpg

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

こんちは

家族団欒が一気に凍りつく映画っすね~w
エロアニメってあまり観ることないんで、へぇ、って感じでしたが、日本はまたしてもこういう注目のされ方かよという微妙さが何ともw。
折角ソニックユースなのになぁ。
TBさせて頂きました(笑

>linさん
まぁこの映画を家族で見ようなんて奇特な方はいなさそうですけどねw
それにしてもこの脚本のネタは一体どこからきたんだろう。エロアニメなんかネタにするな、ってかんじですねw

面白いですね~バオーさん。
私もびっくりしましたよw
あんなエロアニメとか見て主演陣はどう思ってるんでしょうね~w
確かにアニメ産業ってテーマは中々面白いけど、何故かエロですからねw
まぁ確かに日本のAVとかはこだわりとかすごいですからねw

>KAZUさん
そうそう、アニメはアニメでもエロですからね、よりにもよって。何でこれをネタにしようと思ったのかが理解できませんw

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デーモンラヴァー

明けましておめでとうございます。ッて遅いですね。昨年は「くどい」と知人の知人から言われました。今年は簡潔かつ的確に感想を書いていこうと思います。それで一週間以上遅れた上にこんな作品からでアレですが、今年も呆れずに読んでやってください。「デーモンラヴァー」

「デーモンラヴァー」

 デーモンラヴァー【R-18版】「デーモンラヴァー」 ★★DEMONLOVER (2002年フランス)監督:オリヴィエ・アサヤス脚本:オリヴィエ・アサヤスキャスト:コニー・ニールセン、シ
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。