スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーラス

コーラス」を観た。
242751.jpg

世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した…。時は、1949年のフランス。問題児が集まる寄宿舎へ、新しい音楽教師マチューが赴任した。子供たちの酷いイタズラに迎えられたマチューだが、何よりも、体罰で規律を保とうとする校長に疑問を持つ。子供たちの心を開くため、合唱団を結成したマチューは、学校一の問題児、ピエールの美声に驚嘆する。やがて子供たちは、歌を通じて純粋な心を取り戻していくのだが…。

いや~音楽ってホンット素晴らしいですね。

と思わず見ず知らずの人に語りかけたくなるような作品。
とにかく歌声が素晴らしい。この映画でボーイソプラノを披露してくれるジャン=バティスト・モニエくんはなんでも3000人のオーディションから選ばれた「天使の歌声」の持ち主だそうで。
その呼び名に違わぬ、澄んだ美しい歌声は素晴らしいの一言なんですが、劇中の子供達の寂しそうなイメージと相まって、なんだかたまらなく切ない響きに聞こえて観るものの心に突き刺さります。

問題児や孤児達の集まる施設。そこの子供達の閉ざされた心を音楽を通じて次第に開いていく・・・という設定からして、もう個人的にかなりツボです。レビュー読んだだけで泣けてきます。

映画自体もお涙頂戴的な過剰な演出はなく、淡々としたストーリーですね。このあたりはフランス映画ってカンジがします。ハリウッド映画にありがちな「泣け!泣け!ここが泣き所だ!」みたいな、所謂「全米が泣いた」系の作品じゃないのは確かです。ラストも「ハッピーエンド」ってカンジではなく、なんだかとても現実的な終わり方。

この映画に関しては「ここが泣き所」っていうポイントは存在しないような気がします。観てる人それぞれが想い、感じるポイントがあるんじゃないでしょうか。そこで涙するかどうかは、個人の涙腺の強度によるでしょう。ちなみに私は3回ほどグっとくるシーンがありましたが、涙腺が決壊するほどではありませんでした。

ブワっと泣いて「感動しました!!」ってイメージではなく、心に染み渡るような、そんな映画。

「コーラス」
★★★★☆

クリックしてもらえると嬉しい→映画Brogランキング


001_2.jpg

003.jpg

008.jpg

618_pepinot.jpg

↑このコめちゃかわいかった。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

ちょいと遅くなりましたが。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしまっす。

お年玉下さい。

正月休みに映画見まくってるですか。

ばおさんの映画の選び方は自分と酷似してまして、本当に良く参考にさせて頂いてます。

今年も良い映画に出会えるといいですなー。

下の記事、ジョジョがOVA化されてる事さえ知らなかったですよ。

第一部だと個人的に、北斗の拳チックなダイアーの稲妻十字空烈刃(サンダークロススプリットアタック)が好きな訳ですが。

「URRRYYYY!!!」やら「KUHWAAAA!!!」とかそこらへんはどんな感じになるんでそかね。

楽しみですなー。

ジョジョ好きゾンビ好きってところからして好みが酷似してるってのは前々から感じてたぜURYYYYYYYY!!

>本当に良く参考にさせて頂いてます
こういうこと言われると、ブログつけててよかったと思えるぜKUHWAAAA!!!

というわけで今年も宜しくお願いします。

良い映画あったら教えてね~。

メメタァ!!

こんばんは!いい映画でしたね~♪
ペピノ!かわいかったですね!!

>ぐ~さま
ぺぴの可愛かったですね~
ストーリーも音楽も心に染みる作品ですね。

あけましておめでとうございます。

激しく映画観まくりですね(笑)
なんか今年の正月はTVでやる映画はイマイチな気が。

「コーラス」見てませんが、気にはなってました。
というか、私は涙腺激弱なのでヤバいです。
特に登場人物が泣いてると一緒に泣きます(笑)
感情移入しすぎるんですかねぇ。

>yupuさま
初めまして。
あけましておめでとうございます。

正月休み激ヒマだったんです(笑

万人が泣くタイプの映画じゃないかもしれませんが、良い映画でしたよ~。感情移入できれば映画は一層楽しいですね。

今年も宜しくお願いいたします。

>ばおさま

初めましてじゃないよ~
一度書き込みました
煮物の嫁です、ヨロシク(笑)

ハッ(゚Д゚)!

・・・

煮物の嫁(σ゚Д゚)σゲッツ(意味不明

こんばんは~!
TB返し&コメント、ありがとうございました!
ペピノ君とマチュー先生のその後に
感動エピソードがあったとは!!
だからペピノ君、その後のマチュー先生のことに詳しかったんだ!
と、納得&感動してしまいました!
あと、マチュー先生にサヨナラのメッセージを書いた
紙飛行機をいっぱい飛ばして、窓から顔を出さずにバイバイ!
するシーンも、観ていてじ~んときました。
こういう後からじんわりくる感動映画は好きですね。

紙飛行機のシーン、よかったですね。
ただ、マチュー先生には全部拾って帰ってほしかったw

ほんといい声してました。
ただコーラスって実際やってみるには照れくさいですね。
グリークラブの歌声には聞きほれたが
入ろうとは思えなかった、ちびもりしでした。

>チビモリシさん
人前で歌うのは確かに照れくさい・・・けど、一度歌うと結構やみつきになるもんですよ(笑)コーラスはしたことありませんが、あれがハマったときの一体感と快感は相当なものだと思います。

私は機会があればやってみたいなぁ。

こんにちは。

遅ればせながらTB&コメントありがとうございます♪
個人的にはモランジュが更生した瞬間ってことで合唱隊から外されてたモランジュをマチューが呼び戻すシーンが印象に残ってます。あぁ、これでこの子は大丈夫だって思ったら嬉しくて涙ぐんでしまいました。
baohさんのレビューにもあるとおり、心に染み渡るような、そんな映画でしたね。

>クマさん
こんにちは。
良かったですよね~。この作品、観てもう半年ほどたちますけどいろんな場面が心に残ってます。記憶に残るってのは良い映画の必須条件ですね。

baohさんこんばんは。
私プリズン・ブレイクたまらなく好きですヾ(≧∇≦*)〃
でもまだ続きがレンタルできていないので
レビューは見ないで我慢しています。
そしてTBは全然別のこの作品に。

baohさんこういうタイプも見てたんですね~。
ハイ・フィデリティで意気投合したくらいなので
ちょっと不思議な気分で読みました・・・が、これほんとよかったですね。
私も涙が止まらないという感じじゃなかったんですけど
心に染み入る歌声とか、あとになっていいエピソードだなって
感動がわいてくるシーンがたくさんありました。

>ジュンさん
こんばんは~。
プリズン・ブレイク、後半がかなりイケてました。面白かったですよ~。

>こういうタイプも見てたんですね
私、かなりの雑食なので洋画ならなんでもかんでも観ますよ(笑)この作品良かったですよね。ジンワリ系でしょうか。ペピノくんが可愛かった(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DVD「コーラス」

お話自体は、ベタなんだけど少年達の歌声が素晴らしくて良かったです!問題児少年達が集まる寄宿舎に新任の教師がやってくる。校長は生徒のことは考えずに上からの評価だけを気にしているような人。生徒達に歌を歌わせることによって団結していく様子が素晴らしい~!...

『コーラス』映画批評16

(ネタバレ注意) 美しい映画です。『ニューシネマ・パラダイス』を彷彿させられました。感動作には違いないけど物語はあっさりしています。この抑制はたぶん狙ったものでしょう。色気のある脚本家ならもっとヒネリを効かせていたと思います。 作品の印象といえば辛口に作

コーラス

作品:コーラス監督:クリストフ・バラティエ主演:ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン制作:2004フランスDVDコーラス-涙がこぼれそうなとき、歌があった-サン・マルク少年少女合唱団で実際にソリストを務める13歳のジャン=バティスト・モニエの美声は必聴

コーラス

フランスで7人に1人が観たという感動作!だそうな。舞台は1949年、問題児ばかりを預かる寄宿学校にクレマン・マチューと名乗る音楽教師が赴任してきた。彼は音楽が荒んだ子供たちの心を癒すと信じ、合唱団を結成する・・・。と、ここまで話すと、このマ....

コーラス(★★★★)

LES CHORISTES ★★★★(4.0)公式ページ Yahoo!Movie goo映画 映画生活 映画批評空間 とてもいい映画だ。なんといっても少年たちの歌声がとてもすばらしい。特に、ソロを歌うピエール(ジャン=バティスト・モニエ)の声の美さといったら! 彼はサン・マルク少年少女

コーラス

監督: クリストフ・バラティエ 製作: ジャック・ペラン 出演: ジェラール・ジュニョ,フランソワ・ベルレアン,ジャン=バティスト・モニエ 製作国: フランス 日本公開 2005.4月~「フランス映画史上前代未聞のヒットを飛ばし、フランス人の8人に1人が観たという驚異

コーラス

コーラス/LES CHORISTES公式サイト  >>>2004年 フランス監督 : クリストフ・バラティエ 1949年、フランスの田舎町。孤児達が集まる“池の底”という寄宿舎に赴任してきた音楽教師のマチュー。子どもたちは皆それぞれ心に問題を抱えていました。マ...

「コーラス」

2005年に劇場公開された作品。評判良さそうだったけど、見逃してたのでDVDで見ることに。

『コーラス』

『コーラス』 ★★★(2004年 フランス 97分)監督:クリストフ・バラティエキャスト:ジェラール・ジュニョ、ジャック・ペラン、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・

『コーラス』

「池の底」と名付けられた寄宿舎に教師兼舎監としてきたマチュー。彼を待っていたのは底意地の悪い校長と手のつけられない悪ガキ達。言うことを聞かない生徒達にマチューは歌を教えることを思いつくが…。 久々に心温まる素敵な作品に出会いました♪胸を打つような勢いはあ

コーラス

【Les Choristes】2004年/フランス監督:クリストフ・バラティエ  出演:ジャック・ペラン、ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエフランスの片田舎の男子寄宿学校に赴任してき

コーラス

作品情報 タイトル:コーラス 制作:2004年・フランス 監督:クリストフ・バラティエ 出演:ジェラール・ジュニョ、ジャン=バティスト・モニエ、ジャック・ペラン、フランソワ・ベルレアン、マリー・ビュネル あらすじ:世界的指揮者として知られるピエール(ジャック...
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。