スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッド・エデュケーション

金も予定も無い正月休み、観たかった映画をひたすら観る(-ωー)
というわけで今回は「バッド・エデューケーション」を観た。
B000BH4C42.01.LZZZZZZZ.jpg

1980年、マドリッド。若くして映画監督として成功したエンリケの元に学生時代の友人イグナシオがシナリオを持って訪ねてくる。同じ寄宿舎に住んでいたイグナシオとは、16年前の、連絡が途絶えていた。あまりにも変わった旧友に疑いを持ちながらも、彼のシナリオに思わず引き込まれる。なぜなら、そこには寄宿生時代に2人が体験した悲劇的な事件、そしてエンリケを守るために自らを犠牲にしたイグナシオの本心が書かれていたからだ。彼は本当にイグナシオなのか?真実を求め、エンリケは親友の秘密を知ることになる。

「オール・アバウト・マイ・マザー」の監督作品だということで気になっていた作品。
educationって「教育上~」って意味だったと思うんですが、この映画のタイトル「Bad Education」は「教育上悪い」って意味でしょうか。確かにパッケージを見ただけで教育上悪そうな臭いがプンプンしますね。どぎついコントラストの効いた配色のパッケージに見るからにゲイっぽい雰囲気を醸し出す濡れた美男子2人。
映画だからこそこのパッケージでも普通にレンタルできますが、これが何かの雑誌の表紙だと購入するには相当勇気がいりそうです。

一目みただけでゲイ映画だと理解できるこの作品、なんでも監督の半自伝的な内容だとか。「半」っていうのが気になりますね。どこまでが事実でどこまでがフィクションなんでしょう。まぁこの内容で「ゲイってところはフィクションだよ^^」なんて言われると詐欺のようなものなので、そこのところは事実なんでしょう。

ゲイによるよくある純愛映画くらいだろうとタカをくくって観始めるも、これがなかなかどうして、劇中はかなり引き込まれた。作品の根底にあるのは16年間も会えなかった男同士の純愛なんですが、ストーリーはよく作りこまれた脚本によるサスペンス仕立ての愛憎劇ってとこでしょうか。映像が過去・現在・回想シーンなんかが入り乱れるので物語の前半は軽く混乱しますが、中盤移行から次第に理解できました。

この映画の主演を勤めるガエル・ガルシア・ベルナルくん、私はこの作品が初見になるのですが、メキシコではその甘いマスクと高い演技力で大人気を誇り、世界的にも評価の高い若手の注目株だそうな。ちなみに同い年だったり(-ωー) ナタリー・ポートマンとつきあってるみたいで、ハァうらやましい。

そんな大人気のガエルくんですが、この映画ではかなりの体当たり演技を披露してくれております。女装して男の股間に顔をうずめたり上にのってギシギシしたりと、Bad Educationこの上ないですね。プールサイドをギャランドゥ丸出しの白いブリーフいっちょで歩くシーンにいたっては女性は釘付けになること間違いなしでしょう。

映画としても良く出来た作品だと思いますが、そっち系を期待して観たい方には尚オススメの1本かもしれません(*´д`*)

「バッド・エデュケーション」
★★★☆☆

クリックしてもらえると嬉しい→Brogランキング


f5bf1422.jpg

bad_education.jpg

20050522f2b7b67d.jpg

↑女装ガエルくん
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

初めまして。こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、同性愛的な部分のみならず様々な要素を折り込み、巧みな映画構造を持った秀作映画と感じました。
ペドロ・アルモドバル氏には独自の美的感覚がありますね。

また遊びに来させて頂きます。
今度共、よろしくお願い致します。
ではまた。

こんばんは。
39☆SMASHのマイコと申します。
先日はコメント&トラックバックしてくださって、ホントにありがとうございました。

確かに、ビデオジャケットから怪しげな香りが漂ってきますよね(笑)
教育上悪そうだ!!

ナタリー・ポートマンと付き合ってるんですか!!
初耳でした。
美男美女カップルで羨ましいですなぁ・・・。

こちらからもbaohさんの記事にトラックバックさせていただきますね。

>たろ様
確かに独自の美的感覚は感じますね。
どの作品もかなり情熱的なスペイン風なイメージを受けます。

>マイコ様
こちらこそコメント有難うございます。
このタイトルの意味ってホントに「教育上悪い」であってるんですかね?別の意味がありそうな気もしますが、英語力皆無の為わかりません(笑)

TBついてないようですが、そちらからは送れないのかな?

TBありがとうございます。
ベルナル君、実は私も同い年なのです。。
あと同い年の人といえば、「アメリ」のオドレイ・トトゥなんかもそうらしいですよ。

同い年発見( ゚∀゚)!
「アメリ」は残念ながら見てないのでその役者さんはわかりませんが、同年代の役者さんだと、なんとなく応援したくなってしまいますねー。

こんばんは~

 baohさん
Bad Education=教育上良くないですか納得です。
このジャケットが本だったら・・・買えないっす サムソンとかの特集みたいで
ナタリー・ポートマンと復縁したそうで・・・羨ましい限りです。

それにしてもbaoh さん この記事も最高に面白いです。
笑わせてもらいました。

>hiroさん
これ、ジャケットからして怪しすぎですよね~バラとか特に(笑)内容はサスペンスものとしてもよくできた映画で見応え十分でした。

あ、笑っていただけました?そういってもらえると素直に嬉しいです(笑)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月の輝く川よ どこに流れて行くの? ~ 映画 「バッド・エデュケーション」

こんばんは。良く晴れた祝日 敬老の日、月曜日です。今日は名画座で観た映画について。『バッド・エデュケーション (LA MALA EDUCACION/BAD EDUCATION)』 (‘03年 スペイン)1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケ(フェレ

バッド・エデュケーション

ペドロ・アルモドバル監督作品との初めての出会いは、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』だった。オープニングからやられたっ!という衝撃が走った。欧州のモード誌を思わせるような美しい配色、デザインの斬新さ。ひとめ惚れだった。今回のオープニングもアルモド....

バッド・エデュケーション

バイト先の社長さんが、「始業時間を30分早めてもいい??」って私に聞いてきた。その分、給料は上がるのか??と聞いたら、「それはないけど、その代わり勤務時間中(暇になった時)にまるまる30分休憩していいよ!!」って言われた。冗談じゃないぜ!!ただ...

バッド・エディケーション(自覚のない罪人)

バッド・エデュケーションSTORY 映画監督エンリケ(フェレ・マルチネス)のもとに、イグナシオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)と名乗る美青年が、自作の映画脚本『訪れ』を手に突然現われる。その名は16年前にエンリケ
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。